« 小説葛野記:2008/11/29(土)列車記号化と分類手法 | トップページ | 高台の図書館:鉄道図書館(4)下塗り(アクリル・クリア) »

2008年11月30日 (日)

NHK篤姫(48)西郷隆盛と勝海舟

承前:NHK篤姫(47)西郷隆盛の江戸攻め

はじめに
 西郷南洲隆盛は薩摩藩の下級武士で、勝海舟も下層の御家人でした。大平の世なれば、お二人とも赤貧洗うがごとき生涯を過ごし、まして「歴史記述」には一行たりとも名前・存在が残らなかったことでしょう。

 そのお二人が、歴史に残る「江戸城無血開城」の談判役となったわけです。結果として徳川江戸幕府が崩壊し、江戸城を明け渡し、しかも江戸での市街戦がなかったことは、歴史の不思議であり、特筆に値することだと思います。徳川はこの時、軍艦を何隻も持ち、味方する大名もおりました。余力はあったわけです。しかしすでに徳川慶喜は朝敵とされ謹慎し、時の勢いからずれていたともいえます。

 西郷さんと勝さんとは、どのような話し合いをしたのでしょうか。それぞれは、後日に内容をもらし、研究者や関係者がいろいろ事情を分析しているでしょうが、このNHK篤姫ではどうだったのか、それが今夜の見どころとなりました。
 鍵は、天璋院篤姫の人を見る眼力と、最後まで人の情を信じる気質にあったと思いました。

勝海舟の当初案
 薩長の攻撃と同時に江戸八百八町に火を放ち、官軍に益するところなしと思わせる策でした。このことは英国公使の耳にもいれ、そこから薩摩に「徳川の覚悟」を届くようにしたわけです。
 しかしこれは、西郷さんに見破られました。

 勝も西郷も男性で、そして武士階級です。勝は徳川を守る戦士・御家人として、西郷は薩摩土着武士として育ったわけです。大平の世が続いても、「武士」として「勝ち抜く」という気力は旺盛だったと思います。ですから、勝海舟が考えた大江戸焼き討ち作戦は、それが恫喝であれ準備はしたわけですから、覚悟があったのでしょう。

 西欧ではフランスのナポレオンやドイツのヒットラーがロシアに侵攻したとき、ロシアでは村々を焼き払って奥地に逃亡しました。侵入した軍にとってロシアの大地は廃墟だったのです。
 江戸は当時世界有数の大都市であり、豊かな町でした。そこには富があり、人がいて、そのまま手に入れた者(官軍)には宝庫として、政治経済の中枢を得たことになります。しかし、焼け野原となった江戸には、荒涼とした武蔵国の大地があるだけです。
 この策には西郷も困ったでしょう。しかし、なお西郷は江戸攻めと徳川廃絶を譲りません。
 ……。
 歴史的事実として、勝は戦略戦術の理と利をとき、西郷は「うむ、わかりもうした。おいどんもおはんと同じ考えでござる。じゃっとん、徳川の廃絶なくば禍根を残す」と言ったのじゃないでしょうか(笑)。

西郷隆盛の考え
 京都にいる大久保さんや岩倉さんとの合意(約束)もあったでしょうが、後の禍根を断つという、歴史の教訓を守ろうとしたわけです。平氏は清盛が助命した頼朝、義経に滅ぼされます。室町幕府最後の将軍は諸大名の間を転々とし生き延びて、長生きします。天璋院篤姫時代から260年以前の豊臣家の場合、「物語」では、徳川から提示された一大名として豊家が残る案を淀君ら大坂方が蹴ったことになっています。そのために冬の陣、夏の陣で犠牲を出し、豊家は完全に滅亡します。

 徳川は歴史があり強大でしたから、官軍が勢いのあるうちに徳川家を廃絶しようとしたのは、異常な戦略ではなかったと言えます。かえって、無血開城し徳川が残ったのが特殊だったと思えます。西郷は、勝ち戦の中で徳川家を倒すことが最良の終戦と考えていました。

 しかし、島津斉彬の、篤姫あての手紙を勝海舟から見せられて、考えを変えました。おそらく、徳川という、そして日本という病人を、生きたまま治すことが大切だと思い至ったのでしょう。その転機が亡き斉彬の書状だったわけです。そこに何が書かれていたかよりも、篤姫を徳川に嫁がせた斉彬や当時の老中阿部正弘の遺訓、気持を西郷が思い出したのでしょう。つまり、融和です。婚姻は政略結婚という負のイメージを持ちますが、敵対する者同士の融和策でもあるわけです。

 西郷は島津斉彬に育てられ、下級武士から藩政の動きを見る立場にまで引き上げられた過去を持ちます。その大恩ある斉彬の手紙を、当の篤姫から渡されたのですから、西郷は目から鱗がおちたのだと思いました。小松帯刀も京で西郷の報告にうなずき、「恨みの上に作った新政府は、恨みによって壊れる」という意味のことを申します。日本国の維新、あらたな中興を果たすには、融和しかないと私も思いました。

まとめ
 西郷南洲隆盛は事実、大人だったのだと思います。大人は策を弄しますが、策は多様であり、一つに拘泥するわけではありません。勝海舟がドラマで言った「無策の策」は、実は西郷さんの気持だったのだと思います。諦念の中で「江戸城総攻撃」を、時の流れとともに岩倉や大久保の気持ちに合わせたのでしょう。勝海舟は聡明な、洞察力のある人でしたから、そういう西郷南洲のことがよくわかったのだと思います。
 そして、天璋院は西郷が情理に厚い大人であることを知っていました。だから、亡き父島津斉彬の思いがこもった手紙を南洲に読ませたのでしょう。西郷は策を如何様にもとることの出来る大人です。篤姫は、西郷南洲に「もう一つの道」を歩ませるきっかけを見付け、示唆したのです。西郷南洲はそれに応えたわけです。

|

« 小説葛野記:2008/11/29(土)列車記号化と分類手法 | トップページ | 高台の図書館:鉄道図書館(4)下塗り(アクリル・クリア) »

NHK篤姫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK篤姫(48)西郷隆盛と勝海舟:

» 篤姫#48 [MEICHIKUえんため・ぶろぐ]
今回の物語は、江戸城明け渡しであるが、それ以上に、家定と斉彬が姿を見せてことがメインとなった終盤の物語でした。前回に再登場した幾島といい、大詰め間近というところで懐かしいキャラクターが再登場するということで、史実よりも人を大事にしている本作はやっぱり違い..... [続きを読む]

受信: 2008年11月30日 (日) 22時13分

» 篤姫 第48回「無血開城」! [バレルオーク日記]
<ふとか男!>「天璋院様ともこれが誠のお別れになるやもしれません」何かの縁で幾島と再会できたのだから、また会えるかもしれません。「江戸城内に火をはなつ」勝の嘘は西郷さんにはお見通しでした。『斉彬』この文字を見たとたん、西郷さんの表情が変わりました。「こ...... [続きを読む]

受信: 2008年11月30日 (日) 23時15分

» 忠臣二君に仕えず!! [函館 Glass Life]
いよいよ官軍が江戸に入りましたね{/baikin_1/} 何とか戦を避けようとする勝と天璋院。 いよいよ無策こそ最上の策の実行の時ですね{/hiyo_do/} 勝の云う江戸を焼け野原にして官軍の総攻撃を阻むと云うの は最悪の事態を考えた勝らしい策なのです。 焼け野原になった江戸から官軍は何も得るものはありません{/etc_fire/} イギリスを通してこの情報を流し江戸総攻撃を中止すべく考 えていた様ですが、西郷は勝の策略は見通していましたね{/cat_6/} 勝は実際に町火消しを手配したり、... [続きを読む]

受信: 2008年12月 1日 (月) 13時10分

» 篤姫 第48回 「無血開城」 [青いblog]
家定が出てきたところはさすがに良かった。 感動したなー。 美しく、元気な上様だった。 家定は篤姫をらしくないと慰め、残したいのは徳川の心、城では [続きを読む]

受信: 2008年12月 1日 (月) 22時55分

» 篤姫・第48話 [ブルー・カフェ]
篤姫 完結編 (4) (NHK大河ドラマ・ストーリー)宮尾 登美子,田渕 久美子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る ついに「江戸無血開城」このドラマのクライマックス中クライマックスですよね・・・のわりに淡々とした話の運びでしたね。 「大奥」という制限された場所からの目線ですから仕方ないのかも知れませんが(それにしてももう少し・・・)それでもやはり「あの方」が登場した時には涙なくして見られなった篤姫第48話でございます。 【慶応四年三月】 いよいよ「江戸総攻撃」が差し迫った夜。幕府のイヌ・勝海... [続きを読む]

受信: 2008年12月 2日 (火) 08時00分

» NHK篤姫(49)さらば大奥 [MuBlog]
承前:NHK篤姫(48)西郷隆盛と勝海舟 さらばの前置き  今夜は49回目でした。昨年に引き続き50回まであるようなので、今夜「さらば」と記すのは変にも思えますが、気持ちの上では大奥の隅々まで眺めることは、もう無いことですから、「さらば」でよいでしょう。  私はこの五年間に、「新選組!!」、「義経」、「功名が辻」、「風林火山」、そして「篤姫」と見てまいりましたが、それぞれが異なった味わいだったので... [続きを読む]

受信: 2008年12月 7日 (日) 21時45分

» 西郷さん、超高圧ジェット水流で涼 [ローカルニュースの旅]
鹿児島空港を離発着する飛行機を眺めるように立つ西郷隆盛銅像の水洗いが行われた。高さ10.5メートル、重さ30トンは歴史上実在した人物像としては日本一大きな銅像とされる。 [続きを読む]

受信: 2010年8月29日 (日) 11時36分

« 小説葛野記:2008/11/29(土)列車記号化と分類手法 | トップページ | 高台の図書館:鉄道図書館(4)下塗り(アクリル・クリア) »