« 小説木幡記:2009/09/26(土)秋の夜長:ハノーバー電車 | トップページ | 小説木幡記:2009/09/28(月)葛野研の活気 »

2009年9月27日 (日)

NHK天地人(39)関ヶ原の終戦処理

承前:NHK天地人(38)関ヶ原と山形・長谷堂城

終戦処理
 勝っても負けても終戦処理は難しく、誤ると後世への禍根を残します。戦い、勝敗に、正義も悪もなく、勝った者が正義なのです。この理(ことわり)は歴史の事実です。ただ、その経緯をよく理解することによって、後世の者は醜悪な勝利、美しい敗北と判詞をだすのでしょう。それが歴史家の基礎力であり、ひいては文学者の仕事なのです。
 それが出来るから、「人」なのだと思います。野獣の戦いなら、負ければ相手の胃袋におさまり、何も残りません。
 こういうことをこの頃、自分自身の中で温めることが出来るようになりました。

正義と悪
 三成が小早川秀秋を通して残したことに、兼続に向けての「生き抜いて、我らの正義の真実を伝え、残せ」という言葉がありました。
 このことが今年のNHK天地人の強みであり、そして弱点だったと思います。
 戦いに正義も悪もありません。強いてもうせば、暴力をともなった外交の一種に過ぎません。
 三成が言う「豊臣の正義」には、徳川からみた「徳川の正義」があるわけです。
 だから私には、兼続の決めぜりふ「正義」「大義」が今一つよく伝わらず、これまで難渋してきたわけです。

 兼続はもっと、「ぶざまな敗北だった」とか「大坂の三成に呼応したにもかかわらず、景勝大将の頑迷さに邪魔されて、家康を討てなかったのが敗因だった」と、言えばよかったと痛切に思いました。
 いや、兼続がそう分析したとしても、それで景勝を見限る必要はないのであって、極端な謙信公・家訓墨守者と極端な正義派執政という、まるで壊れた鍋に隙間だらけの鍋ぶた関係であっても、それはそれ、人と人との繋がりとして、よいペアなのですから、私の心をうつとおもいました。

 これほど「正義」を「大義」を叫ばねばなりたたない大河ドラマは稀少と思いました。「正義」が人類史に多くの禍根を残してきたことの実証は、優れた歴史家が幾千もの事例を証しております。
 「正義」がうまく行ったのは、日本なら戦後しばらくして、正義の味方「月光仮面」が現れた時くらいだと、思うのです。
 本当は、「勝てる戦を勝てなかった」を嘆き反省すべき一夜だったと思いました。

三成の斬首
 今夜のドラマの見どころは、しかしやはり三成と兼続との関係、そして主に兼続の反応だったと思います。三成の無念は、遠く会津の兼続の血涙によく現れておりました。最上軍の虎口を無事逃げ切り、一人広間に端座した兼続の額からの血が涙にまじり、手の甲に一滴、二滴落ちていきます。よい場面でした。
 これは兼続の気性からして、逃げ切った安堵涙ではなく、遠く関ヶ原を思った涙のはずです。

 三成の死を伝えに来た初音と座敷に対座し、漸く話が終わる頃、廊下の障子にはまだ鎧武者の行き交う影が写っておりました。こういうちょっとした演出に、私は感動したのです。

 そして。
 三者の目からみた三成の最期を、兼続が鎮痛の想いで聞く場面が良かったです。
 会津まで来た初音は「三成様は無念だったと思います」と、六条河原での極刑斬首の有様を伝えます。新選組の近藤勇局長と同じく、名誉ある切腹ではなく、犯罪人としての斬首だったわけです。

 京の上杉屋敷にお忍びで訪れた福島政則は、「自分は間違っていた。三成の考えを理解できなかったワシが馬鹿だった」と、三成と酒を酌み交わした一夜を語って聞かせました。そして最後に「秀秋に会って三成の話を聞いてやってくれ」と伝えました。

 兼続は、裏切り者の秀秋から、三成斬首前の牢での話を聞かされました。
 三成から牢を開けるように言われて秀秋は、
 「ワシは、三成のように、難しいことを決断できる器ではないのじゃ」と叫びました。
 しかし「兼続に頼む、生きて、我らの正義を後世に伝えてくれ」との、三成の遺言には、
 「裏切り者でも、三成の気持ちを兼続に伝えなければ、もう、人ではなくなると思った」と、兼続に告白したわけです。

 三者三様の話は、リアルな心理劇をみているような気持になりました。相互に矛盾はないので、演劇上の面白さは少ないのですが、それぞれがそれぞれの気持を兼続に伝える雰囲気が、それぞれに良かったわけです。

 だから、今夜のドラマも、優にしておきます。

|

« 小説木幡記:2009/09/26(土)秋の夜長:ハノーバー電車 | トップページ | 小説木幡記:2009/09/28(月)葛野研の活気 »

NHK天地人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK天地人(39)関ヶ原の終戦処理:

» NHK天地人(40)会津120万石から出羽米沢30万石 [MuBlog]
承前:NHK天地人(39)関ヶ原の終戦処理  なぜ上杉家が取りつぶされることなく、上杉景勝、直江兼続両名が斬首、切腹にならなかったのかは、番組当初から好奇心を持っていました。  今夜の話では、福島の指示で小早川秀秋が淀君に上杉家の断絶無きように頼み(徳川への拮抗勢力温存)、淀君は秀頼ともども家康に上杉成敗への手心を加えるように伝えました。  他方、兼続は深夜ひそかに家康の側近・本多正信を訪れ、本多... [続きを読む]

受信: 2009年10月 5日 (月) 05時01分

« 小説木幡記:2009/09/26(土)秋の夜長:ハノーバー電車 | トップページ | 小説木幡記:2009/09/28(月)葛野研の活気 »