« 丕緒の鳥(ひしょのとり)・十二国記/小野不由美:雪のような音 | トップページ | 五十二万アクセス(52万/全体89.6万):MuBlogの分析 »

2008年3月 9日 (日)

NHK篤姫(10)薩摩の話:篤姫が結婚の決心をした

承前:NHK篤姫(09)薩摩の話:幾島の特訓

 箸の持ち方(箸先五分しか濡らすな、長くて一寸)、手を付いての挨拶(両の人差し指で△をつくり、畳につけてその△に頭を押し込む気持で)、箏曲(これは長い練習が必要)、小鼓(いっよぉ~これも練習苦労のblogがあるくらい大変)、徳川まつりごとの仕組(老中、若年寄、奉行など)、それ以上のことを幾島は軽々と篤姫の前でこなし、指導される篤姫はますますふてくされる。おそらく、お花にお茶にお香に和歌に~。近衛家の老女幾島ともなると、現代のスーパーレィディでも追いつけないほど、言葉の通り諸芸百般に通じておられる。近衛家にいたのだから、どれもこれも飾りじゃなくて本家本元・都の流儀を19か20の篤姫に染み込ませたのだろう。

 斉彬は遂に、篤姫を将軍御台所にすることを伝えた。

 姫は、当夜は睡れず、翌夜家出を計るも、幾島に見とがめられて再び義父・斉彬の前につれてこられて、「何か言いたいことはないか」「碁を打って下さい」と。

 「父上は、私を利用なさるのですか」「そうじゃ」と斉彬は、篤姫が江戸に入ることで、島津の幕政参加活動が容易になると打ち明ける。そのことで、日本の危機を切り抜けたいと。

 篤姫決断。「では、私の意志で養女になり、私の意志で江戸に行き、御台所になります」と。

 「よう、決心してくれた」

 「父上は本心を言ってくださいました。父上の碁には乱れがなく、攻めを打ちました」

 「お篤、わしをためしたのじゃな。ぐあははは(高笑)」

 この間、江戸では堺雅人の家祥(いえさち)→家定役の名演技、幾分宙にういた目をして、諸国からの海防策建議を阿部老中に読ませ聞き、「酒肴を黒船に振る舞い、酔っぱらったところで船に押し入り、火薬庫に火を点ける」という策を最良と言い切る。庭にでると、アヒルを追いかけ、けつまずく。いわゆる、馬鹿殿様が板についていた。暗愚とよばれているのを知ってか知らずか、いつも微笑を浮かべている、ふとムイシュキン公爵を思い出した。

 薩摩では、篤姫に御台所の話は聞かせたが、婿殿のとかくの噂は一切知らせなかった。父斉彬との話に心の決着をつけた篤姫は、ある夕べ「広川」と島津大奥老女に言う。「ありったけの、徳川宗家に関係する書物を集めよ」と。

さて、
 昔の結婚は、よく聞く話に「花婿(花嫁)の顔も見ないままに、一緒になってしまった」とある。本当かどうか、昔の人に確かめてはいない。多分、仲人さんの口利きで双方の親がうなずいたら、本人の気持ちはそれほど重視されなかったのだろう。相手の男(女)がどうであれ、事前に相手の「家」だけをチェックするようだ。

 ところが意外に、庶民はどうだったのか、はたと迷った。幾分似たところがあると思う。大家さんとか、店の旦那さんが、仲人の役割をしていたのだろうか? と、ここで婚姻史をひもとくほどに興味があるわけじゃない。ただ、なんとなく昔は「家」と「家」の結びつきが結婚の核になっていたようだ、と思う程度にしておこう。

 最近立て続けに披露宴に招かれている。仕事柄そういう機会が多いのだと思う。ペアはそれぞれ長い付き合いのようだ。現代なら、家とか長男跡継ぎとかは多少問題になる場合もあるが、大抵は本人同士が一緒になりたいから、披露宴を持つことになるのだろう(笑)。篤姫時代とは違っている。そういえば、Muも結婚して数十年たつ。不思議なことよのう。

 今夜の篤姫。 
 まだ徳川家祥(いえさち)のことは全く知らない。これから読書して徳川宗家のことを読んでも、当時在世の将軍の人となりについて書かれた書物は無いと思うが、どうなんだろう。次回以降、大奥にはいるまでの道が険しい。

 なお、幾島も地獄の大奥まで篤姫についていく決心を斉彬に告げた。理由は「カン」だった。斉彬が篤姫を見出したのも、「カン」だった。カンカンと音が響き合い、よい一夜でした。

|

« 丕緒の鳥(ひしょのとり)・十二国記/小野不由美:雪のような音 | トップページ | 五十二万アクセス(52万/全体89.6万):MuBlogの分析 »

NHK篤姫」カテゴリの記事

コメント

TBありがとう御座います。
 以下のTB-URLをお持ちの方へ連絡。

 tb.bblog.biglobe.ne.jp

 つまりbiglobeと思いますが、貴殿方の記事を確認し、当方から返礼をしようと何度もTBをかけるのですが、まったく受け付けてくれません。
 申し訳ないことです。

投稿: トラックバックをいただいて方へ | 2008年3月11日 (火) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK篤姫(10)薩摩の話:篤姫が結婚の決心をした:

» 時代が求めた政治家・阿部正弘!! [函館 Glass Life]
篤姫の教育方針に変化がありましたね{/cat_5/} 今度はお姫様教育ではなく、御台所教育 に変わったのです。 そんな事とは露知らず、篤姫は何事にも 興味をしめしません{/kaeru_alone/} そんな篤姫に幾島はついに真実を明かそ うとするのですが… 幾島に代わって斉彬が篤姫に本心を伝え ましたね{/panda_2/} それを聞いた篤姫、なんと鶴丸城から脱 出を試みるのです{/ee_3/} 直ぐに幾島に見つかりましたが… 観念した篤姫ですが、やはり普通の女の 子ではないのです。 なにせ自分で納... [続きを読む]

受信: 2008年3月10日 (月) 08時23分

» 女三界に家なし [よく考えよう]
於一は篤姫となった。 [続きを読む]

受信: 2008年3月10日 (月) 09時31分

» 篤姫・第10話 [ブルー・カフェ]
篤姫 わたくしこと一命にかけ原口 泉グラフ社このアイテムの詳細を見る 1週間と言うのは早いモンですねぇ。なんとなく「大河ドラマレビュー」を書くようになって、大河ドラマの放送時間を迎えると「ああ・・・1週間経ったんだあ」とか思うワケです。大河ドラマ以外のことも書いておりますし、日常生活も送っていますから余計にそう思うのかも知れませんね。あまりインパクトがないと「先週どんなんだっけ?」と考えたりします。昨年の大河ドラマが、今頃はハンパじゃない盛り上がりをみせていたのでなおさらですね。しかし視聴率はこち... [続きを読む]

受信: 2008年3月10日 (月) 11時10分

» 大河ドラマ「篤姫」のバックグラウンド(1) [よく考えよう]
於一の生まれた天保6年という年は、全国的にみれば天保の飢饉真っ只中であった。 その生涯は丁度維新前後という激動に包まれ、日本全体が翻弄された時代でもあった。 [続きを読む]

受信: 2008年3月10日 (月) 11時42分

» 篤姫#10 [MEICHIKUえんため・ぶろぐ]
早いもので、話数も二桁に乗った今回の物語。今までの作風は篤姫の青春ドラマという感じがあったが、それがいよいよ歴史の中に身を投じていく大きなポイントになる物語でした。 篤姫は、まだ輿入れの話を知らず、幾島の教育を受けていた。前回は長刀の「きぇ~!」だったが、..... [続きを読む]

受信: 2008年3月10日 (月) 12時02分

» 大河ドラマ「篤姫」のバックグラウンド(2) [よく考えよう]
於一が幼かった頃で世界史的な大事件の筆頭がアヘン戦争であった事は論を待たない。 [続きを読む]

受信: 2008年3月11日 (火) 15時42分

» 『篤姫』第10回「御台所への決心」 [strの気になるドラマ 気になるコト]
2008年『篤姫』第10回。於一=篤姫を家祥の御台所へと聞いた幾島は、これまで以上に厳しく篤姫を教育する。箸先五分、長くて一寸。書の稽古では瞼に目玉書いちゃうし。。西郷、大久保らは。。攘夷。。時代は、まだ開国へ向いてないですからね。。でも、ジョン万次郎から話...... [続きを読む]

受信: 2008年3月12日 (水) 22時05分

» 大河ドラマ「篤姫」のバックグラウンド(3) [よく考えよう]
今回の論題は天保の改革だ。 [続きを読む]

受信: 2008年3月13日 (木) 11時58分

» NHK篤姫(11)薩摩の話:ほのぼのと [MuBlog]
承前:NHK篤姫(10)薩摩の話:篤姫が結婚の決心をした  私がこれまで好んできたドラマツルギーとは別種の、ほのぼのとした安堵感のようなものが45分間にぎゅっと詰まっていた。  私の文脈では言い表せないほのかな情感といえるだろうか。  篤姫と尚五郎の間にあたたかい空気の固まりがぽかっと浮かんでいた。  と、これくらいで筆を置く。  書くと、話すと、にげていくような温かさがあったのだ。来週も愉しもう... [続きを読む]

受信: 2008年3月16日 (日) 20時58分

« 丕緒の鳥(ひしょのとり)・十二国記/小野不由美:雪のような音 | トップページ | 五十二万アクセス(52万/全体89.6万):MuBlogの分析 »