« ηなのに夢のよう/森博嗣 | トップページ | NHK風林火山(03)城とヤマセミ »

2007年1月21日 (日)

遅い夕風呂と水柿先生異聞

 ふっと、今から日曜の風呂に入る。その前に一筆啓上。年賀状、ひとつも返礼せずにどうして毎日MuBlog書くのだ、という風聞もあるが、それはそれ、手書き文字を書けなくなった哀歌。なんならお一人づつ、blogでお返事してもよいのだが、それは失礼の二乗。

 というわけで。
 今日は午後、センター試験の監督をしていた。これは、実はずっと前から、昨年から決まっていて、この間胸を痛めてきた。事情は、ものすごく緊張するお仕事だということだ。将来、リタイアして葛野を辞めてほっとする事の第一は、この責務を免れるその一事。どんな会議よりも、拷問度は高いし、失敗も許されない。もしミスるとたちまち朝刊に「某大学、某教授は、~、なんということだ。受験生の繊細な神経を逆撫でするような非常識!」~、おお怖ろしい。

 居眠り御法度。携帯なんか振動するだけで×。笑ったりしたら、永久凍土に生き埋めの刑。
 午後二駒責務だったが、実は、体力的にもしんどくなった。一緒にいた若い先生方は、それほどでも無いようだが、ああ、やはりもうこういう重労働は無理なのかも知れない。足腰がしびれてきた。

 初期の「水柿先生」シリーズを読んだとき、真っ先にセンター試験のところで劇笑した。作者の描くところ、女装して娘の代わりに受験する父親、パンダのぬいぐるみを着て受験する男、……。まさしく現実に抱腹絶倒の受験戦争が繰り広げられる。おもしろいよ~。で、今日は、そこまでの珍事は無かった。なにもなかった。うん、本当だ。受験場は、ただしんと静まりかえっていた、ぞ。ほんとうなんだ。
 来年もそうあってほしいな。もしも、髪振り乱した巫女姿の受験生とか、能装束の受験生、あるいは、猛烈な質問癖受験生なんかが来たら、どうしよう。前者は? なに、そういう人がおってもよいなぁという、希望的観測趣味の世界。

 さて、遅い夕風呂に入って、風林火山でも見てみましょう。

|

« ηなのに夢のよう/森博嗣 | トップページ | NHK風林火山(03)城とヤマセミ »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/13604717

この記事へのトラックバック一覧です: 遅い夕風呂と水柿先生異聞:

« ηなのに夢のよう/森博嗣 | トップページ | NHK風林火山(03)城とヤマセミ »