« ヒストリー・オブ・バイオレンス/デイヴィッド・クローネンバーグ監督(映画) | トップページ | 昭和の鉄道模型をつくる(34)洋館付き和風住宅 »

2008年11月16日 (日)

NHK篤姫(46)最後の将軍・徳川慶喜

承前:NHK篤姫(45)実家か大奥か

鑑賞前
 今夜は錦旗を前にして、新選組や会津藩を見捨てて敵前逃亡した最後の将軍徳川慶喜さんの出番です。明治になっても天璋院篤姫は慶喜を許さなかったという話を原作で覚えていますが、さてドラマではどう描かれたのでしょう。

 最初に思ったのは、慶喜の出自です。彼は養子に行って一橋慶喜となったわけですが、実は水戸の出身です。御三家水戸と言えば、水戸光圀以来るいるいと大日本史を編纂刊行してきたお家です。いわば、尊皇思想の源流だったわけです。

 幼少期の教育は、烈公と言われた父親水戸斉昭の薫陶もあり、尊皇が身に染みついていたのではないでしょうか。明治以降の話題を目にすると相当な趣味人、知識・知性人だったようなので、秀才だった可能性は高いです。そして、秀才であっても幼少期の影響は長く底流にあり、錦旗を相手に振られたとき、恐怖に近い気持ちがわきあがってしまい、大坂城を死守することも、艦隊を使うことも、新選組や会津を使うことも、すべて頭の中が真っ白になったのだと思います。

 おそらくパニックになり、知性の人であっても禁忌(錦の御旗)の呪術に巻き込まれた結果が、敵前逃亡だったと思いました。系図をみると、朝廷と慶喜は縁戚関係でもあり、いろいろ忖度すると、しかたなかったとも言えましょう。

(たとえば、室町幕府開府の足利尊氏は、後醍醐天皇を攻めるたびに強鬱になって引きこもった形跡があります。北朝をバックにする工夫の結果、朝敵という概念は無くなるわけですが、後醍醐天皇の冥福を祈って天龍寺を作ったくらいですから、源家の流れを引く足利氏にとっても、守るべき天皇を討つということは、なまなかなことではなかったはずです)

 対するに天璋院篤姫。
 逃亡帰還した彼にどう対峙したのか。

 ↑と、以上を午後すぐにメモしていたわけですが、今夜のNHK篤姫は、慶喜自身が水戸の出であった故に逃亡したと、勝海舟にもらします。

鑑賞後
 結論からもうしますと、今夜の第46回は、篤姫の聡明さ、英明さ、心の軸の置き場所、すべてにおいて感涙に近いものがありました。徳川から見れば、外様大名の分家の娘、見くびられても当然の「女」だったわけですが、今夜ほどその「女」の強さを味わったのは稀なことでした。

 天璋院は、慶喜に最後にこういう意味のことを伝えました。
<あなたは、聡明な方です。ですから、朝敵となって、戦になって、人々が死に、徳川が滅びていくのが、すべて見えてしまったのです>と。
 その前にはこう言う意味のことも言いました。
<あなたの首を差し出すことで、あなたは潔い死と思うかも知れないが、残されたわたしたちは、主君を殺して家を守ったと、生きる値うちも感じられない余生をおくるのです。その時の徳川は、屍同然です>

 さらに篤姫は慶喜にきっぱり言いました。「生きて、生き恥をさらしなさい」と。

 私は、篤姫を演じた女優のオーラ、威厳をあじわいながらも、同時に誇り高い慶喜のことも考えていました。
 慶喜が軍艦奉行とはいえ、幕臣にすぎない勝海舟に相談したのが伏線の一つでした。この段階で、聡明な慶喜は、勝の人物を把握していたと思います。一旦は謹慎していた勝を奉行に戻したのは慶喜ではなくて、若き家茂でした。しかしその後、慶喜はどこかで勝海舟の力を知ったのだと思います。江戸と大坂の軍艦乗船時だったのでしょうか? 「見える人」だからこそ相談したのでしょう。愚鈍な人なら、一介の勝奉行に相談するようなことはしなかったはずです。

 その勝が「会うべき人は、頼るべき人は、天璋院さまです」と慶喜に言いました。もちろん、慶喜は素直には聞き入れず「何故」と問い返します。天璋院を侮る気持ちが充分にあったわけです。しかし、慶喜は侮りの気持ちをもっていたにも関わらず、天璋院に面会を申し込みます。なぜなのか? やはり腐っても鯛といいましょうか、腐っても聡明である故に事態を把握した慶喜は、藁にすがる気持ちと同じ分、勝の言葉を信じたのだと思います。

 ……。
 と、書き連ねるのは止めておきましょう。「人間」という総称をもった聡明な「女」天璋院篤姫さまのことを、じっくり噛みしめたいとおもったのです。聡明であることを、人を動かす「力」に変えた女性だったのだと思います。

 まとめてみると。
 慶喜さん、あなたは私をあなどっている。しかし、私はあなたを謹慎させ、和宮さんと一緒に朝廷に嘆願書までだして、命かけて守る。理由は、あなたが徳川の家族だからです。
 あなたは、権力者の頂点に立つ将軍として、孤独だったのです。その孤独は、大奥千人の女の頂点に立つ私でも味わったことです。まして天下の上に立つあなたの孤独の苦(にが)さは、他と比較できないものです。
 私は、夫の家定も、息子の家茂も、その孤独に耐えて若く死んだのをそばで見てまいりました。だから、慶喜さん、あなたは生き恥晒してでも、その二人分生き抜いていくべきなのです。

 こういう、スジの通った考えをきっちり表現した天璋院篤姫、そしてそれを演じきった宮崎あおい。そしてそばにいた和宮・静寛院(堀北真希)、さらに慶喜(平岳大)。今夜のこの三人の出合は出色のものでありました。NHK大河ドラマは、結局これだから、見ないわけにはまいりません(笑)。

追伸
 勝海舟は、戦わずして薩長に勝つ方法を、天璋院にすら「ナイショ」と言っていました。無策が最良の策とは、はて、いかなることに来週以降あいなりましょうか。それにしても、あと47、48、40、50回を残すだけになりました。

|

« ヒストリー・オブ・バイオレンス/デイヴィッド・クローネンバーグ監督(映画) | トップページ | 昭和の鉄道模型をつくる(34)洋館付き和風住宅 »

NHK篤姫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK篤姫(46)最後の将軍・徳川慶喜:

» 篤姫#46 [MEICHIKUえんため・ぶろぐ]
戊辰戦争の火ぶたが切って落とされた物語だったが、戦に関しては完全に語りで済ませたため、何だかんだでホームドラマという形は死守されましたね。そして、それぞれポジションもしっかりと守られていたので、本当に慶応4年(=明治元年)ということを完全に忘れさせてくれる..... [続きを読む]

受信: 2008年11月16日 (日) 21時52分

» 勝てば官軍!! [函館 Glass Life]
坂本龍馬が暗殺されてからタガが外れた感じですね{/cat_6/} 特に西郷隆盛は討幕に向けて一心不乱に突き進む覚 悟の様です。 何かにとり付かれた感じです{/baikin_1/} いよいよ鳥羽伏見の戦いが始まりました{/v/} 戊辰戦争の最初の戦いです。 賊軍となった幕府軍に勝ち目は無かった様ですね{/kuri_5/} まさか錦の御旗を薩長軍が掲げるとは?? 幕府軍は予想だにしなかった筈です{/cat_5/} 第一幕は完全に薩長軍の勝ちです。 勝てば官軍と云う言葉がありますが、勝ちさえすれ ば戦局... [続きを読む]

受信: 2008年11月17日 (月) 11時57分

» 大河ドラマ:篤姫第46話「慶喜救出」 [山南飛龍の徒然日記]
天璋院と慶喜の対決が見所の回でしたね。鳥羽伏見の戦いに敗れ、ひっそりと江戸へ戻ってきた慶喜。慶喜が頼ったのは勝海舟その人。しかし、その勝が勧めたのが天璋院。そして、ついに2人は対面することに・・・大まかな流れはこんな感じでしたが、久々に天璋院の器の大き...... [続きを読む]

受信: 2008年11月17日 (月) 19時35分

» 篤姫・第46話 [ブルー・カフェ]
篤姫 完結編 (4) (NHK大河ドラマ・ストーリー)宮尾 登美子,田渕 久美子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る 遂に戊辰戦争の発端となる鳥羽伏見の戦いです。しかし、このドラマは「大奥目線」なのであくまでも「聞いた話によると」な扱いでしたねぇ・・・う〜〜ん{/m_0162/} 「このネタだけでドラマひとつ作れちゃう!」っていう歴史的なエピソードも「アッサリサッパリ流しちゃう♪」というスタンスを貫く辺り頭が下がります。 すべては「天璋院マジック」の成せる技!遂に「悪徳将軍慶喜も改心!?」という... [続きを読む]

受信: 2008年11月17日 (月) 22時03分

» NHK大河ドラマ「篤姫」第46話「慶喜救出」 [優しい世界~我が心に迷いあり(β)]
慶喜、狙い打つぜ! というわけで、錦の御旗を見てビビり、大阪城から逃げ帰った慶喜に、天璋院さまがキツーいお説教でごわすw。 別冊歴史読本 天璋院篤姫ガイドブック (別冊歴史読本 14) ¥1,575 Amazon.co.jp <ちょっとしたまとめ> 大奥はまたもや大混乱... [続きを読む]

受信: 2008年11月17日 (月) 22時43分

» NHK篤姫(47)西郷隆盛の江戸攻め [MuBlog]
承前:NHK篤姫(46)最後の将軍・徳川慶喜  見終わって今夜のドラマは難しいと思いました。  現代人の多くが、幕府のあった江戸城は薩長軍(官軍)に無血開城し、大奥は解体し、徳川慶喜は明治時代まで生き残り、公爵という、貴族で最上の爵位をうけ天寿を全うしたと知っていますが、この幕末の江戸城や、官軍陣地や朝廷では、だれも明確なことは分かっていなかったはずです。  朝廷への、徳川慶喜の嘆願書は、天璋院篤... [続きを読む]

受信: 2008年11月24日 (月) 04時55分

« ヒストリー・オブ・バイオレンス/デイヴィッド・クローネンバーグ監督(映画) | トップページ | 昭和の鉄道模型をつくる(34)洋館付き和風住宅 »