« 小説木幡記:2008/08/06(水)ガソリン | トップページ | 小説葛野記:2008/08/08(金)今日はoff日なのだ »

2008年8月 7日 (木)

小説木幡記:2008/08/07(木)夏期のMu

 なにかと、快調といえば快調で、嬉しい。
 それだけ、日々障害があったということだろう。心身のうち、身はよく眠れるし食事もおいしい。
 心は、なんというか、いつもの通りで、狂乱といえば狂乱、静逸なりといえばそうも言える。何十年来同居してきたが、余の「心」は実に興趣があって、おもしろいのう。曇空であり、碧空であり、さらに鏡面。身だけでなく、心までよく眠れる。

 『日本の美術史』、その用語15000件まで調べ終わった。あと、同数ある。「上ノ郷」とか「滝ノ倉社」とか、本筋の美術史とは、ずれもするが、重要用語なので神経を尖らせている。

 「邪馬台国周遊図書館列車ジオラマ」教材製作は快調に進んでおる。ただしレイアウトの無駄がいくつかあったので、ポイントを外して再整理しだした。どの図書館列車も快調に頂上まで行き、かつ戻る。

 今朝は朝顔を写真にとった。仕上がりはまだ見ていない。明日にでも見てみよう。
 今夜は「貝焼き」と思っていたら、煮魚だった。これもぷりぷりして、梅と煮込んだのが味を引き立てていた。

 そろそろ2008年8月7日の深夜になった。
 明日は? 明日の風が吹き、日が照る。日々、生きようぞ。

|

« 小説木幡記:2008/08/06(水)ガソリン | トップページ | 小説葛野記:2008/08/08(金)今日はoff日なのだ »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/42100482

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:2008/08/07(木)夏期のMu:

« 小説木幡記:2008/08/06(水)ガソリン | トップページ | 小説葛野記:2008/08/08(金)今日はoff日なのだ »