« CPU空冷装置・換装のお勧め・SAMURAI-Z | トップページ | NHK風林火山(09)晴信と機略 »

2007年3月 4日 (日)

新誠会2007/03/03(伏見港の「月の蔵人」)

承前[MuBlog:新誠会2006/03/04(伏見港の黄桜)]

  京都伏見「月の蔵人」地図

新誠会:月の蔵人:宴(うたげ)

新誠会:月の蔵人:宴(うたげ)
 今年も、倶楽部年間最大の公式行事「新誠会」が執り行われた。祝着至極の盛会だった。幹事達(経理局長、三番隊長)の手際、性格によるところ大きく、式次第、適度な緊張感、温かい懇親、実に理想的な宴をもてた。夕刻六時から始まり、八時前にプレゼント贈呈、八時過ぎから九時過ぎまで二次会「サンマルコ」、顧問だけは慣例により九時前に帰宅した(いつも記すが、夜間九時とは、顧問には深夜相当)。

 ただの送別会にすぎない倶楽部「新誠会」に、幹部や顧問は気持を込めている。分かりやすくいうと、そこに不易流行をずっと味わってきたのだ。年々歳々、歳々年々、この変化に、年並ともいえる送別会がある。それが、ただの送別会であっても、毎年執り行われてきた事実に、感動を新たにした。
 側のご隠居さんにも、その気持をほんの少し披瀝した。一期一会、瞬間瞬間に過去は取り戻せなくなる。だからその瞬間に気持をこめて生きる生き方もある。新誠会という普通の送別会を、みなみながどのように捉えるかとは、別のこととして、そういう考えもあり得る、と。一応(笑)、小さなうなずきがあった。

新誠会の記念写真:「月の蔵人」前

新誠会の記念写真:「月の蔵人」前
 なにかしら記念写真が入り乱れているのは、昨年「黄桜」でのように撮影場所が定まっていないせいでもあるし、各年次毎の個性というか、心の風景もあるようだ。顧問としては一糸乱れず、たった一枚の記念写真を内心求めていたが、昨年ご隠居さん達と過ごしたおりおりに、いわく言い難い当人達の心情も耳にした。つまり昨今は、枠に当てはめることを好まない、自由な、一種芸術家に似た倶楽部世代なのだろう。それはそれで良かった。実に快適な一夜だったのだから。笑顔だけは、みなみな絶えることがなかった、そして珍事一つ無い、まれな宴だった。

新誠会の二次会:サンマルコ

新誠会の二次会:サンマルク
 伏見大手筋のサンマルコは、セイント・マルコさんの名に由来するのだろうか。マルクかマルコかも判然としないのだが、場所は明確に覚えている。葛野図書倶楽部2001では、ここか、もう少し駅よりのミスドかに例年決まっている。決めておけば迷わずにすむ。以前、2004年の3月にもここへ行こうとしたが、私は酔っぱらって宴半ばで帰ってしまった。顧問不在のまま2003年度卒業生達は遺訓をまもり、ここへ来たとのことだった(笑)。

歴史
 さて、まとめてみると。
 当夜、平成19年3月3日桃の節句の佳き宴は、絵に描いたように幹事達が取りはからってくれた。過去には、なにかしら抱腹絶倒悲喜劇が必ずあってドキドキしていたが、笑顔と談笑と、そして今年も無事に新誠会が執り行われたという事実に安堵した。年歳おりおり人も組織も変わる。しかし変わらないものがあってもよい。それが新誠会なのだろう。

 初代達の2002年度新誠会は「鳥せい」だった。お客様を招き過ぎて、その上に、筆舌に尽くせぬ鯨飲馬食(げいいんばしょく)の卒業生達だったので、下級生幹事が予算超過に蒼くなっていたのが、懐かしい。
 二代目達の2003年度は、「黄桜」だったが、この時は顧問が前に座った「ザル酒ご隠居」の甘言にのって濁り酒を「うま、うま」と飲んだあげく、ぶっ倒れて、あえなく宴半ばで退席。
 2004年度は鳥せいだった。卒業局長が遠隔地だったことや、諸般事情(笑)により、お客様は旧局長ぬきの「ご隠居」二名、現役たちが元気にすぎた、不思議な宴だった。この年次は、申し訳なくて再度やり直したいとも、ときどき思うことがある(笑)。
 2005年度(2006年3月)昨年は、黄桜。これも盛会だった。ものすごく沢山の新旧隊員で、黄桜がぶったまげるほどだった。総てが派手で華やかだった。その上に伝説のセイント・二次会神話もうまれ、ただただ顧問も微苦笑。それは、それでよかったんだ。今となっては、すべてが懐かしい。

贈り物
 現役達は、毎年贈り物をする。今年はご隠居さんたちの若い頃の写真を多数集め、各ご隠居さん毎にアルバムにし、贈る言葉をそえてプレゼントした。これが、そばで見ていても驚くほどの好評だった。写真はなんとなく想像がつくのだが、おそらく若い隊員たちのウィットに富んだメッセージが、卒業生達の気持をくすぐったのだろう。顧問も読みたかったが、私信に相当する故か、見ることができなかった。残念。

参考
  「月の蔵人」のお食事:出雲研究会2004と「月の蔵人」
  現役だけの忘年会:七人の葛野侍:忘年会20061222

附録動画
  鳥せい前を通過する隊員達の麗姿 (Mpeg4 1MB)

備忘
 今春新四回、新三回生たちはいずれも遠隔地だ。滋賀県の果て、四国山中、越の新潟、京都府の田舎、波濤高き房総、越前大野山中、東海道は掛川。京都市はゼロ。来年の新誠会日取りは再考の要あり。2月末で宿所を引き払う卒業生も多い。来年の佳き日には、順番からみると、黄桜か鳥せいになる。速く予約するように、新幹事を選定し、注意喚起。さらに、来年の四回生(今春の新三回生)が採用する新一回生隊員達こそ、遠い日の倶楽部最終新誠会を、送られる者達だけで司る稀な年次になる。あっというまだ。

|

« CPU空冷装置・換装のお勧め・SAMURAI-Z | トップページ | NHK風林火山(09)晴信と機略 »

葛野図書倶楽部2001」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新誠会2007/03/03(伏見港の「月の蔵人」):

» 新誠会2008/02/23(伏見港の「鳥せい」) [MuBlog]
承前:新誠会2007/03/03(伏見港の「月の蔵人」) 記念写真:新誠会20080223  昨夜無事、2007年次・新ご隠居さんたちを送ることができました。会場は倶楽部聖地1号「伏見の鳥せい」でした。幹事司会、顧問、局長2007挨拶に始まり、第八代の新局長2008が乾杯の音頭を取りました。  顧みますれば、2001年夏に倶楽部を結成し、初代局長が生まれ、2003年2月には関係者... [続きを読む]

受信: 2008年2月24日 (日) 14時22分

» 新誠会2009:伏見港の「月の蔵人」 2010/03/06(土) [MuBlog]
承前:新誠会2008:伏見港の「黄桜」 2009/02/21(土) ↑記念写真:新誠会2009 & 当夜の料理  昨夕、京都の伏見港「月の蔵人」で葛野図書倶楽部2001総会・送別会「新誠会2009」(しんせいかい)が催されました。丁度昨年2009年2月に同地「黄桜」で2008年次組を送り出したことが、つい数日前のことのようによみがえりました。その時は2009年次が黄桜に集い先輩を送り、昨夕はつい隣... [続きを読む]

受信: 2010年3月 7日 (日) 12時15分

« CPU空冷装置・換装のお勧め・SAMURAI-Z | トップページ | NHK風林火山(09)晴信と機略 »