« 小説木幡記:2010/01/30(土)年度末 | トップページ | 小説木幡記:2010/02/01(月)邪馬台国周遊図書館ジオラマの移動 »

2010年1月31日 (日)

NHK龍馬伝(05)黒船と剣:龍馬の青春像

承前:NHK龍馬伝(04)江戸の鬼小町:千葉道場の楽しさ

青春とは愚かしいもの
 青年龍馬の青春期の逡巡や見通しのなさ、世間知らず、短慮など負の側面がよく現れていてよかったです。
 英雄や偉人を引きずり落とす趣味はまったくないし、そういう作品は好みません。

 しかし今夜の龍馬の青春像は気持ちがよかったです。一種の青春の蹉跌でした。どこにでもいる、ちょっと才があって夢があって、人のよい龍馬が、経験不足から、今いる世界のよってたつところの土台をなくして、おぼれかけていました。無神経なようにみえて、異文明異文化に遭遇して人生の根底を揺さぶられてしまう、ぶれのあるひ弱で基礎力のない青年であることを露呈したのです。

 青年とはそういうものをさしているのだと、龍馬の嘆きや驚愕をみていてひとりでうなずいておりました。
 老いていくというのは、青春の負の遺産を隠していく過程にあるのでしょう。
 いやもちろん「青年」とひとくくりにできないことは承知の上です。ただ青春に蓋をしていくのが老成の過程であって、蓋をしなくても、なんの感性も、初々しい知性も、そもそも青春自体をもたない人も多くいるのが実情なら、今夜の龍馬は「あっぱれな、愚かな青年」だったわけです。
 黒船の巨大さの前に北辰一刀流坂本龍馬の「剣の道」が敗北したのです。

 人間が老成してまるくなっていくのは反語的に単に「すりきれた」だけとも申せますが、これからの龍馬の場合は本当に自らがまるくなっていって、自分自身にも他人にも、ますます力強い存在になっていくのだと考えています。今夜はその龍馬の本当の出発点だったはずです。天然の資質のよさが、外界から与えられた強烈な衝撃によって、みるみる骨組みを再構成しだした予感がします。天然自然の人の良さや善良さが、衝撃によって強い構造を生み出すのか、あるいは溶解してなくなってしまうのかと考えると、龍馬の場合は強くなる出発点を得たのだと思いました。

鬱になるほどの衝撃
 勝海舟や佐久間象山や吉田松陰らの識者は別にして、当時の青年(そして幕府も武家も町民も百姓も)にとって黒船との遭遇とは、おそらく東京や京都の上空に浮かんだ直径20kmの宇宙船に出くわしたショックだったと想像できます。それまでの人生や体験の中になかったこと、そして世間常識にもなかったことに遭遇したなら、龍馬や桂のように混乱し、目に隈をつくって憔悴することでしょう。

 一方、このころ江戸や長崎で外事を担当した関係者の様子は、ときどき目にしますが、おおむね「しっかりしていた」ようです。浦賀奉行は何度も「ともかく、長崎にお回りください」と米艦隊に、さらりと言い返しました。結局、一隻が江戸に回ってむりやり「アメリカ大統領の親書」を押しつけてしまいました。一年後の返書を待つというのですから、当時の外交は猶予期間が長かったようです。

土佐の様子
 この頃は江戸幕府開府以来260年くらいたっていました。幕府が初めて諸侯に開国か攘夷かを相談しました。土佐の山内公はさらに藩士たちに意見をつのり、吉田東洋と武市半平太の考えに興味を持ちました。吉田東洋は現代でも有名人ですが、それはまだ後日のこととしておきます。私は山内容堂の役・近藤正臣さんが気になりました。

まとめ
 つまり、坂本龍馬は江戸留学中にショックをうけて尻餅をついてしまったのです。立ち上がることもできなくなって剣の道を忘れ、あろうことか、千葉道場を追放されてしまいました。
 剣の道という自己修養から、姉がいった世間、龍馬にとっての本当の「世界」に直面してしまったわけです。さて、どんな風に成長していくのでしょう。

|

« 小説木幡記:2010/01/30(土)年度末 | トップページ | 小説木幡記:2010/02/01(月)邪馬台国周遊図書館ジオラマの移動 »

NHK龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK龍馬伝(05)黒船と剣:龍馬の青春像:

» 龍馬伝 第5回「黒船と剣」 [あしたまにあーな]
とうとう浦賀沖に黒船がやってきます。一度は黒船を見てみたいという龍馬の気持ち、すごくよく分かります。周りが持ち場を離れずに守りの仕事に徹している中で龍馬はその場から逃げ出し黒船がよく見える場所に向かうのですが、絶対に捕まるだろうと思っていてもドラマ上では捕まらないのが不思議です。追っている人たちは林に入ろうとして立ち往生しますが龍馬はサクサクとその場を切り抜け、海岸線に到着します。そこにいたのは、桂小五郎でした。 これから幕末の世の中を動かしていく2人が偶然にも黒船を一緒に眺めるという奇跡的なツーシ... [続きを読む]

受信: 2010年1月31日 (日) 22時48分

» 『龍馬伝』第5回「黒船と剣」 [strの気になるドラマ 気になるコト]
嘉永六年6月、ペリー提督率いる黒船が浦賀に来航した。対策を練るため時を稼ぐ幕府。。慌てて鎧兜を求める士分の者達。。品川海岸。胴着の上に甲冑を着け、龍馬らは箪笥や鐘を浜に置いて。。大砲に見せかける。。龍馬は持ち場を離れ黒船を観に。他藩の兵に見付かる。。岩...... [続きを読む]

受信: 2010年2月 1日 (月) 20時30分

» NHK龍馬伝(06)松陰はどこだ?:吉田松陰の考え [MuBlog]
承前:NHK龍馬伝(05)黒船と剣:龍馬の青春像  今夜の龍馬伝、見所を二つあげます。 1.鬼となった武市半平太  当時の土佐藩主・山内容堂(やまうち ようどう)は明治5年に45歳でなくなっていますから、近藤正臣さんの演じる容堂は、今夜はまだ30代の後半だったのではないでしょうか。真っ白な髷、鯨飲する様子や「武市は下士ではないか」と口をゆがめた名演は、現実年齢からすると少し貫禄がありすぎです(笑)... [続きを読む]

受信: 2010年2月 7日 (日) 22時35分

» 坂本龍馬の歴史 [坂本龍馬の歴史事典サイト]
坂本龍馬の歴史事典サイトを紹介します [続きを読む]

受信: 2010年3月10日 (水) 22時44分

« 小説木幡記:2010/01/30(土)年度末 | トップページ | 小説木幡記:2010/02/01(月)邪馬台国周遊図書館ジオラマの移動 »