« 平城遷都1300年祭・平城宮跡(1)遣唐使船とご隠居たち | トップページ | 180万アクセス(Asajiharaサイト全体/MuBlog他) »

2010年8月14日 (土)

OC2010:葛野のオープンキャンパス

承前:OC2008:葛野のオープンキャンパス
承前:小説木幡記:2009/08/01(土)OC:オープンキャンパスとか~

Musoc2010
↑平服は若い秘書さん達や先生方です。

 今年も夏の風物詩、葛野のOC:オープンキャンパスがやってきました。大学全体としては初秋まで日を定めて数回あるわけですが、私が関係する部門は、参加支援学生との調整があって、夏の7月末~8月初頭の二日間にエネルギーを注いだわけです。

 OCは準備に時間、労力がかかります。情報図書館学系は2002年の夏頃から倶楽部員が中心になって、全てのことを企画実行してきました。そのうち大学全体でも学生中心に変化してきましたから、世間の流れを先取りしていたわけです(笑)。
 この数年間は経理局長がリーダーシップをとってきました。倶楽部では、経理局長と書記局長とが飛車角の立場になりますが、なんとなく自然に、経理局長は行動力があってタフで、書記局長は繊細で丁寧な印象があります。もちろん年次によってはまるっきり当てはまらないこともありますが
 蛇足ですが、過去の経理局長職者を振り返ると、いずれも強烈な肉食系Jで、他方書記局長はややもすると草食系Jでした。前者の出身学科は臨床心理学専攻が続き、後者は日本文学専攻で占めていました。おそらく、OCとは夏祭りなのでしょう。祭りの立役者は捻りはちまきの似合う人たちなんだと、日本伝統の影響力に気付き、震えがきました

 メニューは例年と大きな変化はなかったです。
1.学科専攻の紹介:昨年、今年と、学部学科再編成の影響もあり、説明は教員がしました。
2.共同演習の仕組み:これは私よりも倶楽部員の方が正確に体験談を説明できます。
3.教材・機関誌Truthの制作過程:これも年次副長が一番よく知っています。
4.鉄道図書館紹介:私の出番ですが、残念ながら本学はJK対象なのでぇ~。
5.授業風景の終日動画上映:むしろ教職員の人たちが見入っておりました。
6.倶楽部員制作の「図書の帯」:玄人はだしです。全員、ものすごく上手です。
7.過去作品(共同演習の成果):過去の積み重ねは、この倶楽部や専攻にあって重いです。
8.iPadの紹介:人気でました(笑)。来年の扱いをどうするか?
9.倶楽部員の紹介(案内に立つことが一番のお祭り):こういう人が在学しているという情報は大切です。

 例年のことですが、キャンパスはものすごい焦熱地獄でした。その中で、経理局長2010が倶楽部員の行動計画を精密にくみ上げて、数百枚のビラを配布していました。炎天下←→避暑下、の時間組み合わせです。長篠の鉄砲三段打ちみたいでした~。

 ではまた来年(

|

« 平城遷都1300年祭・平城宮跡(1)遣唐使船とご隠居たち | トップページ | 180万アクセス(Asajiharaサイト全体/MuBlog他) »

葛野図書倶楽部2001」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OC2010:葛野のオープンキャンパス:

« 平城遷都1300年祭・平城宮跡(1)遣唐使船とご隠居たち | トップページ | 180万アクセス(Asajiharaサイト全体/MuBlog他) »