« 60万アクセス(サイト全体) | トップページ | 小説木幡記:2007/07/02(月)授業と仕事とRAID考 »

2007年7月 1日 (日)

NHK風林火山(26)殺戮とガクト

承前:NHK風林火山(25)自縛の掟

 今夜は書きにくい。Muは軍略、謀略を好むわけだが、殺戮は消化しきれない。
 昔の大河・伊達政宗でも、若き政宗が800人「撫で斬りの所行」におよんだり、あるいは秀吉が関白秀次の親類縁者を全部切り捨てたり、あるいは信長が長島の門徒を数万単位で皆殺し、比叡山皆殺し、あるいはモンゴルが一都市全員を殲滅したり、あるいはアメリカが広島(20万以上死亡)、長崎(14万以上死亡)に原爆投下して、原爆症を含めて50万人以上を殺戮したり、あるいはアメリカがネイティブを皆殺しにしたり、……。あるいは鯨もバッファローも皆殺しにしたり、何をいまさら捕鯨反対、笑止千万。
 鯨の脂だけとって、肉は捨てていたと言うから、仏陀が聞けば顔をしかめることでしょう。
 人類史の中で、皆殺しという悪行に手をよごしていない国家、民族は無かったのかも知れない。

 それにしても、今夜の晴信、血に酔った姿だった。番組最後に、由布姫にとりすがり「これまでは戦に勝つことが怖かった。今は、負けることが怖い」と言ったのは、ご愛敬。
 ご愛敬と皮肉ったのは、来週あたりその晴信を、由布姫がどう切り返すのか、見どころだなとおもった故に。

 ガクト。
 仏門に入っていたのが、還俗したのか。それにしてはどうみても仏門の雰囲気ではない。青年長髪稚児の雰囲気だし、常にライトのあて方が特殊だから、陰陽師や天草四郎(ジュリー)になってくる。いや、宝塚男装の麗人か。近頃、これほど楽しい俳優は見たことがない。

 笑っているのじゃない。
 役者というものの、すごさ、この世のものならず、ないものをあるものに仕立ててみせる、夢芝居というか、玄の玄、夢幻世界。ガクトを探してきたのは誰だ。NHKのキャスティングAIマシンかもしれない。
 この発想は、Muでも思いつかない(笑)。

 ガクトは黙っているだけで格好がつく。長袈裟つけた鎧立ち姿で、シュワと太刀を一閃させただけで、画面にオーラがたった。感動! 世界が傾く、天が割れる。

 してまた、セリフがすごかった。「空しい」と。
 よくわかる。わかりすぎるほどによくわかる。
 しかし、ガクトは天才だから戦いの場に押し出されてしまう。いや、「義」を打ち立てる限り、ガクト、いや長尾景虎(かげとら)の身の回りに戦がおこる。
 楽しみだね。

 今期は本当に楽しみが尽きないが、先頃と今夜をあわせると、
 (1)由布姫がきりっとして、◎白眼でにらみつける姿。
 (2)ガクトが、長髪の影から薄目をあけて「空しい~」と呟くセリフ。
 毎週、これだけあれば、Muは視聴料はらっても、よいよぉ~。おいおい、勘助さんはどこへいった。まあ、そのうちに。

 勘助、今夜は晴信に諫言した。晴信は勘助に、「軍師解任、死ね」と言いそうな雰囲気だった。その数分のやりとりで、今夜の勘助は出番を尽くした。役者は出ずっぱりであるよりも、時に影に溶け込んだ方がよい。戦場での、喉を破った勘助の大音声が耳にこびりついた。

 というわけで。
 あらすじも、深い鑑賞も、なにもない風林火山感想に終わりそうだが、見どころがありすぎて書ききれない。小山田さんがひっさらった美瑠姫だが、この姫、今後どうなっていくのでしょうか。見どころの一つになりそうです。

|

« 60万アクセス(サイト全体) | トップページ | 小説木幡記:2007/07/02(月)授業と仕事とRAID考 »

NHK風林火山」カテゴリの記事

コメント

今回のキャスティングって考えてみると「変」ですね。ややこしいドラマにこのキャスティング…というあまりの独自路線で、もう視聴率については気にしないでおこう、と思いはじめています。上杉の軍師には緒方拳がなるみたいですし。
私的には、今回の見どころはやっぱりGacktと板垣・甘利でした。

投稿: なったん3211 | 2007年7月 2日 (月) 10時47分

なったん3211さん
 メル返、ものすごおくれました。

 さて、板垣・甘利のあつかいは、あなたのblogの通りで、実に味わいがあります。
 Muが記さなかったのは、このドラマ、良いところは常によいので、空気みたいになって、取り上げるのを忘れるのです。

 ガクトのことは、奇妙奇天烈な魅力満載なので、ついつい筆が先走りすぎました。ああいう人選は、すばらしい(笑)。
 もしもしも、秀吉なんかをガクトにやってもらったら、日本史が大変革し、女子高生たちも日本史大好きが増えるでしょうね。

 これからは媛ファッションが男子に流行るかも知れない。いやはや。
 ほんまもんの女子は、どうするんやろ?
 Muみたいな加齢者は、衣裳はむりなので、細眼あけて、ひとこと「む、空しい」とでも呟くことにします。

 というわけで、Mu記事、薄くなりましたが、感動が薄くなったのではないのです。おもしろさを噛みしめているのが実情です。

投稿: Mu | 2007年7月 2日 (月) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK風林火山(26)殺戮とガクト:

» 風林火山・第26回「苦い勝利」 [大河ドラマ風林火山、韓国映画、ドラマ「ホジュン」の感想サイト]
{{{NHKの深夜番組で、戦国武将が若い女性に静かなブームとなっているということを言っていました。Gacktの武将も一部ブログで大人気とのことで何よりですが、男性層にはどう受け止められているのか、ちょっと気になります。戦国武将ブームのきっかけとなったのがゲームの武将らしいのですが、なんかGacktっぽい顔の人もいました。 Gacktの景虎、ゲームファンに受けるかもですね。}}} 冒頭は志賀城主、笠原清繁(ダンカン)が武田に挙兵したと、板垣が勘助に告げる場面から始まります。 武田..... [続きを読む]

受信: 2007年7月 2日 (月) 10時48分

» NHK風林火山(27)心中の敵 [MuBlog]
承前:NHK風林火山(26)殺戮とガクト  ひたすら板垣(千葉真一)の圧力に押された。  言葉になりにくい。  北方・水滸伝での終盤に、童貫元帥がでてきた。この人の雰囲気に似てきた。画面から押してくる圧力だな。  今夜は失語症になった。  また来週。 追伸  画面に食い入るようにして45分間がすぎた。... [続きを読む]

受信: 2007年7月 9日 (月) 04時28分

« 60万アクセス(サイト全体) | トップページ | 小説木幡記:2007/07/02(月)授業と仕事とRAID考 »