« 小説葛野記:2007/09/03(月)秋の曇り空もよいものだ | トップページ | 小説木幡記:2007/09/05(水)知的障害、社会福祉、年金犯罪 »

2007年9月 4日 (火)

瀬島龍三の死

 瀬島龍三さんが亡くなられた。今日、2007/09/04の午前一時ころらしい。享年95歳、老衰とのこと。
 毀誉褒貶のある方らしいが、私は知らない。
 瀬島神話という言葉があるくらいだから、日本の戦後に相当な影響力を持った方だと想像する。
 それも、私は知らない。
 しかし、ここに記事を載せたのだから、私が相当な関心を持ってきた人物なのは、事実だ。

 一つは、東京裁判での正面写真だ。新聞にも転載されていたが、スーツのボタンをきっちり掛けて若々しい瀬島氏がそこにいた。
 一つは、彼の経歴だ。要するに瀬島氏は、30代半ばで実質的に大東亜戦争(対米国)の作戦要綱を組み立てていた人なのだ。

 この二つだけで、瀬島氏は日本の歴史に残る人物だと、私は考えている。いずれも論理的なものではなく、感性的なものだ。写真写りが良いとか悪いとかの問題ではなくて、覚悟している、確信犯としての凛々しい顔つきだった。大東亜戦争を「悪」としてとらえる人が国民の大多数だろうが、負けるべくして負けた戦争を、どこまで踏ん張って作戦を立てたのか、そういう観点で当時の彼の重圧を想像し、心に残った。

 特に後者は、当時の軍人が全員発狂し、血迷って、戦争していたと想像する方がよほどおかしい。瀬島氏のような超エリートがどのような思いで作戦を練っていたのか、そこを知っておきたい。彼は徴兵ではなくて、プロとして育てられた職業軍人なのだ。今の自衛隊や防衛省に、瀬島氏レベルの参謀要員はいるのだろうか、それも興味がある。

 経歴を検証することなく新聞記事だけで眺めてみた。
 1.陸軍士官学校を次席、陸軍大学校を首席卒業とのこと。
  当時のこの種学校は旧帝國大学以上の秀才が集まる所らしいから、エリートの頂点と言ってよかろう。
 2.昭和14年大本営陸軍参謀、後日・大本営海軍参謀・兼務
 3.関東軍参謀へ移動
 4.シベリア抑留、11年間
 5.昭和33年伊藤忠商事入社
 6.中曽根内閣ブレーン(参謀だろう)
 7.以後、いろいろ
 8.平成19年9月4日死去 95歳

 歴史とは戦史と言って良いほど戦争が数珠つなぎになっている。敗北すれば亡国、植民地化、民族が消滅した事例もある。勝っても次の世代に文明の終わりを迎えることもある。昨日、今日の話ではない。人類史5千年の目ではそうなる。
 繁栄も貧困も戦争を招く。正義も戦争を招く。戦争で儲ける人も多い。国内政治経済を立て直すために戦争する人も国もある。なんとか、頃合いの現実感を取り戻せば、戦争に至らない事例も数ある。しかし、戦争は巻き込まれたら、受けて立つしかない。
 と、私は日々考える。
 瀬島氏は、晩年、どう考えていたのだろう。(2007/09/04 火曜日に記す)

|

« 小説葛野記:2007/09/03(月)秋の曇り空もよいものだ | トップページ | 小説木幡記:2007/09/05(水)知的障害、社会福祉、年金犯罪 »

巻頭記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瀬島龍三の死:

» 小説木幡記:2009/10/16(金)ドラマ「不毛地帯」と対話した [MuBlog]
 実は。  と告白しよう。10月に入ってからTV三昧にふけりだした。そうではなかった幾年月を考えると、明らかに人生観の変更か、宗旨替えしたのか、……。2009年今秋が、たまたま面白い番組と思う季節だったのだろう。  日曜の夜はNHK天地人のあと、しらぬまに「江戸の外科医:『JIN仁』」をみていて、どこかで見たような坂本龍馬が実は俳優内野聖陽だと知ってあっけにとられた。内野と言えば思い詰めて年間過ご... [続きを読む]

受信: 2009年10月16日 (金) 20時44分

« 小説葛野記:2007/09/03(月)秋の曇り空もよいものだ | トップページ | 小説木幡記:2007/09/05(水)知的障害、社会福祉、年金犯罪 »