« 自薦・Mu桜2007年 (京都の桜) | トップページ | 三十五万アクセス(35万/全体56万):MuBlogの分析 »

2007年5月17日 (木)

小説葛野記(木)雨でも授業

 少し時間があるので久しぶりの葛野記。

 昨日午前7時に四条京阪を降り、鴨川をのぞき込んだ。水は透明だった。でっかい魚が一杯泳いでいた。フナか鯉か知らないが、橋の上からみてもでっかいのが、何匹も、川の至る所で泳いでいた。
 そのあと、授業と、終日会議があった。3種類かな。脳を切り替えるのが難しい。
 夜は教授会主催で新任教職員の歓迎会があったので、いそいそとでかけた。烏丸の、錦の、どっかの変な名前の北京膳だった。ものすご高級に思えた。幹事で店の紹介者は、歓迎会当番学科の秘書さんだった。なんのことはない、三番隊長2003で、漫画仲間だった(笑)。
 で余、一人でうまうま。ときどき新人秘書さんに、「ほぉ」とか「はあ?」とか。一人は昔の教え子だった。ああ、なんちゅうか、人間はかわらぬ。
 と、幹事さん。「小野不由美さん、ゴーストハントの、漫画の、文庫じゃなく、おおきい字の、オリジナルがあるよ〜」「そうかい、もっておいで」「8冊ありまする」とか、あはは。
 これで中抜けの、2〜4巻は買わないでおこう。
 いろいろ考えて、ちょっと早めにサイナラして、九時に帰還、十時には眠りについた。繁忙きわまりなき日々にも、エアポケット、よう眠った。これで、午前様になるまで遊び回った暁には、またしても、〜再起不能。これで、よいよい。早寝早起き。

 今朝は心身快調。
 朝から二つ授業があって、両方とも講義。
 この準備は大半火曜日にすませたから、やや気楽。今年から、徹底的に各項目要点をプリントしている。ときどき教科書に戻る。だから、全貌をあますところなくつたえることになる。そうなんだ。これまではずっと、最重要項目に何時間もかけてきた。うまくいった長年月もあったけど、どうやら近頃そうでもないとわかってきた。今年は、全体を何度も繰り返すことにした。
 手を変え品を変え、くふうしても、お客さん達、眠っておる脳。
 まあね。そういうもんだろう。余なんか、大学時代って、ごくまれに出欠関係で、しかたなくでかけたが。授業にでた記憶はほとんどなく、行っても大教室の最後尾でねっころがって、コーラのんでいたもんな。(だから、いまや反面教師、けけけ)

 と。無性に数百キロ、走りたくなったRS。最近、木幡と葛野往還しかないからな。
 ……。
 まあ、今朝はこんなところだ。さて、煎茶でものんで出陣の用意。珈琲は葛野到着時に飲んだから、昼まで我慢。葛野では、早朝、昼食後、夕方。せっせと珈琲飲んでいる。

|

« 自薦・Mu桜2007年 (京都の桜) | トップページ | 三十五万アクセス(35万/全体56万):MuBlogの分析 »

小説葛野記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小説葛野記(木)雨でも授業:

» 秘書検定 [秘書検定研究サイト]
秘書検定を総合的に考えるサイトです。秘書検定に関するRSS情報を付記しました。 [続きを読む]

受信: 2007年5月23日 (水) 22時22分

« 自薦・Mu桜2007年 (京都の桜) | トップページ | 三十五万アクセス(35万/全体56万):MuBlogの分析 »