« 小説葛野記:20070328(水)春うらら | トップページ | 京桜たより:20070330 地蔵禅院・嵐山・広沢・佐野藤右衛門邸 »

2007年3月29日 (木)

小説木幡記:20070329(木)曇日に、昨夜のパーティーを思う

 先夜は、京都駅東のセンチュリーホテルで、日頃おせわになってきた図書館のM課長さんの定年記念パーティーがあった。余も参加し、乾杯の音頭をとった。学長の挨拶や大学局長や、そうそうたるメンバーの顔もあって、気後れした。
 今日になって、わざわざ記録したのは、Mさんにむけてのとても心に残った祝辞がいくつもあったからだ。余はこの二年間、気ままに気楽にM課長さんと仕事をしてきた。そのMさんが、私と同年代とはおもってもいなかった。二年前には、「若い女性が大学図書館を切り盛りするのは大変だろうな」、と考えていたくらいだった。穏やかな人としてずっと印象に残っていた。なんと、同年代だったとは。

 図書館は、いろんな悪条件の中で、いろんなことが少しずつ改良されてきた。たいていは、「先生、こうしたほうが良いとおもうのですが」と、Mさんが先に話された。余は、そうですねぇ、そうしましょう、と相づちを打ってきただけだった。ところが、数日後には、そうなっていた。年に数回行われる教授連を交えた会議も、大抵は波乱もなく、ほぼMさんに伺った通りの内容で通っていった。

 おや? と、気がつくべきだった。余は、そういうもんなんだろうな、とのんきに考えていたふしもあった。なかなか当局も教授連も図書館のことをよく考えてくれているね、などと脳天気なことを口にしたことも多々あった。もちろん、そういう点もあったかもしれないが(笑)

 いや、余はアホかもしれない。沢山の祝辞、お別れの言葉を聞いていて、なにか、穴があったら入りたくなった。最初のうちは、
 「40年近く前、Mさんが図書館に来てしばらくは、四季折々に、花やお菓子を図書館に持ってくる男性職員の姿が絶えなかった」
 そうだろう、そうだろう。背も余より高いし、色白だし、さぞお若い頃は男性を悩ませたのだろうな、今もその面影がはっきり残っている。ふむふむ。そう、思って聞いていた。

 ところが、だんだん。
 「Mさんのことでは、歴代の経理部長が蒼くなっていた」
 ほお?
 「絶対に、Mさんの話をそのまま通すわけにはいかないと思っていても、結局予算をかすめ取られてしまう」
 はぁ?

 ここで手短に結論を記す。

 要するに、この二年間、余にとっては気だてのやさしい、よく気がつき、万端遺漏のないベテラン課長が、実は。
 実は「課長は魔女だったのかもしれない」。
 わが学園内で、最強の辣腕。言い出した予算、人事は、なにがなんでも、いとも簡単に(と、みえただけ)通してしまう、ものすごい人だった。

 そういうこと。

 余は昨夜、そういう優秀な人と仕事をできたうれしさを味わい、同時に冷や汗をどっとかいた。
 そういえば、Mさんは、比較的小規模なわが図書館にあって、非常に早期のコンピュータ化を主導的に達成した課長さんだった。日本の中でも早いケースだった。随分以前に図書カード内容は、数年かけてすべてデータベース化を達成していた。それだけの人事・予算を、彼女はなにがなんでも、学園から搾り取ったのだ。そういう事実を、余は二年前に「そうだっけぇ」と、ぼけた顔して自分で確認したはずじゃなかったのかぁ~。

 ああ、万事につき、余は脳天気にすぎた。
 Mさん、あなたは葛野の魔女だったんですね。何も知らずに、二年間お世話になってしまった。
 心から、ありがとう。

|

« 小説葛野記:20070328(水)春うらら | トップページ | 京桜たより:20070330 地蔵禅院・嵐山・広沢・佐野藤右衛門邸 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/14452011

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:20070329(木)曇日に、昨夜のパーティーを思う:

« 小説葛野記:20070328(水)春うらら | トップページ | 京桜たより:20070330 地蔵禅院・嵐山・広沢・佐野藤右衛門邸 »