« 小説木幡記:2009/07/30(木)政治とは餓死者の出ぬのが一番 | トップページ | 小説木幡記:2009/08/01(土)OC:オープンキャンパスとか~ »

2009年7月31日 (金)

小説木幡記:2009/07/31(金)夏のハルキ君

承前:小説木幡記(追伸):2009/05/16(土)五月の猫ハルキ

Muimg_2925b
↑2009年7月30日の、猫ハルキ

 先回猫ハルキの写真を撮ったのが5月の半ばだった。それ以降心身低調でずっとカメラを向ける気力がわかなかった。ようやく、一昨日にハルキ君の様子が面白かったので、数葉収めておいた。感想は、ともかく「ずっしり重い」の一言につきる。このまま来年になると、10キロ前後になって、抱きかかえるのが難しくなるかもしれない。

 普通、この「ノルウェーの森猫」は6キロくらいで止まると聞いているが、あまりに成長が激しいので、ついついコタツ猫じみた巨猫を想像してしまう。

 暑いせいかこのごろは寝てばかり居る。寒いところから来た猫ちゃんだからしかたなかろう。玄関の土間部分がタイルなので、そこに横たわって顎だけあげて部屋を眺めていることがある。猫も賢く行動していると思うと、笑える。贅沢にも、クーラーをハルキ君のために運転する時間が長くなった。そのうち氷柱でも部屋の真ん中か、風呂に入れておけば、北極熊さんみたいに楽しんでくれるかも知れない。

ハルキ:2009-05-29 あくび猫
ハルキ:2009-05-29 ねむり猫
ハルキ:2009-07-06 散髪したようなくびすじ 
ハルキ:2009-07-28 ベロだしハルキ
ハルキ:2009-07-28 ハンサム・ハルキ
ハルキ:2009-07-28 野生のハルキ
ハルキ:2009-07-28 獰猛なハルキ
ハルキ:2009-07-28 理性を取り戻したハルキ

↑夏のハルキ百態(クリックで大きくなります)

 ハルキ君は、素早いので寝ている時しか写すことが難しい。最初の2枚はソファ地が温かそうなので、5月末の写真とわかる。首筋だけを撮したのは7月はじめで、この首筋のラインが以前から気に入っている。正面むいて猫式正式なフォーメーションを組んだときは、まるでライオンのたてがみのように見える。

 一応長毛に属するようだが、毛繕いが激しい割りには、毛玉は目立たない。みたことはないが、丸くて小さな物らしい。長兄のまたりん翁は、毛だらけ猫だったので毛玉も大きかった。

 食事は相変わらずカリカリだけで、ここまで大きくなった。ただ、この一ヶ月は毎日2回だけ、鰹節をひとつかみずつ好んで食べる。冷蔵庫から鰹節の袋を取り出すと、かさこそと音がするだけで、別の部屋から全速ではしりぬけてくるのだから、「猫に鰹節」という格言が出来そうだ。(いや、あったかな? 猫にマタタビはあった)

 7月始めに、例の手術をした。その日は少しだけおとなしかったが、翌日からは元気もりもりに戻っていた。なんか、獣医さんに欺されたのかも知れない(笑)。ともかく、元気なハルキ君をみていると、安心する。

 そうそう、メモ。
 実は風呂にはまだ一度も入っていないはずだ。それなのに、無臭。白系の長毛がうすら汚れている風にも思えない。相当に毛繕いが上手な猫系なのだろう。
 食事のカリカリと、御手洗いだけで、今のところ手間はかからぬ。ただし、「遊ぼう!」は、またりん翁に比べると百倍うるさい。またりん翁は殆ど常に高Pルックスだったが、ハルキ君は朝からしっぽや胴体を絡ませてくる。ほとんど鳴かない。ないても、小さくミヤウ、ふにゅ、という音しか聞こえない。変な猫君(ねこぎみ)であるわいな。

|

« 小説木幡記:2009/07/30(木)政治とは餓死者の出ぬのが一番 | トップページ | 小説木幡記:2009/08/01(土)OC:オープンキャンパスとか~ »

小説木幡記」カテゴリの記事

猫ハルキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/45792447

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:2009/07/31(金)夏のハルキ君:

» 小説木幡記:猫ハルキも随分大型化してきた [MuBlog]
承前:小説木幡記:2009/07/31(金)夏のハルキ君  昨年ころから、猫ハルキ君はこの大胆ポーズ、というよりもいささか懈怠した、アンニュイの極み姿を見せるようになってきた。  毎日が気怠いのかもしれない。  そしてまた、「ノルウェーの森猫(NFC)」にとっての夏は、叫び出したくなるほど暑い日本の、日々過ごしにくい時期かもしれない。  深い森の奥から雪の女神さまの橇を引くのが生来の仕事なら、彼に... [続きを読む]

受信: 2012年10月 6日 (土) 08時17分

« 小説木幡記:2009/07/30(木)政治とは餓死者の出ぬのが一番 | トップページ | 小説木幡記:2009/08/01(土)OC:オープンキャンパスとか~ »