« オーパーツ大全 : 失われた文明の遺産/クラウス・ドナ、ラインハルト・ハベック共著 | トップページ | オーパーツ大全(感想文) »

2007年2月 4日 (日)

NHK風林火山(05)今川・北条・武田

承前:NHK風林火山(04)ミツの死と仕官

 当時は、駿河の今川、小田原の北条、そして甲斐の武田が隣接していた。後日遠く、今川は織田信長、北条は豊臣秀吉、そして武田は信玄の息子の代になって織田信長に敗れる。
 さて今夜の山本勘助、今川家の内紛に自分の兄が関与しているので、辛い立場に陥った。兄は福島(くしま)が武田の援護を受けられなくなり、敗北。勘助が介錯することになってしまった。

 もともと勘助の気持はこうであった(はず)。

 恋人ミツを晴信の父、信虎の狂気で殺害された。
 信虎に近づくために晴信に仕えた。復讐である。
 晴信の守り役から、駿河への間諜を命じられた。
 今川家重臣である大叔父に会い、今川の影の当主・寿桂尼(じゅけいに)と顔つなぎをする。
 武田に内通している福島の件を知らせ、信用を得る。
 福島と今川の乱に、武田信虎が出陣することを願う。
 戦に乗じて信虎を勘助が討つ予定だった。

 しかし、信虎は福島への加勢を止めた、裏切った。
 福島は孤立無援となり、敗北。
 勘助の兄も自刃。
 
 なぜ信虎は福島の内応に応じなかったのか。
 寿桂尼の息子、後の今川当主、今川義元の軍師となる坊主・雪斎が武田信虎と呼応し、武田家と京公家との縁談をもちかける。結果的に今川当主スジと武田とは縁をもつことになる。

 以上、今夜の物語は、勘助が依然として光らなかった。勘助の出番なく、勝手に策略内応裏切りが進んでいく。
 はて。
 なかなか、山本勘助の立場が収まるところにおさまらぬ。隔靴掻痒(かっかそうよう)の気分となった。
 まあ、あわてずに。もうしばらく。

|

« オーパーツ大全 : 失われた文明の遺産/クラウス・ドナ、ラインハルト・ハベック共著 | トップページ | オーパーツ大全(感想文) »

NHK風林火山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK風林火山(05)今川・北条・武田:

» 風林火山〜第5話・戦国の世の凄まじさ! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
風林火山ですが、今回は戦国の世の凄まじさというか、やっぱりこの大河ドラマはいろいろな意味でスゴイと思います。今川家のお家騒動・花倉の乱についてやるわけですが、正直、緒勢力入り乱れすぎて、何が何だか分からなかったりもしますが、あまり説明しない所もスゴイわけです。(風林火山、第5話・駿河大乱の感想、以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2007年2月 5日 (月) 01時32分

» NHK風林火山(06)仕官の難しさ [MuBlog]
承前:NHK風林火山(05)今川・北条・武田    今夜は、「NHK新選組!!」ばかり思い出していた。役者のお名前は忘れたが、新選組を離隊して御陵衛士を組織した参謀・伊東甲子太郎(インテリ)さんが、知らぬ間に今川義元になっていたからだ。数回前から目には入っていたのだが、数年前の伊東役がいいようのない役柄だったので、思い... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 21時53分

« オーパーツ大全 : 失われた文明の遺産/クラウス・ドナ、ラインハルト・ハベック共著 | トップページ | オーパーツ大全(感想文) »