« 小説葛野記:2008/09/15(月)敬老してください、と言ったわけじゃないが | トップページ | 六十六万アクセス(66万/全体114万):MuBlogの分析 »

2008年9月17日 (水)

国鉄時代のレールバス:キハ02形レールバス(TOMIX)

Mu067

承前:小説木幡記:2008/09/06(土)高台の図書館そして職場人生(注:この承前記事は、写真だけ関係していますpass

昔のレールバス
 以前から木幡研では「高台の図書館駅」を作っていますが、一向にすすみません。原因はジオラマを全方位から眺めて、それぞれに趣があるように考えてきたのですが~無理、ですねぇ。目玉の「前方後円墳苑地公園」を見下ろす「高台の図書館駅結構」はうまくいきそうですが、それ以外が難しい。それと、どうしても読書の秋、工作よりもついちょっと小説やDVDに手が出てしまいます。と、泣き言は止めましょう。

 さて、巻頭の写真、右側のちっこい車両に注目してください。私は勝手に「亀バス」と名付けました。調べてみると、旧国鉄時代の「キハ02形レールバス」と分かりました。入手した動機は、他の機関車や客車に比べて、ものすごく小さくて、田舎っぽくて、レトロに見えたからです。

 私が考える図書館列車は、現代都会に用をなすよりも、図書館もないような山奥や、不便な所、総称して田舎(いなか)向けなのです。なぜそうなのかは、年齢や回想や、紙印刷物(プリンテッド・マター)やらが混じり合って、そういう結果が出たのだと思います。
 しかし理屈は、今朝は止めておきましょう。

 一目みて、この亀バスが実に田舎の情景にあうのじゃなかろうか、と思ったわけです。ディーゼルで、単線をとろとろ走る、駅とも言えないようなバス停みたいな無人駅で、止まる。もちろん利便性、足の便がもっとも大切だと思うのですが、館としての移動図書館を未来に想定するなら、このゆったり、まったり、少々ゆるいような雰囲気がものすごく合うのじゃないかと、心から思ったのです。

 高台の図書館にはまだ、現代風が入っていますが、将来純田舎(例えば、広島や岡山の山奥用)風図書館を造るときは、主図書館列車にしてみたいです。

Nゲージ模型の使用感
 諸元はTOMIXのケースに詳細がなかったので、調べてみました。
 ものすごく簡単にいうと、これはバスが鉄路を走ったと考えてよいでしょう。1950年代まだ戦後すぐですね、当時の国鉄総裁がドイツでみかけ感動し、日本風のレールバスを実現するに至ったらしいです。
 大きさが10mの長さで、高さは3mと、現在の二階建てバスよりも小さいです。エンジンや制御装置もすべてバスから転用したそうです。トラックに乗っている普通のディーゼルエンジンなんですね。

 このNゲージ模型もそれなりの由緒があるようです。
 TOMIXは何度か製品化したわけですが、最初のころは、この小ささにみんなが驚いたようです。左側にある現代の電気機関車金太郎と見比べて下さい。これくらい小さいと技術的に、滑らかな走行が難しいわけです。

 私なりの感想では「よくまあ、こんなちっこい亀を、すいすい走らせたものよ」です。車輪が2軸というのは、集電(レールから電気をとる)とか、急坂にものすごい弱点が出るのです。左側の金太郎君は、モータは一個でも、8軸の車輪が全部動輪となっていて、8軸全部から集電できるので、途中でカックン、ギッコン、しないわけです。

 亀君がなぜ、こんな制限のなかで、Mu流急坂急カーブを順調にすいすい走るかの謎は? ウェイトにあると想像しました。重りですね。でっかいのが車体に搭載されていて、レールをきっちり押さえ込んでいるのです。それと、連結部分の自由度が高くて、お互いの列車干渉が少ないから、滑らかに走るわけです。

付記
 写真の金太郎(EH500)やミニ金太郎(ED79-100)用には、図書館列車として、現在KATOの食堂車(5065)「オシ17」を改造しています。これは平屋の屋根付き、ごく普通の昔の食堂車なのですが、40人が着席できるテーブルや、厨房室があって、図書館列車に転用するのが非常に楽なタイプです。そのうち、ご披露します(taurus)。

 またものすごい力持ち機関車、金太郎やミニ金については、後日詳細をレポートします。ともかく、現代のNゲージ模型がどれほど精密果敢な走りをみせるか、それは実際に経験してみると目点になり、驚愕します。ただし、Mu流のレトロっぽい図書館ジオラマに、どうフィットさせるかは宿題ですね。(山奥田舎が電化されているのでしょうかfish

写真:亀、金太郎、ミニ金太郎

亀と金太郎
キハ02形レールバス、ED79-100形電気機関車
JR EH500形電気機関車(2次形・GPS付)

参考
  国鉄キハ01系気動車(ウィキペディア)

|

« 小説葛野記:2008/09/15(月)敬老してください、と言ったわけじゃないが | トップページ | 六十六万アクセス(66万/全体114万):MuBlogの分析 »

N2高台の図書館」カテゴリの記事

自作鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/42501048

この記事へのトラックバック一覧です: 国鉄時代のレールバス:キハ02形レールバス(TOMIX):

» 高台の図書館:鉄道図書館(2)試験走行→DD51+ED790(Nゲージ) [MuBlog]
承前:高台の図書館:鉄道図書館(1)基盤 参考:国鉄時代のレールバス:キハ02形レールバス(TOMIX) Nゲージ小型・机上ジオラマ  小型ジオラマを机上で運用する利点は、持ち運びが可能なので、私のような教員にとっては一般教室に簡単に移動できることが第一にある。もともとベニヤ板と発泡スチロールが主体なので軽い。他には、スペースを気楽に使える。運転するのも、造るのも、かたづけるのも30X60センチ程... [続きを読む]

受信: 2008年9月28日 (日) 12時00分

« 小説葛野記:2008/09/15(月)敬老してください、と言ったわけじゃないが | トップページ | 六十六万アクセス(66万/全体114万):MuBlogの分析 »