« 小説木幡記:2008/06/21(土)地図の蠱惑 | トップページ | 昭和の鉄道模型をつくる(29) 米山写真館 »

2008年6月22日 (日)

NHK篤姫(25)愛憎とプライド

承前:NHK篤姫(24)篤姫の頓知

 今夜の篤姫は二つのプライドが描かれていました。
 久しぶりに、男社会を先にしるしてみます。

西郷どんと大久保正助どん
 何かのことで(覚えていない)、西郷ドンと大久保正助(明治の元勲・絶対権力者・大久保利通(としみち))は薩摩を出て肥後熊本に行き、西郷ドンはそこの御家老と面談する。大久保も同席し、江戸でハリスが将軍に会った話題が出る。しかし、話の途中で、家老は西郷ドンに目配せし、大久保の退席を求めた。「ここまで」と言った。
 つまり家老は西郷ドンだけにナイショ話を始めたのだろう。
 多分、斉彬の意向を肥後藩家老を通して、西郷の耳に入れたのだろう。

 大久保は、凄惨な顔つきで座敷を出た。翌朝、西郷ドンは江戸、自分は薩摩に帰る別れ際、大久保は笑顔を見せたが、自宅に帰って母親に言った言葉は、「鬼になる」だった。そして母(すぐに由布姫に見えてしまう)は言う、「それなら、わたしは鬼の母になる」と。

 大久保利通は、その後もずっと西郷ドンと行をともにするが、時々別の道を歩いている。……。それを記すゆとりもないが、大久保は近代明治国家で最初の、内務省を設立し、警察権と産業とを掌握し、政治史上でも指折りの切れ者、改革と穏やかな政治進展、しかし鉄の規律、絶対権力を持つに至る。
 西南の役(えき)では、西郷ドンが隠退した薩摩を鎮圧した。西郷ドンは自刃した。後日、大久保も暗殺される~。

 大久保正助どんが鬼になるとは、なんの事だったのだろう。盟友西郷よりもぐっと下役に見られた事への、男のプライドを傷つけた世間に対して、鬼になったのか。あるいは盟友西郷どんへの、底知れない鬼の感情だったのだろうか。まだわからない。しかし、後日明治の元勲として、最高権力者になる冷徹さへの伏線は、今夜張られた。

次に、大奥。おんな達の愛憎
 愛と憎しみは紙一重。表裏の関係。憎む内は愛もある。愛する内は憎しみもある。
 とかくこの世は難しい。
 篤姫が可憐だった。未だ肌も交えない家定を恋慕う乙女が描かれていた。これは不思議な情景でもあった。そういうものなんだろう、とも思った。
 しかしそれは要するに、家定が周りの思惑を払いのけて、突然篤姫の寝所に躍り込み、「そなたとは、気が合うな~」といった、それが真実なのでしょう。

 家定の母、本寿院はなにがなんでも一橋派の篤姫を、息子の将軍に合わせたくなかった。本寿院は、一橋慶喜が次期将軍になれば、大奥は解体し、自分も部下達も路頭に迷うと本気で心配し、かつ、その心配をよそに家定が篤姫を求めるのを、そして自分の前で頭を垂れる篤姫を、愛憎一つになって責めたてた。家定は、そういう母にかしこまって、「これまで母上の庇護で私は将軍になった。~しかし、私はもう大人なのです」と、言い切った。

 さて、問題は篤姫の身代わり同然にされた「志賀」の気持だった。本寿院は滝山を通して、家定に毎夜志賀を差し向けた。家定はだんだん不満たらたらの表情を見せ始めた。
 それを見る志賀の心、あはれ!

今夜のまとめ
 というわけで、すべてがハッピーではなかったのですね。大久保さんは、プライドが傷つき、篤姫は長期間、義母から家定に逢うことを禁じられました。そして側室志賀は、本当は、プライドが傷つくくらいではなかったはずです。悲しみと、なにかへの憎しみも生まれてきそうです。
 人と人との交わりは、そして男女の交わりは、どこにいても、いつの時代にも、難しいことが多いのですねぇ。
 で、「篤姫」。
 政治と愛情と、この二つをどのように描いていくのでしょう。楽しみです。

|

« 小説木幡記:2008/06/21(土)地図の蠱惑 | トップページ | 昭和の鉄道模型をつくる(29) 米山写真館 »

NHK篤姫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK篤姫(25)愛憎とプライド:

» 篤姫#25 [MEICHIKUえんため・ぶろぐ]
今週のBS-hiはいつもより1時間繰り上がって、17時からの放送でした。今回で丁度半分ということになったが、相変わらずの展開ですね。が、今回は少し作風が変わってました。 今回は、篤姫と本寿院の嫁姑バトルをメインとして進んで行くが、この「バトル」ということに重ね合..... [続きを読む]

受信: 2008年6月22日 (日) 22時26分

» 家定の初恋!! [函館 Glass Life]
人は、会えないと思えば思うほど会いたくなるものなのですね{/m_0139/} それが恋心なのでしょうか{/fuki_suki/} 食べ物も喉を通らないほど家定に対する思いが募って来るとは… 篤姫も家定を愛し始めた自分にようやく気付いたのです。 間違いなく、篤姫の初恋でしょうね{/hiyo_uru/} 家定が突然倒れました。 それも篤姫のせいだと云う本寿院、ダメ姑の典型になってしま いましたね。 一方の当事者・家定も一人の男としての自覚が出てきた様です。 生母・本寿院に感謝はしつつも篤姫を愛し始めた... [続きを読む]

受信: 2008年6月23日 (月) 07時16分

» 篤姫・第25話 [ブルー・カフェ]
NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)宮尾 登美子,田渕 久美子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る 篤姫第25話でございます。先週は第1回 幕末薄っすい知識倶楽部「徳川 家定/人物編」を開催させて頂きました。みなさまお忙しい中、ご参加いただきありがとうございました。次回の開催は「カステラ将軍」が身罷われた時に「追悼企画」を執り行いたいと思います。みなさまご参加の程、宜しくお願い致します{/dogeza/} 【あらすじ】 『家定(堺雅人)が倒れた。幸い大事は... [続きを読む]

受信: 2008年6月23日 (月) 08時52分

» 大河ドラマ:篤姫第25話「母の愛憎」 [山南飛龍の徒然日記]
何気に凄い回でしたねぇ。というか、どこから突っ込んだら良いものやら(;´▽`A``本寿院と篤姫との嫁姑問題とか、篤姫と家定様のラブコメとか、家定様と本寿院との親子の絆とか、西郷と大久保との間に流れる微妙な空気とか、大久保親子の鬼と鬼の母宣言とか・・・見所じ...... [続きを読む]

受信: 2008年6月23日 (月) 09時13分

» 篤姫 第25回「母の愛憎」! [バレルオーク日記]
<御台所&公方様!>今日は、BS-hiで5時から放送していたので、あわてて見てしまいました。「御台は、ど・こ・じゃ〜」と叫びながら、2度目に倒れたのは明らかに公方様のお芝居だったのですが、最初に倒れたときの原因は?何度も毒を盛られて、既に体はボロボロと言う...... [続きを読む]

受信: 2008年6月23日 (月) 18時08分

» 篤姫(6月22日) [今日感]
篤姫が幾島の迫力におされて慶喜推挙を働きかければかけるほど、篤姫の予期せぬかたちで篤姫と本寿院の亀裂が一方的に深まり、家定が慶喜と会えば会うほど、家定は慶喜を良しとしなくなるという負のスパイラル。... [続きを読む]

受信: 2008年6月24日 (火) 12時09分

» NHK篤姫(26)篤姫の決意 [MuBlog]
承前:NHK篤姫(25)愛憎とプライド  普段よりも多くの役柄が現れたので、おもしろく見たわりには、全体を描きにくい夜でした。  いちいち記しませんが、僧の月照は後日に西郷と縁が深くなる。近衛さんだけじゃなく、九条さんも出てきました。  篤姫は、一橋慶喜を家定に、なお推挙し、家定から「そちだけは、信用できる女と思っていたのだが」と、キツイ反応を見てしまった。島津斉彬が幕府に建白書を出した内容は、開... [続きを読む]

受信: 2008年6月30日 (月) 04時59分

« 小説木幡記:2008/06/21(土)地図の蠱惑 | トップページ | 昭和の鉄道模型をつくる(29) 米山写真館 »