« 昭和の鉄道模型をつくる(05) 交番・詰め所・公衆便所 | トップページ | NHK風林火山(42)なぜ高野山?勘助と景虎 »

2007年10月20日 (土)

小説木幡記:2007/10/20(土)暗闇の力

 タイトルを最初「闇の力」にしたのだが、誤解が生じると思って、暗闇の力に直した。

 木幡帰還後30分、食後も30分、部屋を暗黒にして横たわっていた。
 使い慣れた言葉、なれた感性だが、闇は余に心地好い。
 光は、闇の中でキラリとするイヤリングのようなものが最良だ。
 太陽の子であった時よりも、闇の子であることに安心感がある。
 闇は対峙するものではなく、溶け込む液体のように味わう。
 闇海かもしれない。
 すると脳と闇とが融け合って、気持が、自我が、穏やかに解放される。
 闇を伝わって気持が外へ滲み出し、やがて闇全体が余になっていく。
 密度が減った分だけ、薄まって、全ての緊張がほどけていく。

 それは、心や精神のことだけじゃなくて、身体、肉体が融けて薄まって、疲れまで消えていく。

 今日も葛野で宿題をしていた。一つは毎年の責務。なにかしら人身御供になって、毎年今頃ワープロを動かしている。なぜ? 何故、余の宿題になるのだろう、と五年間ほど考えてきた。
 つまりは、余にとって無意味、無益なことをするのが、世のため人のためになることもあると、気がついたから。意味付けは人や回りがするのだろう。そういうことが、世間で生きていく上で、一つか二つはあってもよい、功徳、と思えるようになってきた。多分、そうなんだろう。そして、余の限られた生の中では、まったくもって価値がない。無いにもかかわらず、頭が動く、手が動く、プリンターが動く。
 それが、生なのだろう。

 もう一つは、懇意にしている葛野図書倶楽部2001の組織図造りだった。相手は人だからロボットのようにはいかない。脳がある、心がある、そして感性がある。図に描かれた線一本が組織を変える、駄目にする、活性化させる、騒乱が生じる、そして平和が生まれる。
 組織図を造ることは、唯一の権限、叙任権を持つ余の最大の責務なり。
 叙任権問題が、彼我歴史の節目だったことの深い意味を、今日の午後一人で思い返していた。人の世であるかぎり、予算掌握権よりも、生殺与奪権よりも、叙任権が上位になる。
 本邦嚆矢は聖徳太子さんだったろうか。

 組織にあることは忍苦であろう。組織を離れ孤立することはさらに辛苦である。別の世界に移っても、そこにも組織があって、いつのまにか自らが采配を振るうことになる。それを皮肉という。
 人が歯車になることは否定的に言われ続けてきた。
 しかし、歯車なしでは仕掛けは動かない。強靱で柔軟な歯車になればよい。歯車はいつでも取り替えられる。取り替えられることを理解した上で、なお組織に骨を埋める心映えこそ幸いなり。そうでなければ、どんな小さな組織、どんな大きな組織にあっても、無意味なオブジェでしかない。

 無意味なオブジェに価値が生じるのを、芸術と言うのだろう。
 残念ながら、芸術の世界にも組織があって、序列があって、苦しみもだえる。

 だから、小さな組織を生き抜くのがよい、と思った。
 充実とか、意味づけとか、価値があるのかどうかとか、おもしろいとかおもしろくないとかは、心の綾。
 それが分かると、闇の子になる。
 おもしろいと言えば、この世はなべておもしろい。
 
 今日の木幡亭夕食は、ご飯、漬け物、小芋と油揚げの薄味噌仕立て汁(要するに味噌汁)、羊肉のローストわさび醤油で、デザートは柿。飲み物は発泡ワイン。煎茶。
 この間、箸が動いている間は、闇も光もなかった、うまうま。
 いま、嘘珈琲も飲んだ。上がりだな。

|

« 昭和の鉄道模型をつくる(05) 交番・詰め所・公衆便所 | トップページ | NHK風林火山(42)なぜ高野山?勘助と景虎 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/16820319

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:2007/10/20(土)暗闇の力:

« 昭和の鉄道模型をつくる(05) 交番・詰め所・公衆便所 | トップページ | NHK風林火山(42)なぜ高野山?勘助と景虎 »