« 小説木幡記:2009/01/08(木)右か左か | トップページ | 小説葛野記:2009/01/10(土)仕事まっさかり »

2009年1月 9日 (金)

小説木幡記:2009/01/09(金)悪酔い日記

 正確に2004年3月5日(金)京都伏見の「黄桜」事件で、2003年次「葛野図書倶楽部2001」を送別して以来、余は外での酒量を極端に抑えてきた。要するに、乾杯に飲むビール、コップ一杯としてきた。
 なぜそうなったかは、今を去る五年前、2004年当夜の余は手洗いでぶっ倒れて、一番隊長2004が男子手洗いまで捜査し中に入り声を掛けるほどの失態だった。当然そのまま、2003年次ご隠居たちと親しく語らう間もなく、呼んでくれたタクシーに押し込められて、木幡に早々と帰還した。昨夜の事のように鮮烈に思い出される経験だった。早い話が、隣に座った「底なしザル」のご隠居に、ついほだされて原酒を「うまい、うまい」と飲んだあげくの生涯痛恨の失敗だった。

 さて今夜。伏見桃山「和こう」で復興カナーン96の新年会があった。過去の隆盛いまやなく、顔ぶれは橋本船長とツオイエ君だけとなってしまった。彼らもはや40代、出会った頃が20代だったから、牛タンをつつきながら、光陰切々と味わった。「時」は平等とはいいながら、早い、速すぎるなぁ。

 で、余はきっちり小ジョッキ一杯のビールに限定した。両名はそれぞれ大ジョッキ4杯を飲んでいるそばでのことだから、修行僧じみてくる。何を食し話したかは、もうよかろう(笑)。陰謀うずまく濁世を三人で悲憤慷慨していたと言えば、それにつきる。

 そうそうメモリーが馬鹿安になったとか、SSD(つまりシリコンディスク)が流行りになって、それでRAIDするのがかっこよいとか、~。いよよ、涼夏2009PCの出番じゃねぇ、とか。も、話したな。

 結論をのべよう。
 7時から始まって、丁度8時半ころに余は異変を感じだした。たった一杯の小ジョッキは既に8時頃(笑)空になっていた。動悸が高まり、座っているのが億劫になってきた。胸苦しさを味わいだした。昔の酒酔い、黄桜の夜を思い出し始めた。いろいろ手当てした。しかし結局9時に外に出て、ベンチに座った。ツオイエが茶を買ってくれた。船長が背中をさすってくれた。顔色が白くなったきた。冷や汗がでてきた。ツオイエがセータの上から「汗が滲んでいます」と話す声を聞いた~。

 9時10分に橋本船長の肩をかりてタクシーに乗った。9時20分に木幡に戻り、服を脱ぎ、そのまま床に入った。
 そこで、今夜の一番のトピックスがあった。
 余は、はっと気がついて背中のペッタン懐炉をはずした。すーっと、汗が引いていった。楽になった。10時にはごそごそ起きだして、茶を飲んだ。そして今、MuBlogを書いている。

 1.当夜の和こうは暖房が効いていた。満席で喧噪はなはだしかった。余は、喧噪に弱い蒲柳の質なり。
 2.寒さに対応してペッタン懐炉やセータや、ダウンジャケットやオーバーや、一杯着込んでいた。
 3.要するに、体温調整に余のホメオスタシス・システム(自動体調完備システム)が失敗したようだ。

 アルコールと喧噪と高温の部屋を出、余は大量の発汗をしたことで、わずか30分ほどで元に戻った。まだホメオスタシスが機能していることを実感した。しかし、悪環境要素が重なってくると、余は単純に変調をきたすことが、まざまざと分かった。いわゆる失神状態になるわけ(爆)。

 今後も宴会では、ビールコップ一杯を原酒じゃなかった、厳守しよう。小ジョッキも余の適量を超えていることが明確になった。人は幾つになっても、学習するものじゃ脳。長生きしよう、皆の衆。

|

« 小説木幡記:2009/01/08(木)右か左か | トップページ | 小説葛野記:2009/01/10(土)仕事まっさかり »

カナーン96」カテゴリの記事

小説木幡記」カテゴリの記事

葛野図書倶楽部2001」カテゴリの記事

コメント

風邪気味に酒は禁物

 私も過去、二回、急性アルコール中毒になり救急車で運ばれた経験があります。昔の話です。

 心臓が止まらなくなるという感覚で、血管が開いてしまい体温が急激に低下し、危険です。身体を暖めないと危ないですね。

 還暦を過ぎた人は、酒はたしなむレベルにしましょう。若ものに付き合わない方がいいですよ。

と、人には言いつつ、相変わらず飲んでいますが、最近の宴会では、ひと様から『お前、飲めんようになったんか?』と、言われる程ですよ。

 お互い、身体には気をつけましょうぞ。

投稿: jo | 2009年1月10日 (土) 12時20分

Joさん
 体温低下じゃなくて、少量のアルコールと高温で、体温調整が壊れかけたのが実情でした。
 いわゆる急性アルコール中毒とは異なりますね。
 物凄い、大量発汗で、なんとかこなしたようです。

 いずれにしても、外では飲まないのが、Muにとっては長生きのコツと、思いました。(笑)

投稿: Mu→Jo | 2009年1月10日 (土) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/43691645

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:2009/01/09(金)悪酔い日記:

» 小説木幡記:2011/01/22(土)復興C96会議録2011年冬 [MuBlog]
承前:小説木幡記:2009/01/09(金)悪酔い日記  昨夜は伏見大手筋の牛タン塩焼き屋(和こう)で旧カナン96(C96)の復興会議+懇親会を行った。が現実に集合したのは余とハシモト船長とツオイエの3人だけだった。ただし話のネタというか酒の肴には、仮想的に眼前に、旧リッツ、DJ、F山、Fまり、探検隊2名、UCバークレイ、結構です君、そして新潟ヨーダとオールスターで豪勢だった。話の結論として、新潟... [続きを読む]

受信: 2011年1月22日 (土) 10時51分

« 小説木幡記:2009/01/08(木)右か左か | トップページ | 小説葛野記:2009/01/10(土)仕事まっさかり »