« 倭宿禰命(やまとのすくねのみこと) | トップページ | 小説木幡記:2007/08/16(木)夕景と夕顔 »

2007年8月14日 (火)

小説木幡記:2007/08/14(火)日々のMac

1.昨日訃報
 知り合いの奥様が逝かれた。年齢は私と同じようだ。種々、考え込んだ。人生無常、尽きない。

2.昨日葛野屯所
 共同演習のさる班が午前から屯所を使って過去作品をみたり、話し合っていた。
 副長2007が早々と出校し屯所を開けたとのこと。
 その班は昼に帰ったが、副長は午後も遅くまで一人で黙々と機関誌を編集していた。

3.本日葛野屯所
 局長2007と三番隊長2007が早々と屯所で「過去作品」の整理、ネット公開を行っていた。
 昨夜HPが開かなかったので、早朝の事情を聞いてみると、左京マシンがオフになっていたとのこと。
 今日は午後、遅くまで両名は作業をしていた。過去作品の整理は、手間暇のかかる仕事である。

4.MacのiWork'08、iLife'08
 二つを同時に購入した。2万円でおつりが少し。秋の新OSを購入すればおそらく中に入っているとおもうが、世の中はインテルMacに傾いているので、旧G5上での新OS購入は止めて、アプリケーションだけを先買いした次第。二つのDVDにはそれぞれ新式のアプリケーションが、合計で8~9入っている。一本あたり2500円程度になる。

 iWorkの方には、ワープロ、表計算、そしてプレゼンテーション、あとなにかあったような。それぞれは、MS社のword、エクセル、パワーポイントのファイルを読み込め、かつ書き出せる。ためしてみた。素晴らしい。
 別途、NeoOfficeというLinux 系のアプリケーション(無料)を先月ダウンロードして使ってきたが、これにはデータベース(アクセス相当か)まで付いているが、まだ開発途上。(この件、後日言及予定)
 iWOrkは、まずまず、完成品として良かった。

 iLifeの方には、写真、動画、DVD、HP編集、音楽製作、などが入っている。すべて確かめてみた。なかなかに、すごい内容だった。
 特に、動画には驚愕した。いままで廉価なアプリケーションを使ってきたので、こういうことが出来るとは知らなかった。要するに、クリップ(サムネイルと表現していた)という「動画単位」を一秒単位で切り出す。これをスライドバーの左右だけで、一秒単位の細かさから、もっと大きなまとまりまで、自在に見せてくれる。
 全体を見るときには、10単位くらいに切り出して見せ、細部を操るには秒単位でクリップを操れる。これは、余が知らなかっただけなのかも知れないが、これまでは'06を使っていたので、驚いた。
 音楽製作ソフトも良かった。余も作曲家になれそうな、奇妙な高揚感を得た。パンソリ系の新曲でも作ってみたくなった。

 iWork もiLifeも、'06から一挙に'08に飛び込んだ余には、すべてが「すごい」と感心した。値段。高い様で安いと思った。
 さて、口うるさいMac党はどう評価するのだろうか。
 「そんなん、まえからでっせ、Muさんがしらんかっただけや」
 「いやいや、アップル社もここのところが、まだまだ勉強がたりないですね」

 無知であることはよいこともある。知らぬが仏、なれど、日々Macが続くこのごろだ。
 というのも、アップル社が、「デザイン」というものに、どれほど死力を尽くしているかがよく理解できたからである。特に、プレゼンテーションソフトに、そういう思いを味わった。
 同じような機能でも、デザインが異なれば、別世界になる。ほとほと感心した。

 それにしても、2007夏期論文は、相変わらず涼夏2007のWinXP上の一太郎で、しこしこ書いている。こればっかりは、伝統芸能のようなもので、止められない。

補足
 夕方最後に、昨年の誠会「局長2007」講演部分を切り出してDVDに収め、手渡した。あとで気付いたが、タイトルもつけず、品質は並以下で、それにワイドにしてしまって、えらい、みんなが横に広がった体型だった。困った(爆)。今度は、縦長で作り直しておこう。

|

« 倭宿禰命(やまとのすくねのみこと) | トップページ | 小説木幡記:2007/08/16(木)夕景と夕顔 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/16115647

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:2007/08/14(火)日々のMac:

« 倭宿禰命(やまとのすくねのみこと) | トップページ | 小説木幡記:2007/08/16(木)夕景と夕顔 »