« 小説木幡記:2008/05/25(日)京阪特急ダブルデッカーで読書 | トップページ | 五月の木幡花2008 »

2008年5月25日 (日)

NHK篤姫(21)愛の理屈--側室お志賀の心

承前:NHK篤姫(20)徳川十三代将軍家定との婚礼

 将軍家定は真性うつけか、ハムレットなのか、今夜も篤姫と一緒になって悩みました。そんなことを気にしないのはお志賀さん一人。そこで、男女の愛の理屈をぼんやり考えました、とさ。

 いや、堺雅人ほどの男ならうつけでもハムレットでも、どっちでもよろし、というのが大多数の女性感情だろうと、思いはするが、多少の理屈は必要でしょう。

 うつけかどうかよりも、最後に篤姫が家定にむかって、「お志賀は物いわぬから、おそばにおくのですか!」と難じ、涙を流す場面がありました。そこでナレーションが入り、<愛情と嫉妬が芽生えたことに、まだ気付かなかった>と解説がありました。

 「愛」の局面からみると篤姫は分が悪いですね。
 お志賀は将軍を利用する気持がないと言いました。
 他方、篤姫は当然正室ですから子を造りたい。これは普通の夫婦の間なら自然なことですが、亭主が将軍ともなると、女性は出身母体の命運をかけて子作りするのですから、なんというか、功利的ですね。まして、島津斉彬からは、次期将軍として一橋の慶喜を持ち上げるように、家定に伝える密命をおびているわけですから。相当なミッションを持って、大奥に来たのが篤姫さまです。愛とかなんとかよりも、特命第一。

 お志賀は、てぶらで、家定のそばにいれば楽しいうれしい、好きなのです。
 もちろん家定の母上は、そういうお志賀の腹の中が読めないと、嫌っているようです。

 さてここで、篤姫はヒロインです。ヒロインが愛を持たず、功利にはしるのは、現代ドラマとして特殊なものでないとあり得ません。だから、篤姫はやがて家定さんを好きになるのがお約束なのでしょう。

 愛に理屈はあるのでしょうか。
 愛に功利はあるのでしょうか。
 あると思います。
 社会的に認められた「結婚」ってのは経済原則で、実利的に動くことは、ほとんどの若い女性も知っているはずですよね。お互いに値踏みしていると、書いてしまえば身も蓋もない。
 おお、
 誠の愛はあるのでしょうかぁ~?
 あるのですが、それはつまり、突き詰めていくと理屈も利益もふっとぶのが誠の愛なのでしょう。

 我が身よりも相手が大切と熟成した思いがわいてくると、それが愛。
 自分が可愛いと後生大事に自分を大切にしているうちは、愛を知らない。
 愛にも年季が必要なんでしょう。
 ただし、大切さを表すのにどんな方法があるかは人によって違いが出ることでしょう。
 お志賀さんは、笑顔で家定のそばに楽しくいる。それが愛。
 多分篤姫さんは、はげしく論争して家定の生き方を論評するところに愛がある。
 篤姫の理屈っぽさは今後、愛そのものの理屈じゃなくて、大切さを表す方法の「理屈」なんでしょうね。

 次回は、どんな愛が展開されていくのでしょうか。

|

« 小説木幡記:2008/05/25(日)京阪特急ダブルデッカーで読書 | トップページ | 五月の木幡花2008 »

NHK篤姫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK篤姫(21)愛の理屈--側室お志賀の心:

» 篤姫#21 [MEICHIKUえんため・ぶろぐ]
大奥編となって、一段とコミカル色が強くなった物語。今回はいつもより1時間早く17時スタートのBS-hiでの放送だったが、こういう内容になったら、時間を早めて放送して、この路線を突き進んだ方が面白いかも... 今回は本寿院たちまでもが井戸端会議をする何処にでもいそうな..... [続きを読む]

受信: 2008年5月25日 (日) 22時15分

» NHK篤姫(22)老中・阿部正弘の死 [MuBlog]
承前:NHK篤姫(21)愛の理屈--側室お志賀の心 今夜はうしろのまとめからはいりましょう。  家定は老中阿部正弘の死を聞き、飲みかけていた薬包を落とします。  篤姫には、「阿部に総てをまかせていたのに、死んでしまった」と本音を伝えます。  篤姫は、「将軍としての矜恃は何処に!」と、まなじり決して詰め寄ります。  家定は冷ややかに言います、「そちに、何が分かる?」と。  そのわけはこうでした。  ... [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 04時34分

« 小説木幡記:2008/05/25(日)京阪特急ダブルデッカーで読書 | トップページ | 五月の木幡花2008 »