« NHK篤姫(48)西郷隆盛と勝海舟 | トップページ | 小説木幡記:2008/12/02(火)師走の季節 »

2008年12月 1日 (月)

高台の図書館:鉄道図書館(4)下塗り(アクリル・クリア)

承前:高台の図書館:鉄道図書館(3)ジオラマの石膏固め

アクリル・クリア塗料で下塗り
Mu2img_1736

 今回は、透明水性塗料での下塗りです。先回の「石膏塗りたくり」ジオラマを指で触ると、白い粉が指に付くわけです。たとえば倶楽部の屯所に置いたところ、ある日隊員達が掃除をしたとき、案の定「キエーッ」と声が高く響きました。倶楽部経理局長が抱えて、どかそうとしたらしく、服のベルトあたりに白い粉がふいていたのです(笑)。

 叩きモデラーにも良心があって、これではならじとさっそく粉を押さえることにしました。材料はホームセンターで一缶800円程度のアクリル(水性)クリア艶消しスプレー缶にしました。専門雑誌を読むと、鉄道模型専用でないと、塗料のキメが荒いとのことでしたが、値段と量(420ml)を勘案し、一般用のモノを入手しました。私の場合、万事が手荒というか「形が分かればよい」の方針なので、どうしても安価なものに手がいきます。
(後日、少し大きめの「邪馬台国周遊図書館ジオラマ」の下塗りにも使おうと欲張った次第です)

クリア艶消し

No.04-01:水性スプレーと高台の図書館
No.04-02:大階段に注目

 塗り方は、スプレーをぶわーっと吹きかけるだけでした。30分ほどおいては、吹き付けて、結局三度塗ったことになります。乾いた後で、先回の石膏塗りの写真と見比べましたが、なんの変化もなかったです(笑)。ただし、粉は落ち着きました。
 次は、色つきのアクリル系塗料で、色塗りをすることになります。これもスプレーを使えば手軽ですが、NHKのTV趣味悠々(Nゲージ鉄道模型)を見ていると、薄い塗料を流すように刷毛塗りすると、適当に混ざり合って現実感のある大地になるようです。ですから以前入手したチューブ入りのアクリル塗料を使うことにします。

高台(3)←続く→高台(5)

|

« NHK篤姫(48)西郷隆盛と勝海舟 | トップページ | 小説木幡記:2008/12/02(火)師走の季節 »

N2高台の図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/43223801

この記事へのトラックバック一覧です: 高台の図書館:鉄道図書館(4)下塗り(アクリル・クリア):

» 高台の図書館:鉄道図書館(5)塗装と色粉(パウダー) [MuBlog]
承前:高台の図書館:鉄道図書館(4)下塗り(アクリル・クリア) 5-1:塗装の準備  ↑ひとけのない葛野の屯所を借り切って、模型工作の舞台としました。2008年師走も押し迫ったある日の夕方。暖房機が故障していて、室温は13度Cでしたが、厚く着込んでいたので気にならなかったのです。今回は、アクリル塗料(つまり、水溶性樹脂塗料)だけで、高台の図書館を色っぽくする工作でした。  「高台の図書館」は先回記... [続きを読む]

受信: 2008年12月29日 (月) 13時36分

« NHK篤姫(48)西郷隆盛と勝海舟 | トップページ | 小説木幡記:2008/12/02(火)師走の季節 »