« 浦沢直樹の「20世紀少年」は「21世紀少年」で終わったのか | トップページ | 昭和の鉄道模型をつくる(03) 駅舎(面影橋駅) »

2007年10月 8日 (月)

秋雨の嵐山渡月橋

お知らせ

Murainarasiyama_006

 昼食時に嵐山へ向かった。大堰川(おおいがわ)の見慣れた風景が秋雨に霞んで見えた。そのまま通り過ぎてもよかったのだが、立ち止まってカメラをだした。遠くに渡月橋があり、橋上には傘もちいさく点々と見えた。秋の連休三日目だから混雑を危ぶんだが、雨なのか人も少なかった。なじみの蕎麦屋では、趣向を変えて「親子なんば」にした。といた玉子がねっとりとどんぶりを隠し、底には育ちのよい地鶏の肉がたくさん沈んでいた。うむ。最後には汁一滴も残さずに箸を置いた。値千金(ちょうど千円)。で、無人の葛野に出向き、宿題せっせとこなしたら、夕方になった。日の高いうちに帰還するとしよう。 (平成19年(2007)10月8(月)記す)

|

« 浦沢直樹の「20世紀少年」は「21世紀少年」で終わったのか | トップページ | 昭和の鉄道模型をつくる(03) 駅舎(面影橋駅) »

巻頭記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋雨の嵐山渡月橋:

« 浦沢直樹の「20世紀少年」は「21世紀少年」で終わったのか | トップページ | 昭和の鉄道模型をつくる(03) 駅舎(面影橋駅) »