« NHK風林火山(02)故郷は | トップページ | 小説葛野記:20070117(水)雨のMuBlog(ココログ) »

2007年1月15日 (月)

カニ風味:サラダだより(伏見蒲鉾:新潟市)

サラダだより/伏見蒲鉾(新潟市)

サラダだより
 記事ネタが枯渇して、コンビニの商品を列挙し始めたわけじゃない。最近、どうにもこのカニ風味が忘れられなくなったので、ついに意を決して写真にとって、思いのたけを記載せんとするなりの心。

 常々カニは好きだった。海老も。どちらが好きかと問われれば、それはまあ、おまんじゅうを二つに分けて、どっちが美味しいかと、聞くような、野暮な質問。ここはカニ話だから、カニにしておきましょう。
 もともとは、福井市で生まれたから、祖母、父の食性もあって越前ガニは常食だった(らしい)。だから、余はいまだにカニが入ると、一人台所に立って、上手にさばく。これは祖母、母が調理していたのを幼児期から見ていたからだ。ここ数年は調理ばさみでさばいておるが、以前は出刃一本だった。

 さて、サラダだより、カニ風味。
 つまり、それだけカニに慣れ親しんでいても、カニは高級食材。毎日、毎週食卓をにぎわすわけではない。ならどうする。以前はカニ缶をこっそり買っておやつにしていた。しかし、このカニ缶も高級食材店へ出向いて、最高級のを仕入れなければ、おやつにもなりゃしない、普通のカニ缶だと、余にとっては、犬の餌。

 そこでカニ風味。
 急に話が落ちたと思ってはならない。たしかに初期のカニ風味蒲鉾は、余も嘘ガニと蔑称していた。あんなもの、人が食べるもんやない。これが余の本音だった。
 しかし時が、時代が移った。常連の西京極セブンイレブンは、いつも、常に良い食材を安く提供してくれる。ある日、たまたま手にした「サラダ風味」、おお。
 色が鮮やかすぎる点を除いては、食感、舌触り、身がぼろりとこぼれるが如くほどけるそのあざとさ(笑)、実にカニカニしておる。これを皿に広げて、醤油をたらりと垂らすだけで、おお、カニそのもの、美味い!

 我が国は、実に良き国、うまし国。カニが198円でたべられるなんて~。
 写真は四本セットのうち、写真とりながら、たまらず、三本を食べてしまった不調法。最後の一本をカメラに納める理性だけは、残った次第。

追伸
 なお、余はこの記事につき、なんらセブンイレブン、伏見蒲鉾とは提携を結んではいない。これは大切なことだ。決してヤラセ記事ではない。Mu 識。

|

« NHK風林火山(02)故郷は | トップページ | 小説葛野記:20070117(水)雨のMuBlog(ココログ) »

小説葛野記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カニ風味:サラダだより(伏見蒲鉾:新潟市):

« NHK風林火山(02)故郷は | トップページ | 小説葛野記:20070117(水)雨のMuBlog(ココログ) »