« 小説木幡記:2009/03/06(金)人生時間の変更→ 新世紀人生時間 | トップページ | 桜井・茶臼山古墳と纒向遺跡紀行(0)はじめに:初期・前方後円墳 »

2009年3月 8日 (日)

NHK天地人(10)春日山城本丸の占拠

承前:NHK天地人(09)草食性・妻夫木聡→変身→肉食性・直江兼続

 今夜の見どころは景虎の側近、遠山さんの顔つき目つき表情のすごさでした。NHKの「登場人物」には載っていませんが、他のネット記事では俳優は蛍雪次郎さんらしいです。脇役っていう立場は難しいわけですが、その脇役が独特の個性、雰囲気を出す映画やドラマ、そして小説は見応え、読み応えがあるものです。

 景虎をそそのかす遠山さんは北条の家臣だったわけですが、景虎が上杉謙信の人質(後に養子)になったとき付いて来たようです。お守(も)りでしょうか。一方、景勝さんをそそのかすのは兼続や与七のお父さん、樋口惣右衛門です。どちらも側近ですから、主人の利益をまず優先します。もちろん兼続主演のドラマですから、どうしても兼続の主人・景勝に分があって、結果的に惣右衛門さんのそそのかしは、遠山さんとは逆の印象を与えました。惣右衛門さんは<一生一代の大博打>というような云い方で、景勝が不同意のまま息子の兼続に本丸占拠を指導します。

 さらに見どころは、兼続が景勝説得に失敗したあと、惣右衛門(高嶋政伸)は兼続に本丸占拠を続行させ、自らは景勝の説得に行きます。そして、「手打ちにして下さい」と自分の脇差しを前に置いて、景勝に首を差し出す仕草をします。まだ若い景勝としては、側近兼続の父親、というよりも自分の亡き父の家臣にここまで迫られると、同意せざるを得ないでしょう。そして他方、景虎側も遠山は<景勝さまは無体なことをするお方ではありません。しかし側近の上田衆、兼続などはなにをしでかすか分かりません>と、耳打ちするわけです。ますます景虎は疑心暗鬼に追い込まれていきます。

 というわけで、今夜のまとめはお互いの謀略がどんどんエスカレートして行って、ついには行動に移るという、争いの普遍的な姿をコンパクトにまとめて演じてくれたとなります。一人一人の疑心暗鬼は一人一人が冷静に考えれば、それほど膨らまないわけですが、傍にいる信用する者達の言動によって、ついには後戻りできないことにまでなってしまいます。この場合の側近は、客観的にみるなら双方に一理あって、どちらが悪で善かなんて判断はできないわけです。惣右衛門さんは、遠山さんの小田原(北条)あての密書を横取りできたわけですが、そりゃ遠山さんにとって大切な景虎さんが人質養子のまま終わる瀬戸際ですから、北条家に相談するのは当たり前ですね。一方、上田衆としては他国からの養子よりも、もともと越後県人(笑)の景勝が後を継ぐのは当然ですから、それを確固としたものにするため本丸に一刻も先に入るのが、当たり前の事だったのでしょう。

 惣右衛門さんはもともと経済官僚として仕えていたからなのか、息子の兼続や与七に、本丸にある厖大な金こそが謙信の軍資金であり、これがあったからこそ越後の龍は連戦連勝だったことを正確に伝えます。謙信公は戦だけでなく、経済面でもきっちりお金を大切にした方なのだと伝えたわけです。<本丸の金蔵を嗣いだ者こそが、名実共に越後の後継者>と、言っておりました。

 さて来週は遂に乱が乱を呼び「御館の乱」となります。今夜の最後は、景虎が兼続を切ろうとしたところで終わりました。当たり前ですが、ここで兼続が景虎に手打ちになったら、ドラマが動かなくなります(笑)。

|

« 小説木幡記:2009/03/06(金)人生時間の変更→ 新世紀人生時間 | トップページ | 桜井・茶臼山古墳と纒向遺跡紀行(0)はじめに:初期・前方後円墳 »

NHK天地人」カテゴリの記事

コメント

度々失礼いたします
昨日の放送を見ていて、華姫、辛いだろうなぁ・・と思っていました。
こちらの記事を拝見して、もっと良く分かりました^^
Muさん、先生なのですね すごい。

原作読んでいて、初音が不思議だなぁ・・と思っていました

また次回楽しみにしています^^/

投稿: yuyu | 2009年3月16日 (月) 10時41分

YuYuさん、どうも
 NHK大河ドラマは数年来、毎週日曜の夜10時過ぎに感想文を書いています。ご笑覧ください。

 「先生」はこの国に代議士も含めて数十万人おるでしょう(笑)。「すごい」と言われるようなものではないですよ。
(「先生と、言われるほどの馬鹿じゃなし」、という言葉があるくらいです!)

 初音は、狂言回しというか、おやつの役割でしょうね。スジの通り進んでいたのでは、ドラマも飽きられますから。

ではまた

投稿: Mu→yuyu | 2009年3月16日 (月) 15時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/44282229

この記事へのトラックバック一覧です: NHK天地人(10)春日山城本丸の占拠:

» 天地人 第10回「二人の養子」 [あしたまにあーな]
一人の影響力絶大の武将が世の中を去るとき、その後に残される人たちは不安にかられ、そして跡取りになった人に対する不審は募るんですよね。上杉謙信という戦国時代にあって最強... [続きを読む]

受信: 2009年3月 9日 (月) 00時22分

» NHK天地人(11)御館の乱:跡目争い [MuBlog]
承前:NHK天地人(10)春日山城本丸の占拠 みんな鬼になった  兼続は、内紛の責任に悩みながらも景虎を討つことを決断します。鬼になって、と。  そのとき、兼続が鬼になるなら、私は夜叉になるとお船が言いました。後ろでそれをそっとみていたお船の夫は、二人の仲を気にしているようです。お船のお付きには「二人は従姉どうしだから気心がわかるのだろう」と、言ってはみましたが、暗い横顔が画面にアップされました。... [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 22時13分

« 小説木幡記:2009/03/06(金)人生時間の変更→ 新世紀人生時間 | トップページ | 桜井・茶臼山古墳と纒向遺跡紀行(0)はじめに:初期・前方後円墳 »