« 小説葛野記:2009/08/08(土)男子ひとたび街にでれば1万円の出費あり | トップページ | 小説葛野記:2009/08/10(月)雨の終日・猫も杓子も参謀本部勤め »

2009年8月 9日 (日)

NHK天地人(32)小早川秀秋:養子と実子

承前:NHK天地人(31)大義なき花戦:北の政所と、淀君

 今夜の話のスジは、秀吉の跡継ぎ問題、つまり養子と実子問題になります。社会習慣や制度によって、主に男子を他家から迎え入れて、自家の後継者とする話です。ところが、他家から養子を迎えた途端、自家の現当主に実子が生まれて、迎え入れた養子が後継者問題から浮き上がる話です。

 今夜は、奥さん北政所(きたのまんどころ)の兄の息子が秀吉の養子で、今度実子が生まれたために他家毛利にまた出されようとしています。いろいろあって、毛利家と親戚の小早川家にはいり、秀秋と名乗り、数年後の関ヶ原の戦いで、勝敗を分けた人物になります。来週は、秀吉の姉の息子、関白秀次の番ですが、これは予告にあったように切腹させられます。

 さて。亡くなった鶴松も、生まれたお拾(後の豊臣秀頼)も、秀吉50代の、特に秀頼は最晩年の子供です。母親は淀君でした。俗説として、二人の子らは、秀吉と生物学的親子関係が無かったという話があります。50代までずっと、山のような側室を囲っていたのに一人も子供がなくて、淀君さんになって突然二人も男子が産まれたのですから、けったいな話とも言えます。家康は若いころから、~爺さんになっても沢山の子供を作ります。

 ドラマでは、その俗説を、数回前に大国さんと淀君の間でちらりとほのめかした程度で、一般に言われる大野治長(おおの はるなが)との噂片鱗もでてきません。噂話ですから、とるかとらぬかは製作者の考えによるでしょう。

 で、問題は、こうして二人の養子を迎えながら、実子ができたとたんに反古にした、その秀吉の考え方が妥当か否かということに尽きます。

 実は、上杉謙信には実子がいなかったので、毎回かっこよい景勝さんは養子だったこと、最初から御覧になっている方はご存じのこと。さらに上杉家存亡の内戦は、他家(北条家)から来たもう一人の養子さんとの争いでした。だから、秀俊と対面した景勝の心中はなかなか複雑だったことでしょう。上杉家は後世、たとえば吉良家から養子をとって家督を継承しています。

 私が秀吉だったなら、どうしたことでしょう(笑)。すでに形式的権力は甥の関白秀次に手渡しています。
 さて、……。
 私が極めて安定し、世間これみな虚仮(こけ)とまで達観していたなら、実子をさっさと出家させます。そのままにして死んでしまったなら、おそらく秀次と秀俊の間に権力抗争がうまれ、間に挟まった実子は謀殺されるでしょう。
 あるいは、奇策なら、徳川家に実子を養子に出します。御三家+αになるか、捨て扶持もらって豊家は残ることでしょう。
 以上は、秀吉が血縁を信じていないという前提のもとにあります。

 そうやって、冷静に考えるなら、秀吉が秀次を西国大大名に養子にだし、関白秀次を切腹にまで追い込んだのは、後者のやり口はえげつないですが、結果としては取るべき道だったのでしょう。今さら、秀吉を責める気が失せました。そうしなければ、秀吉が亡くなったら即身内間の内乱でしょうね。もう一つの、親戚同士の関ヶ原を想像しました。

 今夜は他にもいろいろエピソードはありましたが、上記を記している間に、後継者間のあまりの難問に、他のことへ頭が回らなくなりました。継承問題は難しいです。壬申乱、そのほか歴史を考えてみると、どれほど難しいことだったか、容易に想像ができます。廃太子どころか、廃天子の事例さえあります。

|

« 小説葛野記:2009/08/08(土)男子ひとたび街にでれば1万円の出費あり | トップページ | 小説葛野記:2009/08/10(月)雨の終日・猫も杓子も参謀本部勤め »

NHK天地人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK天地人(32)小早川秀秋:養子と実子:

» NHK天地人(33)五大老という合議制の成立ドラマ [MuBlog]
承前:NHK天地人(32)小早川秀秋:養子と実子  直江兼続さんと石田三成さんが髭をたくわえました。つるんとした若い顔よりも、格段に好ましくなりました。明治の日本人は諸外国にでかけて大抵髭を蓄え、年令相応の雰囲気を出したようです。日本人は小柄ですから、少年と見誤られる話はよく聞きますが、髭があると大人扱いされたのでしょう。今夜の兼続も三成も、32回までに比較すると破格の変身を遂げたと、感じ入りまし... [続きを読む]

受信: 2009年8月16日 (日) 21時49分

« 小説葛野記:2009/08/08(土)男子ひとたび街にでれば1万円の出費あり | トップページ | 小説葛野記:2009/08/10(月)雨の終日・猫も杓子も参謀本部勤め »