« 小説木幡記:2010/05/07(金)黄金週間の成果 | トップページ | 小説木幡記:2010/05/09(日)十石舟の行き交う運河 »

2010年5月 9日 (日)

NHK龍馬伝(19)攘夷決行:攘夷の背景

承前:NHK龍馬伝(18)海軍を作ろう! 土佐勤皇党の分断

 幕末のこの頃の様子は複雑なのでまとめておきましょう。
 
 1)勝海舟+坂本龍馬、海軍操練所の若者達
 2)徳川慶喜、松平春嶽
 3)薩摩藩 
 4)山内容堂→武市半平太(土佐勤王党)
 5)長州藩
 6)三条実美+6公卿
 7)孝明天皇

 政局も、人の心も刻々と変わっていきますから、だれがどんな気持ちで幕末と黒船とに向かっていたのかは、よく分かりません。
 今夜のドラマで明確なのは、長州藩は久坂玄瑞らが中心となって文久三年(1863)五月十日に、関門海峡を通過するアメリカやフランスの商船を砲撃したということです。攘夷の実行でした。

 ところが京都にいる武市半平太には、土佐藩(土佐に帰った容堂)から攘夷出撃命令は出ませんでした。
 後半に、そのあたりの事情を龍馬が武市に説明していました。
 容堂は攘夷の気持ちがあったとしても幕府に敵対する考えはなく、下士の分際で土佐勤王党を作り徒党を組み吉田東洋を殺した武市を憎んでいる、と。

 今夜、私がぼんやりと考えていたことは、藩と徳川幕府と朝廷と天皇の関係でした。経済関係というよりも、人の心としての問題です。
 1600年次の関ヶ原の合戦で、薩摩と長州とは西軍、つまり反徳川でした。山内は東軍について勝利した故に、土佐一国の領有を認められました。山内家は当時四国土佐に入国したとき、それまでの地侍との内紛を抱え込みました。土佐勤王党の主体である下士とは、地侍達のその後の姿だったわけです。となると、心理的には武市半平太や土佐勤王党は、西軍でした。

 尊皇攘夷のお題目の実態がどうであれ、薩摩も長州も土佐勤王党も、尊皇・勤王・攘夷と、そういういろいろな考えよりも、倒幕ということでくくれると思いました。

 倒幕が内乱であることの重みを認識していたのは、勝海舟や坂本龍馬だったのだと想像します。ドラマも含めて、過去の西軍の、徳川への怨念が攘夷に結び付いたのが幕末の争乱だったのでしょう。
 こういう中で、龍馬は今後どういう周旋をしていくのでしょう?

|

« 小説木幡記:2010/05/07(金)黄金週間の成果 | トップページ | 小説木幡記:2010/05/09(日)十石舟の行き交う運河 »

NHK龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK龍馬伝(19)攘夷決行:攘夷の背景:

» 龍馬伝「攘夷決行」 風前のヒーロー [よかったねノート 感謝の言葉にかえて]
今日、五月の第二日曜日は母の日です。 折しも草刈民代さんが再登場の配役が発表がなされています。 初回で龍馬の母親幸の役をなさっていましたね。 今回の発表では伏見寺田屋の女将お登勢の役です。 龍馬の出生と龍馬が九死に一生を得る重要な場面での登場ですね。 (薩摩... [続きを読む]

受信: 2010年5月10日 (月) 22時20分

» NHK龍馬伝(20)収二郎、無念:視点の交差 [MuBlog]
承前:NHK龍馬伝(19)攘夷決行:攘夷の背景  土佐勤王党の没落の始まりは平井収二郎の切腹に始まりました。しかし「切腹」という様式は破廉恥罪扱いの斬首に比較すると、名誉は残るようです。もちろん死に変わりはなく、どのような形式であっても罪科のもとに裁かれた結果でした。  ドラマではその裁きの経過はなかったです。大殿の一存で、朝廷に勝手に周旋した罪の結果として、切腹の裁可があったわけです。それが切腹... [続きを読む]

受信: 2010年5月16日 (日) 20時26分

« 小説木幡記:2010/05/07(金)黄金週間の成果 | トップページ | 小説木幡記:2010/05/09(日)十石舟の行き交う運河 »