« 卑弥呼の墓(001) 『邪馬台国への旅』 | トップページ | 小説木幡記:2007/07/30(月)空しく穏やかで充実した一日 »

2007年7月29日 (日)

NHK風林火山(30)海と鉄砲

承前:NHK風林火山(29)武田晴信の「人は城」

 越後の長尾景虎、甲斐の武田晴信、駿河の今川義元にそれぞれの軍師が見えた。宇佐見、山本、雪斎。このうちガクトと宇佐見軍師はまだ仇同士だから未完成。宇佐見はやがて後の上杉謙信を補佐する。軍師間の陣取り合戦になっていくのだろうか。

 今夜は、はじめからガクトが登場した。ガクトの長髪やメークや着物や、女性嫌いらしい風情が妖しい、というのはもう当たり前だから言及はさけよう。「義」をとなえ、毘沙門天に胡麻を焼くすがたが瞼にこびりつきだした。関東管領上杉憲正(のりまさ)が、景虎は信用のおける人物と部下に言われて「今時、正義を唱えるものがどこにいようか」という様なセリフをはいた。もしも「義」に従った伝説の通りならば、長尾景虎は当時にしてもそうとうに変人あつかい、底の見えない武将に見られていたのかも知れない。

 ガクトがそばで「欲」を唾棄するので、義元の西への欲望や、晴信の海への欲望が対照的にくっきり浮かんできた。勘助は晴信に、越後の海と、駿河の海とを刺し貫けば天下最強の国になりまする、と進言する。敵に塩を贈る故事にもあるように、甲斐は山があっても山梨県だから、海への気持は深いものだったのだろう。そういえば山に囲まれた信州や諏訪あたりには、「海」の付く地名が多い。山梨県の煮貝というアワビの醤油で煮詰めたような味わいが懐かしい。保存食に長けていたのだろうか。
 勘助と晴信の一致した意見は、まず「海」。

 海に気付かされたのは、勘助が和歌山県根来寺まで鉄砲買い付けに出掛けた先での話。「鉄砲を百丁も運ぶには船がいる。港の用意はできるのか?」と問われて勘助は「なんとか」と、内心、駿河か相模を想定していたのだろう。

 鉄砲と海とがあれば武田晴信は上京できる。将来仏門にはいり「信玄」と改名するくらいだから、都で「仏法」「王法」にもとずいたマツリゴトをしてみたいと、勘助に言う。すでに、聖徳太子伝説が普及していたのだろうか。

 長尾景虎も武田晴信も今川義元も、仏教に帰依した武将だった。勘助は寺に入るのを拒否して諸国を放浪した。このころは、ややこしくなると仏門に入る。そして、外から見ると簡単に還俗している。仏門は出入り自由な世界だったのだろうか。もしかしたら、還俗するときは莫大な慰謝料みたいな布施がふりこまれたのかもしれない、と想像。

 海と鉄砲にもどる。
 海は塩であり、出入口、そして交易の要地だった。だから、今夜の勘助の進言は実に分かりやすかった。越後と駿河。たしかにこの二つを押さえれば、都への道、北陸道と東海道とを押さえることにもなる。すごい戦略と言えよう。そこに「鉄砲」というハイテクが備わる。
 勘助と晴信とが、天下を視野に入れるのも無理はなかった。

 その後の歴史は言うまい語るまい。

|

« 卑弥呼の墓(001) 『邪馬台国への旅』 | トップページ | 小説木幡記:2007/07/30(月)空しく穏やかで充実した一日 »

NHK風林火山」カテゴリの記事

コメント

今回はドラマのテーマとか、景虎の人物像を分かりやすく説明してくれたと思います。時々こういう回がないと分かりにくくなってしまうと思うので、親切ですね。
Gacktと内野さんと市川さんの人物像とドラマの人物が、どこかで重なる感じもしています。
勘助の天下を目指すプランは突飛だと思いましたが、それぞれの国がそれぞれのやり方で天下への道を模索していた時代だったのでしょう。信長の統一は、時代を俯瞰できたというより、「時の運」も大きかったような気がしています。

投稿: なったん3211 | 2007年7月30日 (月) 10時52分

なったん3211さん
 御記事の、ガクトのアイメークについては爆笑。デーモン小暮とか、宝塚とか、なかなか、そういうもんなんですね。
 しかしなお、前代未聞というか、こういう謙信をみたのは命・冥利につきまする。長生きはするもんですねぇ。
 こんごガクトがますます健勝というか、途中降板しないことを祈念。それにしても、勘助さん、きっと会ったら口をあんぐりあけるかな(そういうひょうきんさがあると、おもしろい)

 海を目指すのは、北海の熊さんも、近代以来なにがなんでも千島樺太までおりてこないと、おちつかない様子と似ておりますね。
 山国の閉塞を打ち破るのは海への道。そういう自然なものとMuは味わいました。

 信長の時の運については。
 たしかに。しかし、柵で騎馬を遮り、何段にも編成した数千丁の鉄砲を使った信長は、当時としては狂気に近い武将だったのでしょう。信長は謙信や信玄を恐れましたが、尾張から京、甲斐から京、越後から京、この距離を考えると信長に地の利がありましたね。
 京から名古屋は居眠りもできません。
 京から甲府は、途中静岡あたりで下車して、とろとろと在来線。
 京から越後は、夜汽車でお尻がいたくなるほどかかります。
 兵站からみて、この戦国末期戦、やはり信長に利があったようですね。

投稿: Mu→なったん3211 | 2007年7月30日 (月) 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK風林火山(30)海と鉄砲:

» 風林火山・東西本願寺の分裂!! [函館 Glass Life]
塩尻峠の戦いで、ついに晴信は小笠原長時を打ち破りましたね{/choki/} 合戦シーンが無かったのが残念でしたが… 小笠原家の有力家臣、三村某に領土の分配を持ちかけていたと いう説もあるのです。真意の程は定かではありませんが… 勘助なのか?真田なのか?戦う前から得意の調略で小笠原家は 内部崩壊していた事になります。 越後も風雲急を告げる感じですよね。 長尾家の家督争いもようやく決着し、景虎が当主の座につきました{/face_fight/} いよいよガクト謙信が表舞台に登場です。 しかし、越後はまだ... [続きを読む]

受信: 2007年7月30日 (月) 10時32分

» 風林火山・第30回「天下への道」 [大河ドラマ風林火山、韓国映画、ドラマ「ホジュン」の感想サイト]
冒頭の家臣との会議で、平定した信濃の城代として重臣を置き、甲斐に城は置かない、と宣言する晴信。 「そなた達がわしの城。人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵…」 一語一語、噛みしめるようにいう晴信です。 一方、越後では、長尾景虎が兄・晴景との後継争いの調停を、越後国守護・上杉定実(鈴木瑞穂)に依頼していました。 上杉家の家臣だった長尾家ですが、守護職の実権は長尾家が握っていました。 しかし、景虎は上杉の名誉を重んじて、仲裁を頼んだのです。 上杉定実は..... [続きを読む]

受信: 2007年7月30日 (月) 10時47分

» 風林火山 [のたまふ]
第30回/天下への道 ―あらすじ―塩尻峠の戦いで晴信(市川亀治郎)、勘助(内野聖陽)が信濃守護・小笠原勢を打ち破ったと同じ頃、越後に新たな動きが起きていた。長尾家の家督争いが決着し、弟の景虎(Gackt:ガクト)が兄・晴景から当主の座を譲り受けたのである。ただ、越後はいまだ群雄割拠が続き景虎は国内の統一を果たせないでいた。統一の鍵を握っていたのが宇佐美定満(緒形拳)だった。宇佐美は景虎が真に国主に相応しい男か見極めんと模様眺めを続けていた。 信濃情勢が落ち着きを見せる中、勘助は旅に出た。新兵器・鉄... [続きを読む]

受信: 2007年7月30日 (月) 19時27分

» NHK風林火山(31)真田幸隆の謀略 [MuBlog]
承前:NHK風林火山(30)海と鉄砲 真田氏発祥の地(長野県上田市真田町本原)  今夜のドラマは途中から、真田家のことを考え込んでいた。  真田幸隆(ゆきたか)の弟は敵対する村上義清(永島敏行)の家臣になっているということだ。どういういきさつでそうなったのかは知らない。ただ、後年幸隆の後をついだ真田昌幸(まさゆき)親子の場合、昌幸の長男(信幸)は家康につき、昌幸と次男(真田幸村)は西軍石田についた... [続きを読む]

受信: 2007年8月 6日 (月) 05時27分

« 卑弥呼の墓(001) 『邪馬台国への旅』 | トップページ | 小説木幡記:2007/07/30(月)空しく穏やかで充実した一日 »