« 小説葛野記:2007/09/29(土)趣味におぼれる | トップページ | NHK風林火山(39)第一次川中島の景虎と晴信 »

2007年9月30日 (日)

昭和の鉄道模型をつくる(01) 車両 モ1031

鉄道模型AtoZ:「鉄道模型」とは何か?

01:昭和の鉄道模型を作る
01:AtoZ:「鉄道模型」とは何か?

 鉄道模型は幼児期にOゲージで一台、その後HOゲージで数台作ったが、いずれも線路が円ひとつでジオラマもない、スッピンの組み立てキットだったから、私はこの世界の門外漢だ。カテゴリーに「自作鉄道模型」としたのは迷ったのだが、おもいつかなくて、そのまま「自作」にしておいた。
 著名人の趣味記事を読むと、庭園全体にレールを敷いたり、切符を作ったり、金属を切ったり張ったりして組み立てないと「自作」とは言えないようだ(笑:なぜ笑うのか疑問)。しかたない。分に応じたことをするのも、バランスの取れた初老の生き方だと、諦めている。このざっし、書店で見かけて、衝動的に買ってしまった。

車両 モ1031

01:モ1031の斜前景
01:モ1031の車体底部
 Nゲージというのは、私の大昔の幼児期にはなかったのかもしれない。この雑誌というかムックというか、グリコ的おまけ週刊誌というか、初号だけ半額の奇特な冊子を手にして気がついた。ちいさい。実に小さい模型だった。Nゲージとは線路の幅が9ミリ。これだと、それなりのジオラマにしても小さいままで部屋の片隅における。40x60センチ程度の完成になるようだ。ただし、50冊買わないと、完成しない。すごい。

 なんとなく、楽しみたい。しかし手先が不器用だから金工、木工、紙工、どれも上手にできないから、こんな風に毎回ほとんど完成したパーツがついてくるのは気が楽だ。途中でちょっと組立も入るようだが、多分プラモ程度のことだと思った。今回のは、ただの飾り電車ともいえるし、途中で動力セット(モーターとか歯車か)の号もあるので、それを組み込むと動くのだろう。
 電車を操縦する制御箱も25回雑誌を買うと、シールを貼って送って、全員に支給されるようだ。なんとなく得した気分になるが、あははのは、私はすぐにこういうオマケに騙される。でも、それでも、待ち遠しい。子供と変わらぬのう。

 雑誌には毎回、昭和エレジーというか、戦後の世相について記事が載る。今は模型に熱中しているので、そういう記事には興味もわかないが、雰囲気作りにはよいものだ。初号は力道山の空手チョップ記事と写真があった。
 それと、毎号、「TETSUMO(鉄模)の達人」記事があるようだ。世の中にはものすごい人がいると感心してしまう。今回は、鈴木肇さんという歯科医師だった。「建物はすべて紙で自作。10畳という広さに昭和30年代の川崎の原風景を再現する」とあった。

 週刊で50冊というと一年くらいかかるのだろうか。完読して作ったら、来年初夏には、私もいっぱしの「日曜鉄道ジオラマ作家」と僭称しているのかなぁ。いやいや、まだまだ。やっぱり、真鍮棒で車軸をつくるまで行かないと、ハンダ付けじゃなくて銀ロウ付けまで出来ないと、「自作」とは言えない。電気もジオラマ水力発電所・変電所を作って自前で流さないとぉ。道は遠いなぁ。

|

« 小説葛野記:2007/09/29(土)趣味におぼれる | トップページ | NHK風林火山(39)第一次川中島の景虎と晴信 »

自作鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

初めまして。私のことを、好意的に掲載くださいまして、有難うございます。京都のかたなのですか?左京区に友人がいます。去年大阪まで遊びに行ってきました。ミナミの方で、串カツ、ずぼらやにいってきました。今は103系ブルーを作っています。関西では阪和線、東海道線あたりでしょうか?関西は103系王国でいいですね。鶴橋あたりの商店街も、昭和の香りを色濃く残しすごくいいですね。今度関東のほうへ、お越しの際には、是非お立ち寄りください。

投稿: 鈴木 肇 | 2010年1月16日 (土) 22時35分

鈴木さん
 コメントありがとうございます。
 私は宇治市に住んでいますが、勤務先は京都市右京区です。

 この記事を書いた2007年頃は今にもまして鉄道模型のことが理解できていず、「紙ならできそう」と内心思ったのも事実ですが、そのご2年以上たった今では、紙はものすごく難しい、と感じております。
 今のところ、車両を完全自作する技量も気力もないので、出来合の車両を改造しては「図書館列車」と自称していますが、内心忸怩たるものです。
 どんなことも10年、20年の年期を積まないと無理なようです(笑)

 私には神経が持ちませんが、ある時代、ある場所を精密に考証して、そのモデルを再現するというのは、本当にすばらしい、偉業だと思います。
 機会あれば、目の当たりにしてみたいと思っております。
では

投稿: Mu→鈴木肇 | 2010年1月17日 (日) 06時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の鉄道模型をつくる(01) 車両 モ1031:

» Nゲージ KATO 車両ケースE (電・気動・客車8両用) (車両ケース) [鉄道模型のnゲージ、客車などの格安品を紹介…]
Nゲージ KATO 車両ケースE (電・気動・客車8両用) (車両ケース) #10-214 ■メーカー:カトー商品画像など、さらに詳しい情報はコチラ≫Nゲージ KATO 車両ケースE (電・気動・客車8両用) (車両ケース) #10-214... [続きを読む]

受信: 2007年9月30日 (日) 11時43分

» 昭和の鉄道模型をつくる(02) エンドレールと直線レール [MuBlog]
承前:昭和の鉄道模型をつくる(01) 車両 モ1031 02:ここまで完成(~2号)  この前は飾り電車があって、今度はレールが二種類付いていた。一つはエンドレール、もうひとつは直線(ストレート)レールだった。写真では二つをつなげた後なので一種類に見える。飾り電車の飾りレールと違って、レールは電気の通る金属製だった。つなぎ目を写したのは、レールをつなげたときにしっかり接触させないと電気が通らないだ... [続きを読む]

受信: 2007年10月 5日 (金) 05時58分

» 嵯峨野鉄道図書館ジオラマ(01) はじめに [MuBlog]
0.結論  嵯峨野鉄道図書館ジオラマを製作することにしました。規模は600mmX900mmと小ぶりなのですが、いくつかの事情からこの大きさにしました。  初めての自製ジオラマなので、両手で扱える範囲にしたのと、設置場所や移動を考えると、これ以上は難しくなるからです。  名称は、当初嵐山か嵯峨野か、迷いました。京都市右京区の名勝地なのですが、嵯峨野トロッコ列車が現実にあるので、それにあやかりました。... [続きを読む]

受信: 2007年11月30日 (金) 08時39分

« 小説葛野記:2007/09/29(土)趣味におぼれる | トップページ | NHK風林火山(39)第一次川中島の景虎と晴信 »