« 小説木幡記:2008/11/07(金)自動車免許証と運転者識別 | トップページ | 小説木幡記:2008/11/09(日)死について考えた »

2008年11月 9日 (日)

小説:工作室/浅茅原竹毘古

 起き上がってドアに向かった。手をかけると簡単にドアが開いた。今日はオープンデイなんだろう。自由に部屋を出られる。
 久しぶりに廊下に出た。
 サングラスをポケットに探ったが、なかった。廊下の天井も床も壁も真っ白に光っていた。目を閉じてしばらく立ち止まった。うすら目を開けて光に慣らした。

 右だったか、左だったか。ぼくは分からなくなった。足が寒い。靴も靴下も着けていなかった。部屋に戻ろうとしたが、面倒なので止めた。もう一度戻ったら、今度はドアが開かない、と思った。左に進んだ。

 工作室、とぼくが呼んでいる大きな部屋はドアもなくて、廊下の突き当たりにあった。思い出した。一週間前だったはずだ。無人だった。一週間前にも無人だった。工作室を使うのはぼくだけだと、分かった。部屋の隅に決めたぼく専用のコーナーを目で追った。10mほど向こうにあった。そこだけ壁の色が濃紺で、埋め込まれたマメ電球かELが点滅していた。星のつもりで一ヶ月ほど前に作った装置だった。多分、そうなんだろう。はっきりと、思い出せない。

 「ドールハウスね」
 「ドールハウス?」
 「お人形の家とか部屋のこと」と、泉谷さんが言っていた。
 泉谷さんを工作室につれてきたことはなかった。ぼくがいつか話したとき、そう言われた。

 ぼくのコーナは作りかけだった。黒い樹木と細い道があって、森だとぼくにもわかる。それだけだった。家も部屋もなかった。なぜ、ドールハウス? ぼくは窓から森をみているだけで、外にでたことも森に入ったこともなかったはずだ。

 作りかけのコーナーは、ぼくの世界だ。けれど、なにかおかしい。欠けている。黒い森と白い道しかなかった。ぼくはコーナーに立って家や部屋を想像した。
「……」
 形がつかめなかったので、疲れた。コーナーの椅子に座った。また、夢をみた。

|

« 小説木幡記:2008/11/07(金)自動車免許証と運転者識別 | トップページ | 小説木幡記:2008/11/09(日)死について考えた »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小説:工作室/浅茅原竹毘古:

« 小説木幡記:2008/11/07(金)自動車免許証と運転者識別 | トップページ | 小説木幡記:2008/11/09(日)死について考えた »