« 小説木幡記:2009/09/04(金)不採用の条件 | トップページ | NHK天地人(36)石田三成の立場 »

2009年9月 5日 (土)

長浜研修旅行20090827(1)長浜城-Nagahama2009

承前:飛鳥は石舞台が一番人気でした:Asuka2008研修旅行

Bigimg_2967
↑長浜城天守閣から西の高島市を遠望

1.1 京都駅出発
 2009年8月27(木)に、葛野図書倶楽部2001、恒例夏の研修旅行に出発しました。今回の企画は、かわぐち書記局長2009が中心となり、さとうは三番隊長が補佐をつとめ、いくつかの準備や打合せを進めてきました。行き先は滋賀県長浜市でした。

 書記局長が丹念に作成した「栞」にしたがって、千円で「三成手形」という非常にお得なパスポートを買って、それで最大5カ所の施設を巡る予定でした。予定はなんとかこなしたのですが、実は、肝心の書記局長が当日就職関係の事案で欠席、さらに午前7:40分ころ到着していた、こばやし局長2009が、体調不良で夏の長浜を歩くことが無理となって、出発時・直前に京都駅から帰還した次第です。本当に、いろいろなことがあるものです。

 一行{私、なかむら副長、よしむら経理局長、さとうは三番隊長、ひろせ一番隊員}の合計5名が、予定通り1番ホームから8:20分の長浜行き直行・新快速電車に乗車しました。
 あっというまに9:20分、長浜駅に到着しました。
 しかし、彦根までは、補助椅子に私だけが着座し、他の4名はずっと立っておりました。平日の新快速も混むようです(笑)。とは言っても、2008年3月の犬山市・明治村研修旅行に比べると、極楽温泉じみた快適さでした。その時は、JRを何度も乗り換え、バスに乗り、到着したときはほろほろになったものでした。

 なお、大幹部2名の欠席により、現地誘導隊長は3年生の三番隊長が務めてくれました。もちろん、経費関係は一切合切経理局長が取り仕切ってくれました。

1.2 (長浜市立)長浜城歴史博物館
 駅を降りるとすぐに、三成手形を揃えてくれました。私のようなあわて者をみこしてか、さっさと5人分の手形が回収されて、経理局長の手でまとめられました。手形も帰りの切符も経理局長が持つことになって、~それでも途中で行方不明になる人では、まず無いという、オーラがありましたから、大安心でした。cat

 方角は現地では分かりにくいのですが、ともかく緑の森がある方向へ歩き出しました。道は分かりやすかったです。5分も歩くまもなく、お城の天守閣が見えてきました。

 以下は写真を御覧下さい。クリックすると拡大されて、簡単な説明がついています。

長浜城:石田三成歴史館
長浜城全体:東→西に向かって撮影
長浜城:再建・天守閣
長浜城:石垣根石
長浜城:天守閣の様子
長浜城:天守閣の人影
長浜城から西:高島市
長浜城から北西:奥琵琶湖
長浜城から東の眼下:長浜駅方向
長浜城から南:彦根市

1.3 下城して
 先に外に出て待っている間、お城で訪ねたところを数えてみました。
 大坂城(小学生)、熊本城(高校修学旅行、20代)、伏見城、松本城、姫路城、彦根城、安土城跡、小倉城、高取城跡、坂本城跡、そして長浜城。忘れたところもあるかも知れませんが、めったに旅行しない割りには、そこそこ訪ねたわけです。

 長浜城歴史博物館は、写真を撮れないのが残念でしたが(特に、築城のジオラマ)、最上階から見た琵琶湖の姿は最高でした。つまり、私はこの日の長浜城に限って、博物館の特別展示よりも、琵琶湖や伊吹山の景観を経験したかったのです。秀吉や、山内一豊がながめたであろう、雄大な琵琶湖をこの目で見たかったのです。
 思った通りの満足感を得ました。素晴らしい昭和再建の新・城体験でした。

 参考:長浜城歴史博物館 サイト
 地図:長浜城歴史博物館

 目次← (1) →黒壁美術館

|

« 小説木幡記:2009/09/04(金)不採用の条件 | トップページ | NHK天地人(36)石田三成の立場 »

博物館」カテゴリの記事

葛野図書倶楽部2001」カテゴリの記事

近江」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/46123583

この記事へのトラックバック一覧です: 長浜研修旅行20090827(1)長浜城-Nagahama2009:

» 長浜研修旅行20090827(2)黒壁美術館-Nagahama2009 [MuBlog]
承前:長浜研修旅行20090827(1)長浜城-Nagahama2009 ↑長浜の街並みと「洋屋」 2.1 黒壁14號館 カフェレストラン洋屋  長浜の建物には「黒壁○号館」と記号が付いています。長浜市がいつの頃に、どういう風に街おこしをして、どうして「黒壁」の文字を建物の<請求記号>ないし<アクセスコード>にしたのか、その由来について私は知識がありません。今回訪ねたのは全部で五カ所と、ごく少ない... [続きを読む]

受信: 2009年9月 8日 (火) 05時27分

« 小説木幡記:2009/09/04(金)不採用の条件 | トップページ | NHK天地人(36)石田三成の立場 »