« NHK江(03)信長の秘密:築山殿事件 | トップページ | 小説木幡記:2011/01/26(水)細部に秘密がある・ディテール »

2011年1月25日 (火)

小説木幡記:2011/01/25(火)ひとすじなわではいかぬよき人生

Muimg_5030 今朝は宇治市外気温が1度Cで少し過ごしやすい。体感として数度の違いが大きな変化を感じさせる。そしてまた葛野に着いたら小雨だった。ケータイの天気予報では雪になっておった。実感と予測と理屈とは大体ばらばらになる。
 今日は授業も予定もないのだが、それでも山盛りの採点があって、身動きできない。とは言ってもそういう仕事は数時間すれば限界になって、他のことをせざるをえなくなる。人間はロボットではないから、機械的に時間を定めて仕事をできるわけではない。が、世間ではそうすることが美徳に通じるから不思議だ。端からみると余は美徳のかけらもない怠け者にうつるだろうが、人はそれぞれ適材適所(笑)。こういう怠け者でないと勤まりにくい仕事もあることはある~。

 このごろ珈琲に黒砂糖の小片を入れて飲んでおる。どこかの珈琲店で「黒糖珈琲」と書いてあって、どうしてそういう名前か分からなかったが、結局黒砂糖を入れると黒糖だろうと想像して、そうしだした。なんとなくコクがでたような~気分。

 このごろガソリンが値上がりしている。レギュラーで一リットルが131円もする。これは高い。原油の値段はそこここに影響を与えるから、また一歩暮らしにくくなっていくような気分だ。

 このごろ週刊誌の小見出し、タイトルがおもしろい。「ぼけてたまるか!」うむ。週刊誌編集者も高齢化してきたのか。「小沢の次に、消されるのは岡田だ!」ふむ。まるでヤクザの抗争みたいな国会というか政治というか、なかなか激しいタイトルが並ぶ。

 このごろ。
 よく眠れる。心配事や焦りや不安や一杯あるのだが、よく眠る。起床は爽快だ。食事もうまい。憂いがないようだが、それでもよく心配してよく眠る。なにかしら矛盾した人生だと、振り返るのだ。今朝の財布は3200円だ、少ないな。ひとすじなわではいかない。そういうものなんだろう。あはは。呵々大笑。

|

« NHK江(03)信長の秘密:築山殿事件 | トップページ | 小説木幡記:2011/01/26(水)細部に秘密がある・ディテール »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/50642487

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:2011/01/25(火)ひとすじなわではいかぬよき人生:

« NHK江(03)信長の秘密:築山殿事件 | トップページ | 小説木幡記:2011/01/26(水)細部に秘密がある・ディテール »