« 小説木幡記:2008/06/14(土)徒然に | トップページ | 小説木幡記:2008/06/17(火)今朝の感動・森KY話 »

2008年6月15日 (日)

NHK篤姫(24)篤姫の頓知

承前:NHK篤姫(23)慶福(よしとみ)と慶喜(よしのぶ)

 今夜は異国人に会うことを嫌う家定に篤姫が智慧を授けた。立礼をおしつけるハリスに、畳を十枚ほど積み上げ、その上に椅子を置き、征夷大将軍徳川家定が座る趣向だった。策は当たった。

 しかし、篤姫が、一橋慶喜の同席を将軍に依頼したことが、姑・本寿院にもれて、篤姫は彼女から折檻(笑)を受けてしまった。

 家定は篤姫に「わしのカンじゃ。慶喜は国を、徳川を見守る気持がない」 だから、ますます嫌いになったと本心を告げた。あくまでドラマのことだが、慶喜は聡明であっても、すべてのことを他人事とすませる冷血漢だったのだろう。君主の器ではない。自分自身の安逸以外は、じゃまくさい、どうでもよい、と思った人かも知れない。と、ドラマでは描かれ始めた。と、それほど慶喜役はうまく演じていた。そう言えば、新選組!!! での慶喜役もはまり役だったなぁ。

 篤姫と家定は、開国攘夷について今夜は核心にふれることを相談しあった。家定は、篤姫に男勝りの政治感覚を発見した。篤姫が朝廷の動向を家定に示唆し、時の天皇が開国を嫌っていることを匂わしたからだろう。

 ところで。
 篤姫、今夜も魅入ったが、篤姫のおとめ姿からの脱皮は夏頃までかかるだろう。上手な雰囲気だが、物語の進展上、まだ少女らしい底抜けの明るさが見え隠れする。黒雲に包まれたとき、智慧と勇気と根性で、それを切り開いていく成熟の過程に、篤姫の面白さが倍加することだろう。

追伸
 将軍のお渡りが途絶えた側室お志賀さんの暗鬱がよかった。折り紙の鶴を数百(現在500以上、千まで作るらしい)座敷にならべ、家定を恋うる姿が鬼気迫っていた。

|

« 小説木幡記:2008/06/14(土)徒然に | トップページ | 小説木幡記:2008/06/17(火)今朝の感動・森KY話 »

NHK篤姫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK篤姫(24)篤姫の頓知:

» 篤姫#24 [MEICHIKUえんため・ぶろぐ]
激動の幕末なのに、相変わらずの展開で進んで行く。家定と篤姫は夫婦であるが、まだ夫婦ではなく「おともだち」と言った感じがするが、これが少しは「めおと」に近づこうとしてきました。でも、篤姫は「夫」と思っているが、家定は「妻」というよりも重臣のように思うように..... [続きを読む]

受信: 2008年6月15日 (日) 22時59分

» 必殺・畳重ね!! [函館 Glass Life]
いよいよハリスとの対面ですね{/m_0162/} 不安を打ち明ける家定。 心の中を打ち明けてくれた事に対し喜びを感じる篤姫。 家定の不安に答えなければ薩摩女の名が廃ります{/cat_4/} 『他に頼りになる者はこの城におらぬ』家定の一言、 篤姫はさぞかしうれしかったでしょうね{/kaeru_love/} アメリカ式に立ったまま対面したいと申し出るハリス。 当時の日本としては受け入れられる筈がないのです{/kuri_5/} そこで考えた篤姫の秘策!! 立ったままのハリスより座った家定の方が高くなる、... [続きを読む]

受信: 2008年6月16日 (月) 10時24分

» 大河ドラマ:篤姫第24回「許すまじ、篤姫」 [山南飛龍の徒然日記]
心地良さと切なさが同居した回でしたね。家定様と篤姫が徐々に夫婦らしくなっていく過程が微笑ましいです。『誰も信じない』と言っていた家定様は何処にいってしまったのでしょう(笑)篤姫からすれば、相談をされるなんて以前では考えられなかったことですし、張り切る気持...... [続きを読む]

受信: 2008年6月16日 (月) 19時07分

» 『篤姫』第24回「許すまじ、篤姫」 [strの気になるドラマ 気になるコト]
2008年『篤姫』第24回。。将軍家定とハリスとの面会を承諾させられた幕府。水戸嫌い、慶喜嫌いの大奥、特に本寿院との対立深まる。安政四年秋。婚礼から10ヶ月ほど。相変わらず五目並べ。いまだにハリスとの対面、嫌々な家定。なんにでも前向きな篤姫。家定を弱虫呼ばわ...... [続きを読む]

受信: 2008年6月16日 (月) 20時35分

» NHK大河ドラマ第24回「篤姫(許すまじ、篤姫)」 [よく考えよう]
今回は副題からしてものものしい。 とうとう嫁と姑の激突だ。 と言っても、ホームドラマの嫁と姑ではなく、ことは大奥だから大事だ。 暫くは、受難の篤姫ではある。 [続きを読む]

受信: 2008年6月18日 (水) 10時09分

» NHK篤姫(25)愛憎とプライド [MuBlog]
承前:NHK篤姫(24)篤姫の頓知  今夜の篤姫は二つのプライドが描かれていました。  久しぶりに、男社会を先にしるしてみます。 西郷どんと大久保正助どん  何かのことで(覚えていない)、西郷ドンと大久保正助(明治の元勲・絶対権力者・大久保利通(としみち))は薩摩を出て肥後熊本に行き、西郷ドンはそこの御家老と面談する。大久保も同席し、江戸でハリスが将軍に会った話題が出る。しかし、話の途中で、家老は... [続きを読む]

受信: 2008年6月22日 (日) 21時50分

« 小説木幡記:2008/06/14(土)徒然に | トップページ | 小説木幡記:2008/06/17(火)今朝の感動・森KY話 »