« 三十一万アクセス:MuBlog | トップページ | 図書館司書採用試験問題概説:県立図書館・関西・200702 »

2007年2月27日 (火)

小説葛野記:2007027(火)曇りのSE準備

 夕方になった。一息つこう。
 ミンスキー先生『心の社会』は、昨日、ほうほうのていで、第22章「表現」を読み終わった。昨日は終日かけて、三つの重い事務仕事をしたので、夕方から読めるとは思ってもいなかったのに、気力が充実した。しかし、今日はへとへとだな。いささか、体を動かしすぎた。だから、今日は研究読書はお休みになりそうだ。残念。
 今日の予定では、第23章「比較」だった。そのうち、ようやく超有名なフレームの数章に入るのだから、慌てないでおこう。

午前
 午前中は、寺町のドスパラへ買い出しに行った。駐車場がえげつなくて腹たったけどな。ドスパラを含めて、専用駐車場はない。だから、自前だが、わずかに30分で400円もとられた。15分間200円と書いてあった。なんだか、他の駐車場とか道路は車でいっぱいなのに、スキスキだから変だなとはおもったが、これほどボルとはおもいもよらなかった。まるで、ボルテチノ(?) なあ。今度いくときはもう少し離れたところにしよう。
 銀座辺りだと、どうなんだろう。1分100円、まさか。いや、わからないぞ。

 買ったものは、〜。なけなしのポケットマネー14460円もかかった(悲鳴)。
1. 五ポートのギガバイトハブ 5480円、  屯所用に、今使用中の8ポートの100Mbpsハブを移した後にな。
2. LANケーブル、10m 980円、 屯所用にな。
3. スピーカー 2680円、 屯所から借りていたのを副長に見とがめられたので(笑)、しかたなく買った。古いのを返す。
4. OA6口タップ 880円、 屯所の配電をすっきりさせるためにな。

 以上屯所用だけで、10020円、うむ。屯所は金がかかる。しかし、3番をそこに入れるのは、自分でもずるいなあ、と思わない訳でもない。

 パーツなんかが足りなくなると(ハードディスクとか、メモリーとか、ワイヤーとか、スピーカーとか)ときどき、屯所からくすねたりすることもないでもないが、大抵あとで見つかる。やはり、寄付したものは、相手先のものだから、勝手なことはできないのだが、ついつい手がでる、あはは。で、必ず返すけどな。

 メモリーなんかを抜くと、たいてい「センセ、いつもと違う、遅くなりました、このパソコン」。
 増設分のハードディスクドライブなんかを抜き取ると、「なんか、おかしい〜」あはは。
 DVDのワイヤーを抜くと、「センセ、音がでませんが〜」
    (DVDには音声用のワイヤーが無いのがあってな、後で気がつく。100円程度だがパーツ屋にしかない)
 昔は、異変に気がつかなかった学生たちも、近頃は自前のマシンをもっているから、気がつくのが早くなった。

 車に不慣れなドライバーだと、マグホイル付きワイドタイヤが、スッピンに変わっていても気がつかないのと似ている(そんな〜)。CPUを取り替えても、あははは、気がつくかな。

あとは、
5. CPUクーラーセット SAMURAI−Z Rev.B、 3280円
6. セラミックグリス 780円
7. 自己融着タイプ熱伝導シート、 380円

 以上三点で、4440円。これは、純粋に余のGrennマシンに装着する。早くCPU冷却周りを直さないと、研究室は極寒状態で凍えてしまう。いま、ちょっとみたらCPU温度は52度cだ。アイドリングと思っていたが、マシンは勝手にごにょごにょ動くからな。ハードディスクも動いておる、気色悪い。

  ところで、5番には、ファンとヒートシンクと、ありとあらゆるマザーボードに取り付けるために、さまざまな取り付け金具があって、さらに密着グリスもある。
  一式セットで、それを使うが、やはり、6番のグリスは別途買った。銀粉つきだと冷えが違うそうだ(ほんまかな) 7番は予備に買った。6と7とは、同時には使えない。ともかく、アイドリングで36度くらいにはしないと。

午後
  で、午後は、屯所のDVDデッキやVTRやTVを巧く動くようにしたり、スピーカーをセットするだけで、ふう。
  次に、ネットだが、これはメインハブからマシンまで、ケーブル長(曲がりくねるから)で13mあって、10mのケーブルが尽きた途中に8ポートハブを割り込ませて、そこに二台のデスクトップと、一台のノートマシンを接続し、調整した訳だ。技術的には全く問題なく、通じたが、こういう作業は、電源やLANケーブルをどんな風に壁にそわせて、天井をはわせて、と。そういうことで、結局夕方までかかって、だから、ミンスキー先生を読む気力がなくなったという訳。

 いま、五時だから、よめないこともないし、肝心のCPUクーラーを接続できないこともないのだが、ともかく息が切れた。やはり、息つめてやるからな。心臓に悪いので、一休みして、あとは、掃除する。
  部屋は、なにがなにやらわからない状態になってしまっている。

 というわけで、今日も一日すぎた。人間というのは、いったい、なんなんだろうと、深い哲学的瞑想に、いま浸り込みそうだ。

|

« 三十一万アクセス:MuBlog | トップページ | 図書館司書採用試験問題概説:県立図書館・関西・200702 »

小説葛野記」カテゴリの記事

コメント

せんせ 質問です。

 最近、右のサイドバーがおまへんけど、どないしゃはりました?改造中どすか?

投稿: jo | 2007年2月27日 (火) 18時48分

聞いてくださるな、JOさん殿~
要するに、機能重視派ですから、どうでもいいと、諦めた結果です。
ちゃんと、MuBlog読めるでしょう?

これ以上、ココログ触っても、治らないようだし、そのままにしておきます。
MuBlogも図体が大きくなったせいか、ちょっと修正するにも時間がかかるわけです。このまま、数年おいておきます。

あはは。

投稿: Mu→Jo | 2007年2月27日 (火) 20時42分

なんと!もっと気楽にゲームができる?
パソコンだけ有ればどこでも使える!!!
携帯が便利なUSBタイプ
自動探索での狩り、自動スキル、自動ポーション等等の安定的な機能。
騎士キャラクターの完璧なコンボスキル使用。
レベルアップのため悩んでる皆様のために誕生>。<
(www.automouse.jp)

投稿: Mu_Auto | 2007年2月28日 (水) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三十一万アクセス:MuBlog | トップページ | 図書館司書採用試験問題概説:県立図書館・関西・200702 »