« Zゲージの事始め | トップページ | 小説木幡記:2011/01/23(日)身軽になって脳の整理整頓 »

2011年1月22日 (土)

小説木幡記:2011/01/22(土)復興C96会議録2011年冬

承前:小説木幡記:2009/01/09(金)悪酔い日記

Muimg_6902 昨夜は伏見大手筋の牛タン塩焼き屋(和こう)で旧カナン96(C96)の復興会議+懇親会を行った。が現実に集合したのは余とハシモト船長とツオイエの3人だけだった。ただし話のネタというか酒の肴には、仮想的に眼前に、旧リッツ、DJ、F山、Fまり、探検隊2名、UCバークレイ、結構です君、そして新潟ヨーダとオールスターで豪勢だった。話の結論として、新潟へ直接行って復興カナン、つまり復興C96の打合せをするのが一番早いということだった。新潟での昼食はソースとんかつ丼がよろしかろう~と。しかしそれをそのまま伝えると早速宅急便でソースとんかつ丼が葛野に送られてくるので、今しばしだまっていようと結論が出た。(えーつと、ソースで真っ黒のとんかつのことだよ)

 しかし。C96結成時は、ツオイエにいたっては20代だったに、昨夜の二人はすでに四十路を半ば越えていた。月日の過ぎるのは早い。それはそうだ。卒業ほやほやでC96に参加した葛野の3名は、年賀状を見るたびに子どもの数が増えてくる。不思議な現象ともいえる、脳。

 ということで、余は先回の失態に懲りて席につくとすぐにオーバーやマフラーを外して身軽になった。体温調整の失敗は二度としたくなかった。しかし不景気なのか、金曜の夜というのに、和こうは満席ではなかった。だから心身に異常もでずに快適に2時間ほど食べて飲んだ。余は、また新工夫だが、ヱビスビールの中瓶にした。これだと自分の裁量でビールをちびちび(爆:ビールをなめるように飲む人はこの世にいないだろう)と飲んでいたら、発汗も悪寒もなく順調によく食べられる。その間二人は大ジョッキビールを8本飲んだ。もしこれだけの(一人4本)水を短時間に飲めと言われれば、そりゃ水責拷問だろうが、ふたりともけろりとしていた。アルコールというかビールについてはいつも不思議だ。

 話題といえば復興C96と、再度の新潟遠征と、中国問題、北朝鮮問題に尽きた。肝心の情報図書館学話などは一向にでなかった。ただしかし、旧知の早すぎる死や、驚天動地の人事や、結婚離婚話を一杯耳にして、随分興味深くおもえた(年齢とともに人の死や離別を自然に味わえるようになる!)。
 だし巻きや、トロ牛タンや、塩鯖や、焼き鳥、貝盛り合わせ焼きや~いつもながらに美味しいネタが一杯あって満足した。その後は、先年できた新しいカフェに行って珈琲など飲んで話し終えた。
 しかし一人は京都府亀岡市、一人は大阪府高槻市にすんでいるというのに、何故に伏見大手筋くんだりまで飲みに来るのか、これも不思議な話だった。二人とも、牛タン塩焼き屋は気にいったようだが、こんどは隣の「櫻」に行こうと相成った。ここの二階席からは疾走する京阪電車のパンタグラフを眼前に見ることができる、ものすごくレアな飲み屋なんだ。(と、ハシモト船長談。余もよくしっておるがな)

 ではまた来年。いや、今夏新潟のかに道楽で!

|

« Zゲージの事始め | トップページ | 小説木幡記:2011/01/23(日)身軽になって脳の整理整頓 »

カナーン96」カテゴリの記事

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/50642498

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:2011/01/22(土)復興C96会議録2011年冬:

« Zゲージの事始め | トップページ | 小説木幡記:2011/01/23(日)身軽になって脳の整理整頓 »