« 忍者屋敷集合:倶楽部忘年会2010 | トップページ | 小説木幡記:2011/01/11(火)琵琶湖のこと »

2011年1月 9日 (日)

NHK江(01)湖北の姫:信長の妹・市

参考:大河ドラマ~江・姫達の戦国~

 さて、今夜から一年間「江」が始まります。雰囲気として以前の篤姫に似ているなと思ったら、なんのことはない脚本というか原作は同じ人で田渕久美子さんという方でした(笑)。篤姫の原作は天璋院篤姫/宮尾登美子さんですが、今回は本当に全部田淵さんのようです。
 篤姫と江姫とがどう似通うのかと想像するなら、なんとなくお茶目で、活発ですっきりした性格に描かれるのじゃなかろうか~ということです。主役の上野樹里さんは一度だけ、「のだめ」で見たことがありますが、なんだか目が点になるような女優さんでしたね。おそらく天性のなにかしら、ぷはぷはとした資質がおありなのでしょう。人には真似の出来ない演技をみられそうです。

琵琶湖。長浜。
 なんども琵琶湖、湖北には宇治から出かけています。MuBlog記事にも相当、温泉や古代史や、あれこれと、陰に陽に琵琶湖滋賀県が出ています。そういうところからも、今回の「江」は気楽に安心して楽しむつもりです。その上、幸にして以前の篤姫もこのたびの江姫も畳の上で大往生されるので、その点でもストレスが少ないですね。私は悲劇的死を迎える人のドラマは、悲しくなります。近い数年では、近藤勇は慚死悲壮、義経は孤軍奮闘悲劇的戦死、山内一豊は脳溢血かな?、軍師山本勘助は明るい戦死、篤姫は大往生、直江兼続も大往生、坂本龍馬は壮絶悲壮な暗殺死。近藤、義経、龍馬は最初から悲しかったですが、今回は、まずまず明るいスタートで行けそうです。


大きな地図で見る

で、今夜のドラマの感想は~
 時代としては足利幕府の崩壊前後ですが、この当時の人達は本当に「判断」が命がけのことが多かったのだと、思いました。特に朝倉家と浅井父子ですが、浅井長政は、朝倉との縁を重んじ信長を軽くみる父親に従って、信長との義兄弟の縁を棄てるわけです。そうならないように信長の妹・市が浅井家に嫁いだわけですが、結局浅井・織田両家は決裂しました。もちろん、朝倉討伐にでかけた信長軍を背後から浅井が押し込むことで、信長自身が袋のネズミ状態だったので、浅井が勝利する可能性もあったわけです。

 もう一つの感想は、日本史知識では、市が浅井家に嫁いで、浅井家が滅びたのは瞬時のことのように思っていたのですが、姉川の戦いだけでも数年間膠着状態だったわけで、その間、肉親同士が戦うのを見ていた市の気持ちを想像すると、不憫です。なにしろ、茶々が生まれ年子で初がうまれ、その後江がうまれたわけですから、嫁いでから7年も経過しているわけです。その半分は強いストレスが生じたことと想像できます。

百名城。
 小谷城は日本百名城の一つで、また五大山城とも聞きました。今夜のドラマでは琵琶湖との対比や、遠景がなだらかで綺麗に見えました。
 ともかく、ふたたび湖北に出かけて小谷城に登りたく思いました。

|

« 忍者屋敷集合:倶楽部忘年会2010 | トップページ | 小説木幡記:2011/01/11(火)琵琶湖のこと »

NHK江」カテゴリの記事

コメント

先生こんにちは
今年もよろしくお願いいたします。
本当に「判断」が命がけ・・・だったのですね。ドラマチックでした。浅井長政とお市の別れのシーンは本当に悲しくなりました。赤ちゃんの江が笑っていて、切なさが増しました。
小谷城行きたいです。

投稿: yuyu | 2011年1月11日 (火) 17時05分

YuYuさん
 またお目にかかれましたね(笑)。ということで、「江」は雰囲気的には篤姫、時代的には巧妙が辻と同時代~それなりに似通ったところもありますが、「江」の特徴は、トンデモな上野樹里さんのキャラ模様が楽しみなのと、三姉妹というものを身近には知らないので、興味が尽きません。
 そうそう、トヨエツの信長、決まっていますね。ああいう髭を一度やってみたいですよ(笑)。

 小谷城は、JR京都~一時間で「長浜駅」下車がよいです。ここがまた楽しい街でして、一日飽きません。で、そこからバス・タクシーか、あるいはJRに乗って各駅で高月でしょうか(利用経験なし)下車して、バス・タクシーでしょうね。
 運転がお得意ならJR長浜でレンタカーが一番気楽だと思います。地図でおわかりのように、わかりやすい所です。
 戦国時代がお好きなら、岐阜城、関ヶ原、彦根城、長浜城~小谷城、なかなか気分のよいツアーになります。一泊は必要でしょう。紅鮎とかいう温泉がよろしいようで。

投稿: Mu→YuYu | 2011年1月11日 (火) 22時43分

先生こんにちは^^
第二回もトヨエツ信長が素敵でした。
お髭、先生もお似合いになると思います^^
彦根城近辺ツアー行きたいのですが、4月までどこも行けそうにありません・・。今までもどこも出かけておりませんが~(統一地方選が難所です; 某国会議員秘書を経て地方議員の夫。この時期は一度悩み胃が痛くなります。戦国時代のような命をとられる戦ではないのですもの。がんばりたいと思います^^)変な内容ですみません;

投稿: yuyu | 2011年1月18日 (火) 12時45分

YuYuさん、意外なお姿ですね。
 知り合いにその筋の議員関係者はいないので、びっくりしました。なにかと胃に穴の開く世界と想像します~

 しかしだからこそ、戦国時代や彦根ツアーでバーンと心を解放し、鬱や憂さを晴らさないと、~

 東京~関西なんて、新幹線で3時間弱ですよ。湖岸の城で、江や茶々や初さんが、YUYUさんをお待ちしていることでしょう(笑)

投稿: Mu→YuYu | 2011年1月19日 (水) 06時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK江(01)湖北の姫:信長の妹・市:

» NHK江(02)父の仇:伊勢上野は伊賀上野じゃないのです(笑) [MuBlog]
承前:NHK江(01)湖北の姫:信長の妹・市  今夜の江さんは、オジの一人織田信包(のぶかね)の居城・伊勢上野~安濃津城(津城)から→信長の安土城に招かれました。この伊勢上野が、忍者で有名な伊賀上野とはちがって、伊勢湾の西に位置する土地柄です。そこから10キロ下ると現在の津市で、安濃津(あのつ)といわれて中世には世阿弥の息子さん、観世元雅が亡くなった(暗殺か)土地です。その頃は北畠家がおられたよう... [続きを読む]

受信: 2011年1月16日 (日) 21時51分

« 忍者屋敷集合:倶楽部忘年会2010 | トップページ | 小説木幡記:2011/01/11(火)琵琶湖のこと »