« 小説木幡記:2008/01/28(月)ねむれたまわぬままに | トップページ | 小説木幡記:2008/01/31(木)中国の餃子! »

2008年1月29日 (火)

小説木幡記:2008/01/29(火)吉野家の牛丼

 今日の昼は気が変わって、車でちょっと走って吉野家へ行ってみた。
 人生で二回目の経験。
 一度目は所用で筑波大学へ行ったとき、まだ電車が通って無くて(いつのことや!)、東京駅近くのビジネスホテルに泊まり、朝食もないサービスだったので、横の吉野家で朝食をいただいたのが最初。それから数年たって、また京都で昼食をとったことになる。

 http://www.yoshinoya.com/shop/menu/index.html
 メニューは変わるだろうが、昼の牛焼肉定食530円と、卵50円。
 まず生卵をといて熱いご飯にかけて、醤油たらり、もぐもぐ。最後の仕上げは味噌汁をかけて、まるで猫飯。いやはや、ワイルド、しめて580円也。お肉の味はタレがよくて上々。人気が出たはずですね。

 日本はお米の国なんですよ。

 さて、ここで一家言なんて野暮は止めますが、昨日マクドナルド訴訟の強烈な仕事環境をTVでみていて辟易したところなので、ついつい店員さんに、「ここは大丈夫でしょうね」と、聞きかけたが、止めておきました。

 吉野家は日本名だから(笑)大丈夫と信じてはいるが、それにしても、マクドナルドのやり口は、凄い。
 残業100時間以上やらせておいて、本人が無能だから超過勤務が発生するとか、管理職なんだから仕方ないとか、いやはや。そういうこという人の弟とか妹とか、娘とか息子をマクド店舗で数年間店長やってもらったら、さて、どういう答えがでるのでしょうか。上層部の子弟だと、きっと人間ができているから、超勤100時間無料でも、だまってもくもくと睡眠時間五時間程度でも、サービスしてくれるに違いない。

 人間ロボット・マクド君、涙。

 京都の吉野家某店、おいしかったです、安かったです、サービスも良かったです、これからも充実して働けることを心から祈ります(本心)。

|

« 小説木幡記:2008/01/28(月)ねむれたまわぬままに | トップページ | 小説木幡記:2008/01/31(木)中国の餃子! »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

 「今日の昼は気が変わって、車でちょっと走って」桜で有名な「吉野」「へ行ってみた」のかと思って、ちょっと感動して読み始めました。
 そんなことがしてみたい・・・

投稿: 某O | 2008年1月29日 (火) 23時27分

Muもそういう文言なら、感動して読み始めますよ。
「ちょっと手が空いたので、関空にポルシェを置いて、マリエンバードで昼とった」
やや、頑張りすぎですな。

それじゃぁ。
「ちょっと汗かいたので、伊丹にGTRあずけて、山形で一風呂浴びて、夕食とった」
これも、行きすぎ。

「ちょっと気が変わって、昼は吉兆で飯くった」
↑これが一番現実的ですね。

投稿: Mu→某O | 2008年1月30日 (水) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/17889476

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:2008/01/29(火)吉野家の牛丼:

« 小説木幡記:2008/01/28(月)ねむれたまわぬままに | トップページ | 小説木幡記:2008/01/31(木)中国の餃子! »