« 小説木幡記:2008/04/12(土)枕頭:列車幻視 | トップページ | 小説木幡記:2008/04/13(日)ちょっと散歩 »

2008年4月13日 (日)

天神川の柳桜:20080408(火):小野道風柳桜

承前:天神川と葛野の桜:20080402
承前:大覚寺裏と広沢池の桜:20080405:桜変じてオブジェとなる

写真:小野道風柳桜
撮影:局長2008

0muimg_4122

 ↑京都市右京区天神川の桜は、つとに有名ですが(MuBlogで、あはは)、ここは柳桜をこき混ぜた名所でもあるのです。まるで、傘の下に小野道風さまが立っている風情でした。これが雨中ならさらに映えわたるでしょうが、ものごと腹八分目。私は今回の最良の写心結果として公開しました。

 桜狂も極まるというか、今回は完全に委託撮影をお願いしたのです。桜は一年に一度、一週間程度しか咲きません。以前DeepGから得た四季桜という例外はありますが、徒歩数分の天神川満開も、このままでは来年まで見られなくなるからです。
 倶楽部には例年写手がいて、2006年夏には二番隊長2006に重いビデオ(未公開の詩仙堂北九州小倉城ビデオ)を任せました。2007年春には副長2007に大覚寺の桜を任せました。また授業風景はすべて当時の局長2007に任せました。
 今年もまだ元気だった3月末には、佐野藤右衛門桜ビデオを副長2003に任せました。

 そして今年は、広沢池「オブジェ撮影」の妙味が気に入って、半分「桜を写してくれるだろうな」と不安を抱きながら、局長2008に全面依頼したわけです。私が歩けない中でしたから、完全委託でした!
 依頼は先週月曜、タイムスタンプでは4月8(火曜)の午後に撮影したようです。月曜午後雨の翌日火曜、ぎりぎりの満開でした。
 条件は天神川五条上がる(北)、万寿寺通りの陸橋上から北方に向けての景観、そして柳桜の風情でした。今度は(笑)、ほぼその通りの作品に仕上がったわけです。とは申しましても、オブジェとは言いませんが、~、色々ありました。
 当記事では、その中から、私が選んだ物を記録しておきます。

天神川柳桜2008

天神川柳桜2008IXY-23
天神川柳桜2008IXY-30
天神川柳桜2008IXY-26
天神川柳桜2008IXY-19

 写真左端の桜海が欲しかったわけです。思った通りの作品でした。この桜海は私が天神川桜に最初に気付いた時の原風景です。撮影前日午後に雨だったのに、芳醇な桜海の香りが漂ってきます。それと、以前に比べて天神川が非常に綺麗になっています。先夏のある日、付近の小学生達が先生に引率されて天神川を掃除したり、魚をペットボトルに入れたりしていました。そういう雰囲気が、ここ数年天神川で盛り上がってきたのでしょうね。
 左から三枚目の、桜樹から直接生えている蕾が気になりました。オブジェ寸前の危なさがよかったです。

天神川沿いの花々

天神川柳桜2008IXY-28
天神川柳桜2008IXY-27
天神川柳桜2008IXY-29

 この三枚の花写真は、私が格別に惹きつけられたわけでもないのです。
 ただ、日頃はこのあたりをひっきりなしに歩くのに、花々があるとは気付かなかったわけです。この写真をみて、初めて天神川界隈の人は、そこここで花を育てているのだなぁ、という感慨にうたれたわけです。

 ともかく、今年平成20(2008)年の春、天神川柳桜を写し終えたことに満足しています。来年こそは、我が手でと気持は昂ぶりますが、元気になれば、やれ滋賀県の湖北の桜、奈良県の早朝石舞台桜、~吉野桜と欲張ってぇ(笑)。
 今回の成果は大覚寺裏や広沢池で、他人(局長)の目を通して新たな発見(オブジェ)を得たこと。そして天神川柳桜において、私の目を超えた「小野道風柳桜」を得たこと。実によい、桜の終わりでありました。
 春も桜良ければ総てよし。大いに、満足。

|

« 小説木幡記:2008/04/12(土)枕頭:列車幻視 | トップページ | 小説木幡記:2008/04/13(日)ちょっと散歩 »

葛野図書倶楽部2001」カテゴリの記事

桜2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天神川の柳桜:20080408(火):小野道風柳桜:

» 今年の桜海と塔:2009/04/07(火)天神川(北)桜 [MuBlog]
承前:(2009年桜シリーズ)水辺の桜花:2009/04/02(木)天神川(南)桜 承前:(2009年桜シリーズ)大沢池(大覚寺)2009/04/06(月)大沢池の桜・塔と堂 承前:(2008年桜シリーズ)天神川の柳桜:20080408(火):小野道風柳桜  MuBlog読書の皆様にはすでに定番記事となっている「五条・天神川沿いの桜柳」を今年も無事掲載できました。若年時にはおもってもいなかったので... [続きを読む]

受信: 2009年4月10日 (金) 12時34分

« 小説木幡記:2008/04/12(土)枕頭:列車幻視 | トップページ | 小説木幡記:2008/04/13(日)ちょっと散歩 »