« NHK天地人(14)上杉・武田、塩を送り黄金を贈る | トップページ | 白昼の高台寺枝垂れ桜:2009/04/05(日)高台寺桜 »

2009年4月 5日 (日)

坂本龍馬と桜:2009/04/05(日)祇園八坂神社~円山公園の桜

承前:(2009年桜シリーズ)空間に伸びる枝垂れ桜:2009/04/03(金)広沢池畔・京都平安郷
承前:円山公園(京都・祇園)の枝垂れ桜:20070402

 私は、日曜祭日はめったに出歩かないのですが、事情で今日は朝から午後3時頃まで、都の北・出町柳の鴨川桜や、東の祇園桜・円山公園や高台寺桜を見て歩きました。
 後日掲載しますが、午前中は木幡から京阪電車に乗って出町柳駅まで出向き、下鴨神社の入り口にある桜や、高野川そして鴨川の桜を写心に収めておりました。

 昼前に祇園八坂神社石段下で毎年(笑)一回の撮影助手3名と落ちあい、長楽館という所でランチをご一緒しました。ティラミスというデザートが美味しかったですね。撮影助手の一人がレストランというかホテルの方と顔見知りのようで、気楽にいただけました。

 その後に、円山公園中央のお年を召した枝垂れ桜を堪能し、東山に向かって途中いくつかの、今を盛りの桜を愛で、坂本龍馬・中岡慎太郎さんの銅像の前で記念写真を撮りました。一息ついてそのまま高台寺に向かったわけですが、それは後日の記事にゆだねましょう。

 年に一度か二度しか日曜に出歩くことは無いのですが、無数の花見客にかこまれて、混み混みの京阪電車に揺られて、なにかしら世間と貴重な接点をもてたような、奇妙な気持になりました。そして撮影助手達はいずれも長年の知り合いというか、葛野図書倶楽部2001のご隠居さんですから、気持も伸びやかに空にとどき、何不自由のない一日だったわけです。以前に比べてなにもかもがだんだんと逆転し、背負われる日々だと、このごろ感じ入っております。

B1img_2656
(祇園枝垂れ桜)

↑ 昨年は円山公園中央の枝垂れ桜を撮しませんでした。一昨年(2007)に、そのお姿があまりに弱々しく烏が枝先にとまっているのを見て、悲傷感が深まってしまい「もう、写せないな」と思ってしまったのです。しかし、気持を変えて今年は真っ盛りの4月始めにここに来ることを念じました。理由も何もないのです。桜の盛りにもう一度、祇園の枝垂れ桜を見るべきだと、感じたわけです。
 そして。
 たしかに、ここ数日来(桜2009)の桜にくらべれば「お年を召された」姿でした。しかしどうみても祇園枝垂れ桜に変わりはありません。ここの桜は都の空の色が映えるわけです。そしてえも言えぬ人くささも味わえるのです。超然とした、という表現は合いません。爺様が周りに集まる子らを見守っている、そんな幻視に襲われました。

B1img_2664
(池のほとりの白とピンク)

↑ ひとしきり祇園枝垂れ桜を堪能したあと、池の側から東山に向かって花見客の間をぬって歩きました。撮影助手たちは、今年の私が元気にカメラを扱っているのをみてか、それぞれ自分の美白モードカメラや美形変換カメラを操作しだしました。一人が「あの白っぽい桜」と声にだしたので、私も写しました。確かに色合いが他の桜とは異なります。他の人が言うには「緑の桜もありますよ」とのこと。この二本の桜木は、祇園枝垂れ桜にはまだまだ及びませんが、東山を借景にして風情を出しておりますね。池のほとりに立つのも条件として佳いと思いました。

B0img_2670
(もう一つの桜)

↑ しばらく歩く内に、丁度右手に銅像が見えるころ、左(北側)に立派な桜がさいていました。周りが公園中央ほどには開けていないので、人々が取り囲むほどではないのですが、ボリュームがあって円山公園の桜にふさわしいものでした。
 それによく見ると頭が平らで二本のツノがあるような形で、広沢池近くの平安郷や、一昨年の京都府南部・井手町「地蔵院」で眺めた桜と似通っています。桜の育て方にも流儀があるのかもしれませんなぁ~。

B1img_2680
(坂本龍馬、中岡慎太郎銅像)

↑ 坂本さんと中岡さんがこの地におられるのはそれなりの事情があるのでしょう(笑)。しかし祇園・円山公園の奥にこの銅像が建っているのをご存じの方は、そんなに多くはないと思います。もちろん、幕末流行りですから、知っている人は生まれたときから知っていても不思議ではないです。
 いかにも京都という雰囲気を味わいました。その京都とは平安の御代ではなくて、まさに幕末維新前夜の京都です。このあたりで密談していたら、井伊大老・幕府の目も逃れられたことでしょう。

祇園八坂神社の西門
祇園八坂神社から見た四条通り
祇園八坂神社の境内の芝居小屋?
祇園八坂神社南門(正門)
長楽館
東山と柳
枝垂れ桜(祇園円山公園)
祇園枝垂れ桜の下枝
円山公園の花見客
坂本龍馬・中岡慎太郎像北の桜
円山公園の桜姫
記念写真:祇園桜

 今日は昼頃からどんどん温かくなって、ランチを終えて祇園枝垂れ桜を見た頃には春真っ盛りと味わいました。沢山の花見客にもまれて円山公園を散策していると気持が柔らかくなってきました。日々無人の葛野研で過ごすのもよいですが、稀にこうして人だかりの中に我が身を沈めると、まるで温泉に入ったような気分になりました。桜湯とはもうしませんが、人は害にもなり薬湯にもなるのだと、歩きながら考えていました。

 さてこの記事の前には出町柳・高野・鴨川桜。あとには高台寺の昼桜と続きます。

|

« NHK天地人(14)上杉・武田、塩を送り黄金を贈る | トップページ | 白昼の高台寺枝垂れ桜:2009/04/05(日)高台寺桜 »

葛野図書倶楽部2001」カテゴリの記事

桜2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂本龍馬と桜:2009/04/05(日)祇園八坂神社~円山公園の桜:

» 白昼の高台寺枝垂れ桜:2009/04/05(日)高台寺桜 [MuBlog]
承前:(2009年桜シリーズ)坂本龍馬と桜:2009/04/05(日)祇園八坂神社~円山公園の桜 承前:高台寺の枝垂れ桜:20070402  祇園円山公園の枝垂れ桜や坂本龍馬・中岡慎太郎両先生の銅像をじっくり懐かしんだ一行四人は、一息ついて少し南の高台寺へ出かけることにしました。道道は人であふれていました。最後の目当て「高台寺・鍵善・くずきり」を途中見ておこうとして道を間違えながら、先に高台寺にた... [続きを読む]

受信: 2009年4月 6日 (月) 17時19分

« NHK天地人(14)上杉・武田、塩を送り黄金を贈る | トップページ | 白昼の高台寺枝垂れ桜:2009/04/05(日)高台寺桜 »