« 遅い夕風呂と水柿先生異聞 | トップページ | 鎧鰈(よろいかれい) »

2007年1月21日 (日)

NHK風林火山(03)城とヤマセミ

承前:NHK風林火山(02)故郷は

 甲斐に帰った山本勘助は、お腹の大きくなったミツのもとに戻るが、最初は「わしの子やない」と言い張る。そのミツを、村の青年は好いている。後の武田信玄も興味を寄せる。予告編では、信玄の父親信虎も矢を射かけるほどにミツに執心する(なぜ矢を向けたかは不明、鹿を逃がしたとおもったのか、信虎が人でなしなのか)。どんな気持であれ、正反こぞってミツに気持を向ける。

 さて。風林火山が始まる前の番組で、可愛らしい小鳥、ヤマセミがちっこい身体で大きな魚を捕って、別の鳥の所へいそいそと出向く。そして、魚を振り回してパフォーマンスする。どうやら、その別の鳥は雌らしい。もちろん魚を運んだのは雄だ。

 場面変わって、勘助はいろり端で、粘土か土の城の模型を作っている。そしてミツにいう。守るべき城がミツだと。こういうセリフが出ると、大抵悲劇的なことがおこる。来週が怖ろしいね。
 で、最初はあくたれ口をたたいていた山本勘助が、その魚をふりまわすヤマセミ雄にみえてきた。マリシテンのペンダントが魚なのかもしれない。
 ミツは、いろんな男性から正反もろもろの感情を注ぎ込まれて、困った訳じゃない。ひたすら勘助命、という風情。

 やりたいことがあっても、条件がかなわないと無理なことが多い。軍師なんて職業は、なりたいと思ってなれるわけじゃない。城を自在に造れる立場を得るのは、とても難しい。勘助以外は、今のミツの心をとるにはそれぞれ苦労する(だろう)。軍師も城も、今の勘助には難しい。ミツのことだけは、お腹の子供を育てる難しさが勘助に残る。

 行きがかり上、勘助はミツという女の心を盗んだ。なにか工夫をしたわけじゃない。しかし、軍師になったり城を造るにはまだ道が遠い。それをどんな風にしていくのかが見どころなんだろう。だが、ミツの心を軽く描きすぎている。

|

« 遅い夕風呂と水柿先生異聞 | トップページ | 鎧鰈(よろいかれい) »

NHK風林火山」カテゴリの記事

コメント

風林火山初めて観た

 やっと昨日夕方にNHKワールドで風林火山を観ました。こちらでは、夕方6時の放映になります。

武田信玄役はそのうち、生長するとかわるんでしょうね?勘助役の俳優さんは随分と男前ですね?ミツ役の女性は久しぶりにブラウン管で観ましたよ。

 まだ、なんとも言えない番組です。これからやね?

投稿: jo | 2007年1月22日 (月) 13時54分

JOさん、難解なコメントですね。
 まず、何回目を指しているのかがわからんから、俳優の変遷が断定てきない。
 次に、私は今回のキャストを全く知らない。私に断りもなく男優や女優をNHKが決めたから、どう対応してよいかわからない。

 勘助さんもミツさんも、今のところ俳優としては全く興味がわかない。前代未聞。

 知っている人といえば、そうだね。千葉慎一さんと仲代達也さんと、勘助の大叔父くらいかな。
 こまっております。
そういうことで、では。

投稿: Mu→Jo | 2007年1月22日 (月) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK風林火山(03)城とヤマセミ:

» 風林火山〜第3話・板垣の諫言とミツの運命... [一言居士!スペードのAの放埓手記]
大河ドラマ・風林火山も第3回目ですが、今回はそれはもう盛りだくさんなわけです。主役の山本勘助(内野聖洋)はミツとの間に子供ができておりますし、いよいよ武田信玄(晴信)の市川亀治郎も本格的に登場であります。あと、板垣信方(千葉真一)の諫言や、今川家からの謀反人には勘助の兄貴も絡んでいるわけですし、そして何と言っても信虎(仲代達矢)ご乱心、ミツの運命が気になるわけです。(風林火山、第3話感想、以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 22時43分

» 風林火山 摩利支天の妻 [ねぇ、しょーP、こっち向いて♪]
風林火山 「摩利支天の妻」 来週の放送を観ないとはっきり分からないけど、ミツ、ミツがぁ〜、死にそう〜。 しかも犯人は信虎(晴信のお父さんね)。 ミツほど「人間が出来てる」奴はいない。 いつもなら「勘助とミツ」で一年放送するはずのNHKが、たった一ヶ月でミツを…。 今日の放送は、ミツと晴信の出番が多かった。 最後の長台詞がなかったら勘助の影は薄かった。 今週で退場?だからミツの出番が多かったのかもし�... [続きを読む]

受信: 2007年1月22日 (月) 08時01分

» NHK風林火山(04)ミツの死と仕官 [MuBlog]
承前:NHK風林火山(03)城とヤマセミ  緊迫感がそろそろ出てきた。  タイトルに含まれるコントラストの強い騎馬武者の動きにもそれは現れていた。信玄の父信虎は、暴虐の「王」として狂躁が画面を覆うようになってきた。村娘を矢で射、その上生きていることを確認し妊婦の腹を裂いたようだ。古来暴君の悪行の一つとして定番化している... [続きを読む]

受信: 2007年1月29日 (月) 05時30分

« 遅い夕風呂と水柿先生異聞 | トップページ | 鎧鰈(よろいかれい) »