« 三十五万アクセス(35万/全体56万):MuBlogの分析 | トップページ | NHK風林火山(20)勘助の心、由布姫の心 »

2007年5月19日 (土)

秘花/瀬戸内寂聴 著 <感想:世阿弥の佐渡島>

秘花/瀬戸内寂聴

秘花/瀬戸内寂聴 (カバー写真)
 それで、さっき読み終わった。何も考えず、一息だった。世阿弥が最後に残そうとした能の台本名を知ったとき、私は破顔し天井を眺め、さらに末期の言葉を聞いたとき、複雑に深くうなずいた。巻措いて、大きめの活字で246頁、そして横尾忠則の装幀・題字、心の贅を尽くした図書だと微笑した。「文学」とはこうでなくては、と独り言を言ってしまった。身内からわき上がる快感だった。

 瀬戸内は小説『秘花』で、世阿弥(観世元清)の生涯、そしてその晩年、佐渡での日々を物語った。
 七十二歳で表だった理由もなく、時の将軍足利義教(よしのり)のたった一枚の仕置書で、京都から一千里以上も離れた佐渡島へ流され、そして八十歳あまりまで穏やかな余生を送った男を、これ以上ないほどに、鮮明に描いた。

 瀬戸内の文体は像をくっきりと表し、瞬時にそれを反転させ、ネガを見せた。

たしかに漆(うるし)のような闇の中に螺鈿(らでん)を鏤(ちりば)めたような満開の桜を見上げた杳(とお)い記憶があるような気がしてきた。

 世阿弥の、時期、それぞれの時分の様子が、瞼に浮かんだ。
 大樹と呼ばれた義満将軍に十二歳で見そめられ、世の嫉妬と蔑視に耐えた日々。摂政関白、知性と雅びを兼ね備えた准后(じゅごう)・二条良基の教育を受け、一世を風靡した日々。義満の宴でかいま見た白拍子、椿。彼女との長く深い契り。二十二歳で父観阿弥を失い、一座を背負った苦難の始まり。甥の音阿弥・観世元重(もとしげ)に次々と座の基盤を奪い取られていく鬱屈。頼みとした実子元雅(もとまさ)の死。将軍義教からの突然の遠島申しわたし。

 世阿弥は島流しにあった佐渡で、晩年穏やかだったのだろうか。
 島でずっとそばに居たのは、40歳年下の沙江(さえ)という女性だった。第四章は沙江の目で見た世阿弥の日常が描かれていた。すでに世阿弥の耳も目も塞がれていた。

もしかしたら、この人こそ鬼ではないのか。
 そんな想いにとらわれていると、いつものとちがう声がかけられた。よく話される「花」のある声であった。花とは一口にいえば何なのでしょうと訊いた時に、
「色気だ。惚れさせる魅力だ」
 とお答えになった。「幽玄」とは、とつづけて問うと、
「洗練された心と、品のある色気」
 と答えられた。
 花と幽玄をたたえた声音で誘われて、断れる女がいるであろうか。わたくしは言われた通り、着ていたものをすべて脱ぎ捨て、素肌に柔かないい香のたきしめられた若草色の絹の着物をまとい、その人のそばにすり寄っていた。

 読み終わった後、作品をうしろからまえにたぐり寄せたくなるような、そんな想いにさせたのが『秘花』だった。なぜ秘花なのか。答はつまり、秘すれば花なのだ。肝要なのは、秘すれば花という詞章がそのまま放たれているのではなく、秘すれば花であるということを作品全体で表しているところに、この図書の名が生きてくる。なぜ、そうなったのか。だから私は、後ろから前に物語を巻き戻そうとした。

 幽玄も、花も、秘すれば花も、時分の花も、そして夢幻能も。
 瀬戸内は、それらの字句を解説するのではなく、世阿弥の所作や、日常や、彼の歴史の中で解き明かしてくれている。
 序章で、作者自身とおぼしき言葉で、鵺(ぬえ)という怪物に犯され尽くさぬ安堵と不満を語りながらも、「鵺」を作能した能聖・世阿弥の闇に迫りたいと吐息もらし、三年かけたと言う、そこから四章巻末まで、淡々と、世阿弥の肉も心も闇も卑賤も、ひたすらに淡々と描き尽くした。これほど艶ある文体、十二歳の夜、大樹との交わり、豊乳の高橋殿に沈み込む忘我、若き藤若を限りなく艶々しくなめるように筆を進めながらも、それでもなお淡々と、世阿弥の最期の佐渡を描ききった。
 読み終えた時、花も幽玄も、世阿弥に重なった。

 なぜ、瀬戸内は三年かけたのか。私の想像が残った。
 世阿弥を描く者には、困難な点が二つあった。
 一つは。私の知る限り、世阿弥の晩年は誰にも分からないはずだ。京都に帰ったという説もある。
 一つは。花も幽玄も、書きやすく分かり易いことではない。

 最初の問題は、この世界で何か書状や伝書が新たに発見されたのか、どうか。それは知らないし、読者の私が知る必要はない。ただ。瀬戸内が佐渡の歴史を深く調べた痕跡は、作品のそこここにある。だから時間がかかったのだろう。

 次の問題は、文藝の深いところに関わることだ。
 『秘花』は、まったくもって能の解説書ではない。そして世阿弥の描いた芸は稽古にあるのだろう。稽古に熱中している者に能の解説書は役に立たない。
 世阿弥はしきりに、彼がそれまで深くは描けなかった「子に先立たれた逆縁」の苦をもらしている。また、本当は分かっていなかった配所の月を仰ぎ見る。配所に流された者の苦や不安を漏らしている。しかしこれをして、経験なくばなにごとも分からぬと、言っているのではない。逆縁も、配所の月も、衆生にもわかる瀬戸内の吐息と味わった。
 本当に描ききらねばならぬのは、世阿弥の花や幽玄だったのだ。

 逆縁の苦も、配所に流された者の悲哀も、他に類例はあまたある。だから、それは作者として、吐息のように描けばそれで伝わる。しかし、花も幽玄も、前人未踏の言葉なのだ。世阿弥の舞に詞章に、彼の全生涯によって表されたものが「秘すれば花」であり「幽玄」なのだろう。しかしそれを描かなければ、作品として成り立たない。
 説明して、知識小説として終わるものを瀬戸内寂聴が、書くはずはない。

 瀬戸内寂聴は、世阿弥とともに三年過ごすことで、はじめて「秘花」を描き尽くすことができた。
 簡明に、あっけなく言い切るならば、作者瀬戸内は、観世元清という男に恋して惚れぬいて、身体を震わせ寄り添って、『秘花』を上梓したにちがいない。三年間の月日は、その逢瀬、閨の長さであったとも言えよう。
 世阿弥。
 それほどの男だったと私は得心した。それが、この『秘花』についての結論である。

参考
  小説木幡記:20070505(土)秘花/瀬戸内寂聴と、世阿弥 [MuBlog]

|

« 三十五万アクセス(35万/全体56万):MuBlogの分析 | トップページ | NHK風林火山(20)勘助の心、由布姫の心 »

読書余香」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/15114713

この記事へのトラックバック一覧です: 秘花/瀬戸内寂聴 著 <感想:世阿弥の佐渡島>:

» エロスと芸術: 瀬戸内寂聴 [影山伊作の公式ブログ − in the pocket]
今日の読売新聞に載っていた瀬戸内寂聴氏のコメントが印象的でした:エロスのない芸術なんてありえない。 事実に及ばなくても恋心を抱いたり、感動して心を動かされるのもエロスの発現。 つまり生命力の表れなのです。 だから年をとっても、芸術のエロスはなくなりません。 ... [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土) 11時07分

» 秘花(新潮社)瀬戸内寂聴 [本の口コミ情報:ブログでbook!]
「秘花(新潮社)瀬戸内寂聴」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2007年5月30日収集分= *... [続きを読む]

受信: 2007年5月31日 (木) 08時03分

« 三十五万アクセス(35万/全体56万):MuBlogの分析 | トップページ | NHK風林火山(20)勘助の心、由布姫の心 »