« 小説木幡記:2007/07/06(金)RAIDメモ・迷走の果ての正道 | トップページ | NHK風林火山(27)心中の敵 »

2007年7月 7日 (土)

小説木幡記:2007/07/07(土)虚飾の帝都に遊ぶ

東京ミッドタウン

Tokyo Midtown:東京ミッドタウン
 過日、虚飾の帝都・ソドムの夜に遊んだ。ひさしぶりの風雪梅安一家(+α)の顔合わせだった。これは素晴らしい経験を伴った。その名を、東京ミッドタウン(Tokyo MidTown)という。ならばゴモラは六本木ヒルズだろうか、と知らず微笑がこぼれた。ソドムのゴモラのと、旧約聖書を持ち出したことに他意はない。リッツ・カールトン・ホテルの45階ラウンジから夜景を見ながら、東京は地震が多い土地だなと思っただけの話。

旅籠定め
 最初、えどるん君はリッツ・カールトン東京に余の旅籠(はたご)を定めようとしたらしいが、余の満足するまともな部屋ならば一室あたり7~8万円かかると知って、急遽余のノリ気を止めた。結局、いまや古色蒼然としてきた隣の六本木ヒルズ近くに変えてしまい、そこは九州のどこかの県人会関係ホテルで、ぐっと賢い経費ですんだ。ういた余剰金は、おそらくCPUコアが四つもつくという、幻の「Core 2 Extreme QX6700」になるだろう、脳。

六本木のワインバー
 待ち合わせ場所は六本木のミスター・スタンプス・ワイン・ガーデン(MuBlog)だった。すでにふうてん所長とJo社長とは到着して談笑していた。伴のえどるん君は、Jo社長には初めての接見だった。軽い緊張が見られた。
 余もひさしぶりだったせいか、宿からレストランまでの徒歩約5分の間、なにか違和感があった。特上の席に勧められ、着座し窓の外を見たとき初めて原因がわかった。このレストランは、旧防衛庁敷地跡の真横にあって、そこは三年前に訪れた時は地図にも、現実にも、なにもなかったはずだ。それが、威圧するようなビルが近所に建っている。そのせいだった。

陸軍歩兵一連隊

 このあたりは防衛庁の旧施設、戦前は帝国陸軍歩兵一連隊がおった処。というか、226事件の火元と言ってよいだろう。
 ひさしぶりの風雪梅安一家が顔をあわせ、密議謀議をしている間、余は遠い昔のこのあたりの霊気を肌に感じていた。ふうてん所長とJo社長は年代もののワインを次々と開けて飲み干していた。余とエドルンはひたすらナイフを使っていた。メインはシャモにした。所長とえどるん君は子羊にした。社長はステーキにした。エドルン君はしきりにうなずき、メモなしで総ての謀議を脳に刻印していった。特技である。

世界企業を傘下にするのか?
 抱腹絶倒、空前絶後の謀議だった。226事件もかすんでしまうような、資本主義世界に雷電の轟きが走るような、謀議参加者は一夜にして某世界企業を傘下に置くような、すばらしいアイデアが続出した。
 ああ、思い出すだに恐ろしい一夜であった。
 余が、この清貧をこととする老翁が、Tokyo Midtown Residences をワンフロア借り切るような、訪ねてくる者らをリッツカールトンに下宿させるような、すさまじい成果をもたらす謀議であった。アラブのオイルダラーも遠くかすみ、六本木(ヒ)のように古色蒼然としてくる話じゃないか。

 社長も所長も大いに気を吐き、ボトル数本も空けた上、清貧の余と、えどるん君を歓待してくれた。太っ腹なり。

リッツ・カールトンの45階
 さて、その後、余はうらぶれた六本木(ヒ)裏の宿に帰ろうとした。すでに深夜9時を指していたし、えどるん君も深夜帰宅は都合悪かろうと、そそくさと東京ミッドタウンを離れようとした。すると、所長が袖をひっぱった。そのままリッツカールトンの迷路のような廊下を、インフォメーションのお姉さんに先導させて、高層エレベータの前まで引っ張っていった。

 「ふうてんさん、どこ行くの、もう遅いよ」
 「せっかくだから夜景でも。Joさんもおることだし」

 そう。噂に聞いておった。六本木(ヒ)の方ではエレベータに乗るにも1800円も取られるとのこと。しかし、所長と社長が引き留めるのだから、しかたないような、安心なような~。
 たしかにここはチケットを必要としないまま、超高速で地上から200m離れた45階まで飛び上がった。

ソドム狂乱ではなかった
 さて。そこからが、札束の乱舞する虚飾の世界だった(笑)、と思ったら。
 なんのことはない。
Mukohataokina テーブルチャージが一人2500円。珈琲が5500円。コーラが700円、ビールが1500円。うむ。思ったほど乱舞しない。要するにメモリ500MBで席に座れて、中古のグラフィックスボード一枚で珈琲が飲めて、ケースファン一個でコーラが飲めて、なんと、ビールはSATA2ケーブルが二本分ではないか。
 ああ、東京も気楽な町よのう。祇園の御茶屋にはなかなか背比べできないねぇ。まだまあだ。

 あまりのはした金に、席を立つとき、皆にどう言おうかと迷ったら、すかさず所長が気を利かせて社長と折半した。生憎余は小銭をもたない主義なので、助かった。こういうお代の始末は、お好み焼き屋で割り勘するような気恥ずかしさがある。えどるん君は財布をさわっていたが、余が目配せした。

 「こんな席では、レイディはやたらに財布をさわるものじゃない。見苦しいことだよ、えどるん君」
 「はい、マスター、わかりました」
 
帝都夜景
 45階から東京を見ると、しかしまだ超高層には思えなかった。仁徳天皇陵を高層ビルから見たときも、目の高さに山がみえた程度のものだったが、ここもそうだった。しかし、夜景は美しいものだと思ったよ。ビルや自動車のライトが人工的で、よい。

東京タワーの全景
 パーク・レジデンスとイーストとの間に立つと、東南約1.5キロの遠方に東京タワーが見えた。離れたところから東京タワーの全体が見られるのは珍しいと、Jo新社長もふうてん所長も申された。写真にとってはみたが、ぼやけてしまった。

 よき、帝都の一夜であった。

参考
 ザ・リッツ・カールトン東京 お部屋代は7~8万円のようです。夜景を見るには少し割高ですね。
 東京ミッドタウンレジデンス 賃貸料は40万円~150万円程度のようです。広さの割にはちょっと高額ですね。

|

« 小説木幡記:2007/07/06(金)RAIDメモ・迷走の果ての正道 | トップページ | NHK風林火山(27)心中の敵 »

小説木幡記」カテゴリの記事

風雪梅安一家」カテゴリの記事

コメント

 お疲れさまでした


 六本木という場所はMuの旦那にはあまりそぐわない場所でしょうか。しかし、リッツカールトンから眺める景色はここが、高台であることを明示していましたね。

 江戸時代は大名の屋敷町であり、明治以降は陸軍の拠点、戦後は米軍に接収され、租界地となり外人の町となる。

今は、新しいビジネスの発信拠点として発展しようとしてるのでしょうか。

 エドルンさんとは初めてでしたが、とても楽しい時間が過ごせました、よろしくお伝え下さい。
 

投稿: jo | 2007年7月 8日 (日) 16時02分

Joさん

「六本木という場所はMuの旦那にはあまりそぐわない場所でしょうか。」

 誤解ですよ、それは。ただ、陸軍の拠点だったことが、地霊を呼び起こし、数々の謀略と反乱とが漆黒のオーラになって、漂ってきたと、そうかんじただけの、ただの気のせいです。

 多分、Muが華やかな、華麗な世界に馴染みが薄いから、どうしても斜に構えた文章になってしまうのでしょうね。

 こういう処に住んでみたいとは思いませんが、風雪梅安一家とか、えどるんがもし住むようになったなら、おもしろがって毎週、京都から下向することでしょう。
(実は、ミーハーでもあるのですよぉ)

 さて。だれがレジデンスに住まいすることでしょう。あるいは、リッツカールトンの一室に永住することでしょうね、介護付きで。
 たのしみです。

注:地図ではウエストとイーストと、二つの建物がありますね。なんとなく、現代マザーボードのチップセットを、ノースブリッジとサウスブリッジに分けたイメージがして、一人笑いしていました。  

投稿: Mu→Jo | 2007年7月 8日 (日) 16時32分

「珈琲が5500円」は、550円の誤植でしょうか。それだとちょっと安すぎる気もしますが・・・

投稿: 某O | 2007年7月 8日 (日) 20時14分

某◎さん、こんにちは。
 一度ご一緒しますか、六本木のザ・リッツ・カールトン東京へ。誤植かどうかをお試し下さい(笑)
 私は葛野で造った大吟醸珈琲をポットで持参しますよ。

投稿: Mu→某◎ | 2007年7月 8日 (日) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/15685213

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:2007/07/07(土)虚飾の帝都に遊ぶ:

» 東京ミッドタウン パラダイス [六本木]
東京のパラダイスである六本木。外国人も多く集まり、文化の発信地でもあるこの地区にあたらしく加わった東京ミッドタウンがある赤坂、六本木地区 [続きを読む]

受信: 2007年7月23日 (月) 19時13分

» 東京ミッドタウン [鏤薪豕顥潺奪疋織Ε鵑両匆]
東京ミッドタウンには、サントリー美術館や、新国立美術館などのアートが集積、インテリアショップやカフェ、ファッションなどの文化も東京ミッドタウンから始まります。 ミッドタウンタワー上層階にはザ鐔ゥ螢奪弟愁カールトン東京ホテルも併設。遊ぶ、食べる、泊まる全てに上質なお店が集いました。... [続きを読む]

受信: 2007年7月25日 (水) 15時25分

» マンション(レジデンス) [東京ミッドタウンをガイド!]
東京ミッドタウンのマンションは、三井不動産が提供する超高級レジデンスです。オークウッドプレミアと共に、ホテルとはまた異なるサービスが提供されています。 [続きを読む]

受信: 2007年7月28日 (土) 20時33分

« 小説木幡記:2007/07/06(金)RAIDメモ・迷走の果ての正道 | トップページ | NHK風林火山(27)心中の敵 »