« 小説木幡記:2010/08/05(木)日々と清盛 | トップページ | NHK龍馬伝(32)狙われた龍馬:三人三様 »

2010年8月 6日 (金)

小説葛野記:2010/08/06(金)葛野の夕暮れ

 いつもなら店仕舞いする夕方だが、今日はしばらく在室して涼をとる。キャンパスからはエレキギターやドラムの音や、Jの高音ボーカルが耳に入ってくる。余はTVやラジオは、車中でしか見ないが、Jバンドは葛野に来てからなにかと気にいっている。……。シャウトというのか、中天に飛んでいくような歌声がよいのう。

 さっきまで夏期論文に熱中しておった。
 さすがに、20分ほど前にキーボードをおいた。こう、なんというか、脳が疲労に浸かっていくのがよくわかる。人間は眠らないと駄目だ。徹夜は嘘が多い。本当の節目とか、キモというか、山を乗り越えるには、清明な脳でないと無理だ。徹夜状態だと、同じ所をぐるぐるまわっているようなものだな。

 今日も小山を越えた。
 しかし、キーボードから手を放して、論考のこの先のことを考えたら、疲れているせいもあろうが、暗澹とした。毎朝、山を越えていくようなものだ。……。
 で、ちょっとねをあげた!
 一応、この20年近く継続してきた比較的ハードな論考は、来年で終わろうと思っておる。毎夏毎夏痩せるほどにしんどいからなぁ。

 何故、つらいのか。
 うむ。考える必要があるからだ。毎夏毎夏。
 それに較べて、オートマティックに手を動かして頭を動かすのは、どれくらい気楽なことか。
 もう、来年でひとまず終わろう。余生はもう少し、気楽なことをしよう(笑)。
 後鳥羽院→戴冠詩人の御一人者:日本武尊~、さて。
 
 ところで、
 しばらく横臥して、次の予定に入る。今日は雲が多く、これまでよりは日差しが柔らかい。雨乞いをしたいところだ。

追伸
 さっき地下に下りて、通常のコカコーラを買って、飲み干した。普通ならダイエットコークにするところだが、妙に掟破りをしたかった。禁煙の反動かな? そうそう、何故か知らねど、100円キャンペーンだった。コーラも安くなったもんだ。

|

« 小説木幡記:2010/08/05(木)日々と清盛 | トップページ | NHK龍馬伝(32)狙われた龍馬:三人三様 »

小説葛野記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小説葛野記:2010/08/06(金)葛野の夕暮れ:

« 小説木幡記:2010/08/05(木)日々と清盛 | トップページ | NHK龍馬伝(32)狙われた龍馬:三人三様 »