« 佐野藤右衛門邸の桜:20070403 | トップページ | 小説葛野記:20070419(木)葛野の日常 »

2007年4月18日 (水)

小説木幡記:20070418(水)フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント
 大きな花だなと瞬間にでも感じたのだから、花オンチ。よく見ると花々だった。しかし、どれだけ物知らず、世間知らずでも、綺麗とか佳いとかは、自分の中で決められる。この花々は、「落ち着いている」と思った。数秒後に、「そうだ、こういう落ち着きのある花の人生」が、好ましいとしたのか、そうしようとしたのか、もう数日前なので忘れた。
 生きた花々を組み合わせるのだから、技量もいるだろうし、センスも必要だ。
 こういう花を作ってみたいとは、思わない。それが野蛮な男の証なのだろう。それでも、こういう花が部屋にあると豊かになる。何故なんだろう。そういえば。またりん翁は花が好きだった。男猫なのに不思議なネコだった。いや、それは偏見なのか。
 と、あれこれ夢想して時間がたって、また目の前の花をみた。色調とか全体の形が「落ち着いている」。気持が楽になるフラワーアレンジメントだった。

|

« 佐野藤右衛門邸の桜:20070403 | トップページ | 小説葛野記:20070419(木)葛野の日常 »

イメージの素」カテゴリの記事

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

 あっ!そう言えば、Muさんお誕生日でしたのね。
 おめでとうございま~す★

投稿: wd | 2007年4月18日 (水) 08時17分

還暦+1 誕生日おめでとう

 綺麗なお花を頂き、宜しいですね。このままでも数日間はもつのでしょうか。

秋には私の番ですね。

投稿: jo | 2007年4月18日 (水) 10時11分

若干疼痛ありて、お二方にまとめて、メル返、失敬。

ほぉ、Muが残酷な四月うまれとは、定説ですか。
昔は、毎年、四月になると、残酷な月だ、リラの花がなんとか、書いておりました。
ありがとう。馬齢をかさねもうした。

投稿: Mu→JoWd | 2007年4月18日 (水) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/14750291

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:20070418(水)フラワーアレンジメント:

« 佐野藤右衛門邸の桜:20070403 | トップページ | 小説葛野記:20070419(木)葛野の日常 »