« NHK風林火山:後日談→勘助、由布姫、ガクト | トップページ | 私の京都:木嶋神社の三柱鳥居(このしまじんじゃ・の・みはしらとりい)魔界巡礼秦氏の謎 »

2007年12月29日 (土)

小説木幡記:2007/12/29(土)無口なMuですよね

 さっきMuBlogへのコメント返しをしていて、ふと意識が別の所へ飛びました。
 実は、今日も午前11時から、葛野へでかけ、木幡へ帰還した午後8時前まで、Muは口から言葉を出さなかったのです。葛野の仕事場で、人に数行のメル返したのが、一通だけ。あとは、無音、無声、~。

 単に無口なだけじゃなくて、その間「人間」を意識に昇らせなかった、いや、昇ってこなかった。
 ひたすら、お仕事三昧。
 いえ、実はまったく、徹頭徹尾無意味なお仕事なんですよ。
 さらに恐ろしいことには、Muはその無音無声の事実を、さっき午後8時頃まで気付かなかったのです。
 すご~い、人生。

 明日も、今日の繰り返しだな。
 ただ、明日はひさしぶりに「探検記」を記します。その前半分ですね。昨夜写真を整理して、文案を練っていたのですが、意外にてまどって、今日は掲載できませんでした。というよりも、無意味なお仕事に拘束されて身動きできなかったにすぎません。

 ところで、いま、また意識が飛びました。
 若い学生達と話していたときのことです。「何をしたいのかわからない」と、本気のマジメで言うのです。だから就職活動なんかも、方向が見えにくいわけです。つらいでしょうね。
 Muなんかだと、やれロボット博士になりたい、こりゃあ今からでも内野・勘助さんに弟子入りして大河ドラマにでたいとか、大学キャンパス中を使ったジオラマ作りたいとか、朝から晩まで、あれしたい、これしたいだから、最初はそういう学生達の言葉に目点(耳点かな?)になったのです。

 しかしよく考えてみると、「何をしたいのか?」と自問自答する人の方が、正常だと思いました。その分、じっくり生きているわけですよ。あれしたい、これしたいは、明瞭にその真因が分かるのです。つまり、後、数えるほどしか、なにかする時間や体力や精神力が保たないという、焦りなんでしょうな。

 Muも、あと百年の孤独があるならば、じっくりゆっくり、昼寝します。と、さ。

|

« NHK風林火山:後日談→勘助、由布姫、ガクト | トップページ | 私の京都:木嶋神社の三柱鳥居(このしまじんじゃ・の・みはしらとりい)魔界巡礼秦氏の謎 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/17515073

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:2007/12/29(土)無口なMuですよね:

« NHK風林火山:後日談→勘助、由布姫、ガクト | トップページ | 私の京都:木嶋神社の三柱鳥居(このしまじんじゃ・の・みはしらとりい)魔界巡礼秦氏の謎 »