« ふる里:一条通山越え | トップページ | 小説木幡記:20070329(木)曇日に、昨夜のパーティーを思う »

2007年3月28日 (水)

小説葛野記:20070328(水)春うらら

この記事、MuBlog996番目。

 さして記すこともないのだが、日記小説は毎回書かないと、気持ちが悪い。
 今日は三条と四条、寺町、新京極を歩いてきた。鴨川に桜はなかった。駅について勤め先まで歩く間に近所の女子高校の庭に一本咲いていた。
 今更だが、世の中「開花」とニュースにあっても、爛漫には遠い。ぽつぽつと言うところだと、実感した。
 先頃、きとくな方のはからいで、飛鳥の石舞台開花情報サイトをコメントにいただいた。
         http://asukakyo.jp/sakura06/isibutai.html
 それによると今年(2007)は3月26日に開花したようだ。行かねばならぬ! (満開頃の極早朝に)

 桜話はおいておいて。
 ……。
 と、記すこともないので、このくらいで終わる。
 春うらら、脳も心もうららとしている。

|

« ふる里:一条通山越え | トップページ | 小説木幡記:20070329(木)曇日に、昨夜のパーティーを思う »

小説葛野記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小説葛野記:20070328(水)春うらら:

« ふる里:一条通山越え | トップページ | 小説木幡記:20070329(木)曇日に、昨夜のパーティーを思う »