« 小説木幡記:2009/08/15(土)今日を生きる、OFF | トップページ | 小説葛野記:2009/08/17(月)気持ちよい盆明けの朝 »

2009年8月16日 (日)

NHK天地人(33)五大老という合議制の成立ドラマ

承前:NHK天地人(32)小早川秀秋:養子と実子

 直江兼続さんと石田三成さんが髭をたくわえました。つるんとした若い顔よりも、格段に好ましくなりました。明治の日本人は諸外国にでかけて大抵髭を蓄え、年令相応の雰囲気を出したようです。日本人は小柄ですから、少年と見誤られる話はよく聞きますが、髭があると大人扱いされたのでしょう。今夜の兼続も三成も、32回までに比較すると破格の変身を遂げたと、感じ入りました。

 やはり男は顔ですね()。
 お二人とも現代のイケメンというのでしょうか、今夜だから真意を漏らしますが、これまではまるで馬鹿っぽい色男としか見えていなかったのです。ああいう白々しいヤサオトコに、J達が眼差しをむけるのかと想像すると、この国の行く末もながくないと、ずっと内心にがにがしく思っていたのです。それをなぜblogに書かなかったかというと、人(J)達の趣味にケチを付けるのは良くないと、従来固い自訓・自戒があったから、それに従ってきたのです。

 今夜は、言いようのない感動を受けました。
 まさに積年、私が心に描いてきた「男達の挽歌」世界でしたね。それも二人そろって! 数えると、早くに上杉景勝さんはお気に入りでした。景勝は貫禄というほどの年令ではないのですが、安定した渋みがありました。そのそばをうろうろしていた兼続や三成は、そうですねマズイ生クリームでべとべとになった、食いさしのバケツ・パフェという味わいでした。ところどころ光るところがあったので、ずっと見続けてきましたが、毎週半分は消化不良を起こしていた次第です。

 もういちど言います、男は顔です! 
 今夜の兼続も、三成も、景勝も「顔」全体でドラマをもりあげてくれました。
 分析するなら、髭を蓄えてこそ景勝、兼続、三成の現代イケメンは大勝負を無事乗り越えたと、心からの喝采をあげました。それぞれが往年の大河ドラマ、ガクト謙信や、勘助に接近してきましたね。これほど嬉しい日曜の夜は、昨年末以来のことです。

 見どころですか。
 一つは、家康はじめ諸侯が秀吉にいろいろ世辞を述べたてる際、それを一々喜び聞いていた秀吉が「ところで、上杉殿は言うことないか?」と、だまったままの景勝に(お世辞を)促します。
 で、景勝さん「はあ」と、うなずいただけ。
 この時、座が一瞬、シーンとなりました。

 一つは諸侯うちそろって「お拾い」に忠誠を誓った後、秀吉が席を外しました。すると、徳川さんや毛利さんが、はげしく石田三成の失政(関白秀次の切腹など)を詰ります。三成は「いたらなかった」と頭を下げます。この時! 日頃口数のまったくない上杉景勝が、突然ぴしりと座を緊張させます。
 「三成は家臣。主君の決めたことで、三成を責めるのは姑息」。よいセリフでした。家康さん、もろもろ、あっけにとられていました。痛快でしたね。

 以上二つの場面で、今夜の上杉景勝は、男ぶりをあげましたね。

 諸侯の様子や三成の重責・重荷を知った直江兼続は、伏見城の天守閣まで三成を誘い出し、夜が明けるまで「五大老」(五奉行)という合議制による豊臣政権を語り合います。
 二人は共同戦線を張ったわけです。

 しかしこれを秀吉に納得させるのは至難の技です。秀吉はすでに絶対専制君主の立場を取っています。そこで、前田利家に二人で相談し、役割を分担の上、秀吉に進言します。
 もちろん、秀吉は激怒します。自分が決める国政をなぜ、家康を含めた諸侯に任せねばならぬのかぁ! と。

 前田さんが兼続にふります。「上杉は、苦労してきたのです。のう、兼続」
 兼続 「わが上杉謙信公は一代の英傑でしたが、巨星墜ちた後、後継者問題で越後は疲弊しました」
 秀吉 「わしの後継者は、お拾いと決まっておる」
 と、そこで三成クククッツと嗚咽する。「お拾いさまのよちよち歩きを見ると、私は泣けるのです」
 秀吉確然として自分の死後、痛々しい息子の行く末を想像する。
 前田 「この二人ほど、忠義な者はおりませぬ」
 秀吉 「おお、わかった」と、納得。

 兼続、三成は再び天守閣に戻り、秀吉を納得させたことに、「芝居がうまく行った」と大笑いする。
 しかし、最後にわかるのですが、三成は本心から兼続の友誼に、そして豊臣の行く末を心配して泣いたようですね。

 以上、ドラマの世界であっても。
 それぞれ役者が所を得て、歴史の機微を上手に演じると、まるで眼前に兼続や三成が語らっているかのように、引き込まれてしまいました。よい一夜でした。

|

« 小説木幡記:2009/08/15(土)今日を生きる、OFF | トップページ | 小説葛野記:2009/08/17(月)気持ちよい盆明けの朝 »

NHK天地人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK天地人(33)五大老という合議制の成立ドラマ:

» NHK天地人(34)国替え:越後→会津 [MuBlog]
承前:NHK天地人(33)五大老という合議制の成立ドラマ  今夜のドラマ終了後、ひとしきりネット地図を眺めていました。内輪話になりますが、私はまるっきり関東の地勢に、もちろん新潟や会津もふくめて、なんら知識がなく、いまだに群馬・栃木・茨城・千葉のあたりのレイアウトがおぼろなわけです。何度も覚えようとしましたが駄目でした。  で、今夜の地図発見は現代新潟の真西に福島があって、そのちょっと北に米澤、さ... [続きを読む]

受信: 2009年8月23日 (日) 21時31分

« 小説木幡記:2009/08/15(土)今日を生きる、OFF | トップページ | 小説葛野記:2009/08/17(月)気持ちよい盆明けの朝 »