« 小説木幡記:2007/07/21(土)夢は枯野をかけめぐる | トップページ | 涼夏2007PCの自作:目次とまとめ »

2007年7月22日 (日)

NHK風林火山(29)武田晴信の「人は城」

承前:NHK風林火山(28)甘利の最期、板垣の最期

 「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇(あだ)は敵なり」
 この言葉は、諏訪法性という言葉とともに、以前から耳に残っている。私は少年期に毎年2ヶ月ばかり、山梨県に住んでいた両親のもとへ行っていたので、山梨、甲府、武田信玄とはなじみがある。

 大井夫人が晴信を諫めて「領民は、そなたの信じるものを信じたいのだ」という意味の言葉があった。
 お屋形さまと部下・領民が一体になって理想をともにしたならば、そういう集団、軍団、国の力は計り知れないものになるだろう。

 実際の晴信治世は未知だが、一般論としてこういう言葉が残っているのは恐怖政治よりも、仁治世界を想像する。諏訪神号旗を掲げたのも、諏訪領民の信じる神を奉じて戦ったという点で、領民の信じるところと晴信の信じるところが合致したことになる。

 今期、毎週つぎつぎとドラマの流れに引きずられ、じっくり考えることもできないが、どうも武田信玄というひとは、上杉謙信と同じく宗教色の濃い古典的人物のように思えてきた。諏訪の領民にとって諏訪の神がどれほどの影響を持っていたのかを、知りたくなった。そのことによって、信玄が由布姫(つまり、ある意味で諏訪明神のヨリシロ、巫女であり、神官である大祝(おおはふり)とは異なる)に傾斜し、将来その息子勝頼に実質的家督を譲った事の意味も明らかになるかもしれないと思い、実に興味深い。

 晴信は負け戦の自信喪失と、両雄を同時に失ったことの意味、その天啓を肌で味わったのだろうか。

 古来、特に民族間の戦争とは、互いに神かけて戦ったわけだから、勘助の機略で諏訪法性(すわほっしょう)の「印」を打ち立てた晴信は、いわば諏訪のご神体を掲げて戦ったのと同じであろう。法性とは仏教語だから真意は測りがたいが、「根源の現れたもの」と解釈しておくと、諏訪明神そのものと考えてよい。宗教戦争のおもむきをみせてきた。そういえば、家康は欣求浄土(ごんぐじょうど)厭離穢土(おんりえど)だったから、これも神仏加護である。多分、……、信長以外はみんな本気だったのだろう、神性佛性を信じることに。

 今夜は晴信の懺悔に終始した。
 戦いの機略よりも、晴信の板垣、大井夫人の甘利への追悼番組でもあった。
 ただ、気がかりなのは小山田の美瑠(みる)姫への不思議な感覚だった。彼は必ず勘助に、由布姫の息災を尋ね、美瑠を思い出す。小山田の目には美瑠と由布とは、重なって見えるのだろうか。ともに美しい女性で、ともに略奪された運命下にあるが、ただ由布には「神性」が常につきまとう。女であって女でない属性がいつも声調や目で表現される。美瑠は女らしい女にみえるのだが、~。この謎は、伏線となって、やがて解かれるのだろう。

 さて来週は、あはは、ガクト。もう降板したのかと思っていたが、とうとう出てくる。それに今川義元(今川焼きと関係あるのかな)とか、緒方拳(ガクトの軍師)とか、また多士済々。楽しみ。

追伸
 ここずっと、耳を離れない音楽がある。風林火山紀行で背景に流れる、津軽三味線だ。なんとなく現代風にアレンジしたところを、三味の音が肺腑を突くように語りかけてくるのがたまらない。だれかれとなくiPodのイヤホンをぶらさげて、多くの人が音楽に耽溺している現代だが、Muもこういう三味線を聞いていると一日中、その中にひたりたくなる。

 大昔、交響曲をレコードで聞くことに凝ったことがあった。高校生、受験期だったか。半睡しながらベートベンやモーツアルトに溶け込んでいた。しかし、それを否定した。厖大な時間が音楽の中に吸い込まれていくことに気付いたからだ。しかし、もはや受験も、お勉強もない(笑)。終日楽の音に身を添わせてみたくなった。

 一時期、押井監督「イノセンス」で、川井憲次さんの、傀儡謡・怨恨みて散る、傀儡謡・新世に神集ひて、傀儡謡・陽炎は黄泉に待たむと、そんな音楽に深く静かに沈没していた。~。また、なにか出そうなので楽しみ。「スカイクロラ」はどんな音楽になるのだろう。

 と、津軽三味線は、琴線にふれるどころか、かき鳴らす、気持ちよく。

|

« 小説木幡記:2007/07/21(土)夢は枯野をかけめぐる | トップページ | 涼夏2007PCの自作:目次とまとめ »

NHK風林火山」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
前回の諏訪大明神の神号がこういう形で生かされてくるとは思いませんでした。
よく、大河は現代の社会問題をどこかでテーマにしている、ということが言われますが、この時代の「国」というのが今の国家と完全に違うということが、今回分かったような気がします。
由布姫と美瑠姫は、勘助にとってはどちらも思い入れのある人物なんですよね。
勘助の慕う女性は「手の届かない存在」のような気がします。

投稿: なったん3211 | 2007年7月23日 (月) 10時16分

なったん3211さん
 遅くなりました。
 いつも本当にありがとう。日頃は寒いMuBlogも、日曜月曜になると多少温暖化の様子です。

 国や女性について、日頃は一家言Muなのですが、どうにも頭がぼんやり、ときどき疼くので、はかばかしくないです。

 トチ狂った文章になりますが、男も女もコピーが沢山いれば、憎しみと、血で血を洗う戦も、すこし軽減されたかもしれません。
 図書とかパソコン部品は、あるていど数がありますから、取り合いにはなりにくいです。しかし、由布姫や美瑠姫は、各一体限りですから、なにかと男達の目を血走らせるようですね(笑)

 ちょっと、知らないのですが、最近、小山田と美瑠姫と、そして勘助。さらにぼんやりと晴信さん。この四者でなにか曰く因縁というか、事がおこりそうな予感がします。どうなんだろう。

 ではまた来週。
 来週ころには少しは頭も冴えてくることでしょう。今夜なんかのMu脳は無ですね。

投稿: Mu | 2007年7月23日 (月) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/15844102

この記事へのトラックバック一覧です: NHK風林火山(29)武田晴信の「人は城」:

» 風林火山〜第29話・人は城、人は石垣、人は堀... [一言居士!スペードのAの放埓手記]
風林火山ですが、板垣・甘利討ち死にで武田晴信(市川亀治郎)悲嘆にくれて、憔悴しきっています。ただ、軍は退かないわけでそのまま滞陣します。晴信と山本勘助(内野聖陽)が真面目に演技しているのに、伝兵衛の偽晴信必要だったのかという気はします。(風林火山、第29話・逆襲!武田軍の感想、以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 23時25分

» 風林火山「逆襲!武田軍」 [ありがとう!、あてつけじゃないよ。]
風林火山「逆襲!武田軍」 逆襲ってあるから村上義清に一泡吹かせるのかと思ってたのに、退陣かよ。 晴信敗戦に備えて信濃衆の調略、それに諏訪の御神号があんな効果を生むなんて、「死せる板垣、生ける高遠、小笠原走らす」。 …高遠だと小物過ぎるな(失礼!)、「おのれ、おのれ、おのれ〜」。 村上なら良かったけどたった一週で大逆転とはならなかったのね。 人心が離れさらに冬の寒いときに戦をするものだから、民、家中の不満が晴信に向けられる前に戦の決着を付けたかった板垣、甘利は晴信の下知を聞かず先走り先週討ち死にし... [続きを読む]

受信: 2007年7月23日 (月) 08時23分

» 風林火山・第29回「逆襲!武田軍」/サブタイトル:「板垣様はトンボになった」 [大河ドラマ風林火山、韓国映画、ドラマ「ホジュン」の感想サイト]
今回は上田原の戦いの後から始まります。 晴信は、陣を引かずにそのまま留まっています。 村上はすでに陣を引いています。 勘助が退陣の下知を求めても、晴信は呆然と座ったままです。 負けたのは、甘利や板垣が自分の命に背いたからだ、などと晴信は言います。 「この戦、長引けば、お屋形様への不満に家中がなびきましょう」 戦を早く終わらせるために二人は犠牲となったのです、と勘助が言います。 「それでは、まるでこのわしが、板垣や甘利を殺したようなものではないか…!」 さめざめと泣..... [続きを読む]

受信: 2007年7月23日 (月) 10時10分

» 風林火山と足軽の陣笠!! [函館 Glass Life]
初めての負け戦に呆然と立ち竦む晴信{/hiyo_shock1/} 負けを認めたくない晴信は陣を中々引き払おうとしない。 板垣・甘利を失ったショックが尾を引いているのだ。 しかし、失ったものは多かったが、ようやく敗北の原因が 己の心そのものにあった事に気付いた晴信{/face_fight/} 勘助が『敵はお館様の心にある』と言った言葉を思い出します。 武田は小笠原軍に勝ち、見事に上田原の敗戦から立ち直りましたね{/abanzai/} 「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」 晴信が戦死した... [続きを読む]

受信: 2007年7月23日 (月) 11時53分

» 風林火山は名作になる!!&関が原に夢抱く [ひとこと日記]
久々にキマシタネ~~これ!!! なんていっても武田軍のキャストがハンパないです。 [続きを読む]

受信: 2007年7月28日 (土) 17時48分

» NHK風林火山(30)海と鉄砲 [MuBlog]
承前:NHK風林火山(29)武田晴信の「人は城」  越後の長尾景虎、甲斐の武田晴信、駿河の今川義元にそれぞれの軍師が見えた。宇佐見、山本、雪斎。このうちガクトと宇佐見軍師はまだ仇同士だから未完成。宇佐見はやがて後の上杉謙信を補佐する。軍師間の陣取り合戦になっていくのだろうか。  今夜は、はじめからガクトが登場した。ガクトの長髪やメークや着物や、女性嫌いらしい風情が妖しい、というのはもう当たり前だか... [続きを読む]

受信: 2007年7月29日 (日) 20時47分

« 小説木幡記:2007/07/21(土)夢は枯野をかけめぐる | トップページ | 涼夏2007PCの自作:目次とまとめ »