« 小説木幡記:2009/10/17(土)日常の断片 | トップページ | 小説木幡記:2009/10/20(火)コロリと輸液:それ仁なり »

2009年10月18日 (日)

NHK天地人(42)上杉(武田)菊姫の死

承前:NHK天地人(41)出羽米沢での再出発

 病床の京都・菊姫のもとに江戸から景勝がはせ参じてきます。菊姫の病は結核なのでしょうか、喀血がありました。
 菊姫は景勝に、まなじり決して「側室を持て」と言います。景勝は「養子をもらう」と答えますが、「今の上杉に、どこから養子が来るのですか」と菊姫に言われて、景勝はうなだれます。

 菊姫の父は武田信玄でした。菊姫は言います「兄の勝頼が側室の子だった故に、家臣がまとまらず、武田は滅びた」と。一昨年の「風林火山」にてらすと、つまり武田家最後の勝頼は、諏訪の由布姫の子でした。武田だけでなく家督相続は難しいこともあったと想像します。実は、信玄には正室の実子が別にいましたが、その正統後継者の奥さんが今川家の出身だったので、実父信玄と不和になり、結果的に信玄は後継者を滅したことになります。その後の勝頼は正式な後継者として位置づけられないまま、信玄の後を継いだわけです。

 菊姫はもらします、だからこそ私が子を産まねばと思ってきました、「謙信公の血を引くあなたの子でなければ」と。それがかなわぬ今は、なんとしても側室を持ち、景勝の子を造ることが、大名家のあるじの勤めと。
 たしかに謙信の姉の子が景勝で、彼自身が養子でした。そのために上杉家には数年におよぶ内紛が生じました。血への信仰、こだわりは強かったと想像します。血へのこだわりとは、今風にいえばDNAへのこだわりとでも言えましょうか。

 跡継ぎは直系血縁、長男子が求められたようです。その為には、正室は亭主に側室を勧めることさえ辞しません。そのことで「家」が継がれ栄えるという基本的な考えがあったのだと思います。
 今夜の菊姫の雰囲気には、せっぱ詰まったものがありました。自分には子ができない、しかしよい家から養子がきてくれるほど上杉は栄えていない、しかも養子を迎えると景勝の血が途絶える。なんとしても、景勝に側室を迎え入れさせないと上杉家が滅びる、と思い詰めた雰囲気でした。

 ドラマの背景には、景勝の菊姫への思いやりがあります。神話、万葉時代以来男女は1:1の付き合いが普通で、それが壊れると相手が天皇でも、嫉妬で刃向かった御姫様がたくさんいます。もちろん正室、側室、側室間で権勢争いも生じます。それにあえて堪えて菊姫は景勝に側室を求めました。景勝は、菊姫の気持ちを思い、これまで側室をもうけませんでした。

 菊姫は、景勝、兼続が大坂城へ挨拶に行っている間に、京都伏見の上杉邸でなくなりました。生前の書状が会津のお船を通して、兼続に届けられます。
 十二年間も、兼続の大切な人(お船)を自分の手元(上杉の京屋敷)に引き留め、自分の世話(相談相手)をさせたことを、心からわびると。

 武田信玄の娘として上杉景勝に嫁ぎ、実家の滅亡を経験し、また嫁ぎ先の上杉の零落を味わい、跡継ぎをもうけられなかった菊姫の気持ちが、ドラマを通して切々と伝わった今夜でした。


↑京都市伏見区景勝

|

« 小説木幡記:2009/10/17(土)日常の断片 | トップページ | 小説木幡記:2009/10/20(火)コロリと輸液:それ仁なり »

NHK天地人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK天地人(42)上杉(武田)菊姫の死:

» NHK天地人(43)兼続の弟・大国実頼 [MuBlog]
承前:NHK天地人(42)上杉(武田)菊姫の死 参考:NHK天地人(27)兄・兼続と弟・実頼 敗戦処理  今夜ドラマをみていて、関ヶ原以降の直江兼続の人生は、敗戦処理に尽きると思いました。それは、一つは内政において米沢を新たな領国として育て、過去の家臣断を飢えから守ることが兼続の仕事だったからです。幾人かの同輩たちが屯田兵のような形で農業に従事し、兼続の扶持も再建に使われたと想像できます。  一つ... [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 23時05分

« 小説木幡記:2009/10/17(土)日常の断片 | トップページ | 小説木幡記:2009/10/20(火)コロリと輸液:それ仁なり »