« 二階建て図書館列車考(2)大歩危トロッコ号(キクハ32-501)と外国のダブルデッカ | トップページ | 小説木幡記:2008/03/03(月)三月に入りましたね »

2008年3月 2日 (日)

NHK篤姫(09)薩摩の話:幾島の特訓

承前:NHK篤姫(08)薩摩の話:篤姫さまと、本格都振り

 徳川家祥(いえさち)→家定、を堺雅人が演じている。微笑や声のトーンが良く現れていた。父将軍が亡くなったとき、遺骸に向かってネジを巻けば生き返ると言ったり、雨中の花に水をやったり、以前はマメをマスにいれて幕臣の前で食べていた。
 芳しい噂のない13代将軍になるわけだが、彼のもとに篤姫が輿入れするのが話の太いスジになっている。篤姫の将来の婿殿が堺雅人ならよかったろうに、家祥はこのころ心身虚弱な若様と思われていたし、事実そうだったのだろう。何らかの疾患はあったはずだが、この頃から徳川宗家はまだ150年ほどしか経っていないから、学術論文でない限りは、個人情報は書かない方がよかろう。

 ただ、こうもいえる。
 この頃の徳川将軍は、なるもならぬも辛い立場に置かれていたはずだ。ストレスの塊ではなかったろうか、と他人事ながら想像する。「大変な仕事」だったはずだ。
 どんな政治体制も、組織も、生まれた頃には考えるいとまもなく次々と切り開いていくことに忙殺されて、気がついたら寿命がつきていたという、生涯アドレナリン漬けで、あっけなく死ぬことも多かったろうが。
 じりじりと滅び行く、沈み逝く大船の場合は、眼前の案件をひとつひとつこなしていっても、すべて、打つ手打つ手が裏目にでる、じり貧状態に陥るだろうから、ストレスの質が異なる。
 と言うわけで、それを達観しているのか、惚けているのか、堺雅人の微妙すぎる微笑に魅入った。

 さて、篤姫と幾島の戦い。
 幾島は帰国した斉彬に、姫のことを「手の付けられないじゃじゃ馬」とよどみなく即答する。どうしようもなさは、篤姫のふてくされた顔や態度によく表れていた。

 幾島は、姫の何を特訓したのか。
 薩摩訛り。これは篤姫付きの育ての老女(菊本)をけなしたことになる。篤姫にとっては随分こたえる指摘だったろう。訛りは、今なら個性、その人の文化である。菊本と一緒に作った文化が19歳の篤姫を支えている。それを、幾島は否定した。
 立ち居振る舞い。これは、生来篤姫が元気な娘だったのだから、おしとやかに振る舞うのはつらかろう。
 言葉、発声。小声はいけない、独り言を言うな、つぶやくな。すべて家来にとっては聞き直せないのだから、困惑させることになる。これは妥当だろう。
 武芸、長刀。お腹に力が入っていない。この時の幾島の雄叫び(笑)は、往年の松坂慶子を知る故に、真に女優魂というものを味わった。松坂さん、立派だ、貫禄あると思ったよ。

 さて、斉彬(なりあきら)がなお篤姫を評価した点。
 それは、たしかに幾島の手に負えないじゃじゃ馬で、人前にだせる娘ではないのだが、物の考え方に、英明な斉彬とそっくり同じパターンをもっていた。合理的に先の先まで洞察する知力が篤姫にあった。何故自国で黒船に匹敵する船を造るのがよいのか。戦をしかけるのか? いえ、将来の恫喝に備えるためです、と。瞬間瞬間の立ち居振る舞いを枠にあてはめる姫様教育では得られない、生得の力を持った篤姫を、再度斉彬は評価した。
 斉彬が好ましく思うような合理的な考え方は、姫様教育では得られないのかも知れない。

 しかしそれでも斉彬が幾島の力を必要としたのはなぜか。もちろん篤姫を将軍御台所にするためである。おそらく、幾島の指導に耐えられない娘なら、江戸城大奥に入っても、混迷する将軍家を制御することはできないだろう、と判断したのかもしれない。真の実力があれば、どれほどのタガをはめても、首に鎖を付けても、飛び立つことができる。
 なんとも、斉彬、篤姫、幾島の三者の間に強烈な、核融合のようなイメージを味わった。

 来週も楽しみにしましょう。

追伸
 京塚さんの父親、そして肝付尚五郎さん、相変わらずしみじみとした味をみせていました。

|

« 二階建て図書館列車考(2)大歩危トロッコ号(キクハ32-501)と外国のダブルデッカ | トップページ | 小説木幡記:2008/03/03(月)三月に入りましたね »

NHK篤姫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK篤姫(09)薩摩の話:幾島の特訓:

» 斉彬の告白!! [函館 Glass Life]
いよいよ、幾島によるお姫様教育が始まります{/face_fight/} しかし、当の幾島ですら何故篤姫教育を急ぐの か全く分からないのです{/hiyo_oro/} まさか斉彬が家祥(家定)の正室に篤姫を考えて いるとは… 江戸では家慶が亡くなりいよいよ篤姫の将来の 夫・家定が将軍を継ぐのです。 斉彬は急がねばなりません。 流石の幾島も篤姫のわがままに愛想を尽かせて いたその時、ついに斉彬が幾島に秘密を打ち明 けました{/kaeru_shock1/} さぞかし幾島は驚いたことでしょうね{/cat_... [続きを読む]

受信: 2008年3月 3日 (月) 08時14分

» 篤姫#9 [MEICHIKUえんため・ぶろぐ]
今回の物語は、サブタイトルの通り「篤姫」と呼ばれるようになった物語でした。が、雰囲気は於一の青春学園ものと言った感じでした。(途中からは篤子(篤姫)の青春学園ものと言い直した方がよい。)そんな中、今回も「キャンディ・キャンディ」に繋がるところを感じさせた..... [続きを読む]

受信: 2008年3月 3日 (月) 12時16分

» 篤姫 第9回「篤姫誕生」! [バレルオーク]
<あれほどのじゃじゃ馬!>「姫様、言葉がいかに大切かお教えします」「つぶやきはなりませね」幾島は本当に教育熱心ですね!「私は幾島とはあわぬのじゃ」長刀の腕前も天下一品、いっそ幾島が養女になって江戸に入れば・・。於一もいつのまにか広川とはずいぶんうち解け...... [続きを読む]

受信: 2008年3月 3日 (月) 21時18分

» 『篤姫』第9回「篤姫誕生」 [strの気になるドラマ 気になるコト]
2008年『篤姫』第9回。。幾島、薩摩へ。松坂慶子さんは台詞回しが下手な女優さんだと思うんですが。。こういう役回りなら「あり」かな?お国言葉の矯正から、薙刀の鍛錬まで。。於一の雰囲気的には薙刀なんてお手の物っぽいけど。。で、お国入りした斉彬から於一の名が。...... [続きを読む]

受信: 2008年3月 3日 (月) 21時40分

» 篤姫/ 女の戦い [きょう 裏庭をほった]
斉彬が京から呼んだ老女、幾島と、篤姫となった於一の間に火花が散る展開でした。 お互い、まだ理解には程遠いところで、やり合っていますが この二人が仲良くなれるんでしょうか? 最初の印象が悪いと、女性は後々まで引きずるので難しそうな気もするけど... [続きを読む]

受信: 2008年3月 5日 (水) 23時46分

» NHK篤姫(10)薩摩の話:篤姫が結婚の決心をした [MuBlog]
承前:NHK篤姫(09)薩摩の話:幾島の特訓  箸の持ち方(箸先五分しか濡らすな、長くて一寸)、手を付いての挨拶(両の人差し指で△をつくり、畳につけてその△に頭を押し込む気持で)、箏曲(これは長い練習が必要)、小鼓(いっよぉ~これも練習苦労のblogがあるくらい大変)、徳川まつりごとの仕組(老中、若年寄、奉行など)、それ以上のことを幾島は軽々と篤姫の前でこなし、指導される篤姫はますますふてくされる... [続きを読む]

受信: 2008年3月 9日 (日) 21時30分

« 二階建て図書館列車考(2)大歩危トロッコ号(キクハ32-501)と外国のダブルデッカ | トップページ | 小説木幡記:2008/03/03(月)三月に入りましたね »